リバース2話ネタバレあらすじ&感想 犯人はゼミ生の中に?!”どうしても事故で片付けたかった奴”は誰?


藤原竜也さん主演ドラマ『リバース』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

地味ながらも平和な日々を送っていた深瀬和久(藤原竜也)。越智美穂子(戸田恵梨香)という彼女も手に入れ、自ら『つまらない』と評していた人生ににわかに光が差してきた矢先、深瀬に『深瀬和久は人殺し』という告発文が届きます。

深瀬には心当たりがひとつだけありました。それは10年前の親友・広沢由樹(小池徹平)の死に関する出来事。果たして、深瀬の口から語られる10年前の事故の真相とは・・・?!

以下、ドラマ『リバース』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『リバース』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『リバース』第2話までの簡単なあらすじ

『深瀬和久は人殺し』という告発文が付き合いだして間もない恋人の美穂子の働くパン屋に届きました。これまでの人生を地味ながらも堅実に生きてきた深瀬でしたが、『人殺し』呼ばわりされる心当たりがひとつだけあったのです。

それが、大学4年生の時に亡くなった親友・広沢の死に関することでした。10年前、ゼミ仲間で出かけたスノボ旅行。旅先で広沢が亡くなり、広沢の死に事件性はないということで処理されましたが、その背後にはある秘密があったようです。広沢の葬式にて、深瀬・浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)は『このことは俺たちが墓場まで持っていく・・・』と誓い合いました。

そして10年後。平和な日々を送っている深瀬の元に告発文が届き、深瀬は美穂子に10年前に何があったのか話さざるを得ない状況に。ゼミ仲間で出かけたスノボ旅行の記憶をたどりながら、深瀬は話し始めました。

あの日、遅れて参加するという村井以外の4人は、免許証を持っていた浅見と広沢が交代でハンドルを握り、長野へ車を走らせました。5人の中で内定をもらっていなかった深瀬は旅先で内定のメールを受け取り、大喜び。しかし同日発表予定だった広沢の就職試験の結果は不採用だったのです。

しかし広沢は深瀬の内定をまるで自分のことに喜び、この大学に入学し深瀬と友達になれて、本当に良かったと語ります。深瀬は親友・広沢の深い友情を感じ、涙しました。しかし、この数時間後、広沢は亡くなってしまうことになります。別荘に到着してから広沢が亡くなるまでの数時間に何があったのか?第2話にて明らかになります。

ドラマ『リバース』第2話までの更に詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『リバース』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

深瀬和久(藤原竜也)の心の声。(周りから羨望の目で見られることに価値が有る。広沢(小池徹平)に出会うまで俺を取り囲んでくれる友達なんていなかった。それは最も恥ずべきことだと思ってた・・・)

10年前のスノボ旅行の日の記憶・・・別荘に到着した深瀬ら4人。あたりは一面の雪に囲まれていた。途中、車が雪に埋もれ、止まってしまう。深瀬らは車を動かすことを諦め、荷物だけを持ち徒歩で別荘に向かった。

村井隆明(三浦貴大)の母が用意してくれたというクーラーボックスを開けると、そこには高そうな肉がたくさん。深瀬らのテンションはマックスに。やがて酒盛りが始まるが、深瀬と広沢は酒が飲めないと切り出した。『広沢昼も別だったよね?そういうのってどうなの?』谷原康生(市原隼人)が広沢に皮肉を言う。谷原は狙っていた村井の妹・明日香(門脇麦)が広沢と仲良くしていたことも気に入らないらしい。『やっぱ俺飲むよ!』空気を読んだ広沢がビールに口をつけた。体質的にアルコールが合わない深瀬とは違って、自分はただ眠くなるだけだからと広沢は笑った。

やがて焼肉が始まり、こんな美味い肉は生まれて初めて食ったとご満悦の深瀬ら。ちょうど食事が終わった時、谷原の携帯に村井から駅に着いたと連絡があった。『さっきからメールしてるのに無視しやがって!早く迎えに来いよ!』タクシーを拾えという谷原だったが、天候のためタクシーは捕まらないという。後ろで寒いという明日香の声が聞こえ、谷原は免許を持っている浅見康介(玉森裕太)と広沢に迎えに行って欲しいと言い出した。浅見は春から教師の職につくことが決まっているため、飲酒運転などして将来を棒にふりたくないと拒否。『広沢、迎えに行ってくれる?内定もらってないの、広沢だけだしな』と谷原が言い始め、『それって!?』と慌てる深瀬。広沢は免許を取ったばかり。雪道の運転は心配だ。しかし、深瀬はそれ以上何も言うことはできなかった。

深瀬は広沢のために眠気覚ましのコーヒーを入れ、『甘くしといたから』と広沢に手渡した。広沢は『行ってくる』と笑顔で出て行った。(俺は何もできなかった。それが第一の過ちだった・・・)
 

【スポンサーリンク】

 
村井からまだ広沢がこないという連絡が入る。『まだって・・・おかしくないか?』という浅見。『道に迷ったのかな?』という深瀬は広沢に連絡するが、広沢の携帯は圏外。『見てくる!深瀬は留守番してて』連絡役を頼まれた深瀬は別荘に残り、浅見と谷原が徒歩で広沢を探しに出た。あたりは猛吹雪だった。

しばらくして浅見から深瀬に連絡が入った。『しばらく帰れそうにないんだ。ガードレールが壊れてて車が突っ込んだような跡がある。暗くてよくわかんないけど、崖の下で何かが燃えている・・・』警察には連絡したという浅見。『わからないよ?!今からそこに行くから!』深瀬は吹雪の中に飛び出した。『広沢!!広沢!!』

2017年、深瀬の部屋。広沢は炎上した車の中にはいなかった。放り出されて川に落ちたらしい広沢はそれから半年後に変わり果てた姿で見つかったと深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)に語る。深瀬は飲酒していたことは警察に話していないと正直に告白。『人殺し呼ばわりされることじゃない!』と主張する深瀬に、美穂子は隠し事がある時点で罪なのではないかと声を震わせる。『今日は帰るね、ごめんね』気まづい空気の中、美穂子は帰って行った。

広沢が見つかり、深瀬らゼミ生は両親の元へ。『申し訳ございませんでした!俺たちのせいで・・・』深瀬らは両親に土下座した。『最後の1日は楽しく過ごせましたか?なんかうまいもんでも食えたらよかったんだけど』という広沢の父親に、深瀬らはうまい肉と高原豚のカレーを広沢が喜んで食べていたことを報告。『それとからあげを食べました。すごい大きなからあげでした・・・広沢君、一口食べてうまいねって。それと味噌カツ、メロンパンも・・・うまいねって食べてました・・・』涙ながらに続ける深瀬。(俺たちは黙っていたんじゃない。怖くて言い出せなかったんだ)

(誰がこれを送ってきた?あのことを知ってるのは誰だ?)

物流センターで仕事をする谷原。谷原は浅見に電話。あの件で村井が深瀬のことを締めたがっている旨を話していると、上司に見つかってしまった。『朝から遊びの相談?楽しそうだね?仕事はちゃんとしないと』上司は本社から谷原のことを飛ばすのも自分の一存でどうとでもなると谷原に圧力をかける。

『先生!これ!』浅見の車がビールまみれになっている。フロントガラスには『浅見康介は人殺し』という張り紙がされていた。

次々に届く告発状、小笠原が語る『広沢の死が殺人の可能性が高い理由』とは?次ページのドラマ『リバース』第2話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る