あなたのことはそれほどネタバレ最終回結末は波瑠が地獄に?!不倫肯定の新種ヒロインが迎えるラストが恐怖


波留さん主演ドラマ『あなたのことはそれほど』の結末までのネタバレあらすじと最終回についてまとめてみました。

ドラマ『あなたのことはそれほど』の原作はいくえみ綾作のコミック『あなたのことはそれほど』。コミック『あなたのことはそれほど』は現在4巻までが発売されており、2017年4月25日に最新刊である5巻が発売される予定です。

波瑠さん演じる主人公・美都は一度恋に落ちてしまうと周りが見えなくなるいわゆる恋愛体質の女性。お互い家庭があることを忘れ、不倫相手の光軌(鈴木伸之)と結ばれることを信じて、突っ走ります。美都の不倫を知りながら美都に執着する夫・涼太(東出昌大)の狂気的な愛や、ただの火遊びだった有島の後悔、出産という大仕事を終えたばかりで不倫されてしまう光軌の妻・麗華(仲里依紗)の苦悩が織りなす物語はドロドロのグチャグチャ、鳥肌の連続となっています。

以下、ドラマ原作『あなたのことはそれほど』の結末までのネタバレあらすじについてまとめています。ドラマ最終回のネタバレにつながる可能性がありますのでご注意ください。

NEW! 最新話5巻までのネタバレあらすじを追記しました!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ原作『あなたのことはそれほど』の結末までのあらすじ(ネタバレ)前編

2番目に好きな夫、1番目に好きな初恋の人

思い込みが激しく、恋愛体質の女性・渡辺美都(波瑠)。美都は眼科の受付で医療事務として働いている。美都には結婚したばかりの夫・渡辺涼太(東出昌大)がいる。どちらかというと、控えめな性格の涼太は影で美都を支える存在。特技は料理で、奔放な美都のことを優しく見守る涼太のことを、美都は小熊みたいだと思っていた。

美都と涼太は美都の勤める眼科で出会った。涼太が美都の働く眼科を受診したことがきっかけで交際に発展。その後、美都と涼太はあっという間に結婚する。

実は美都にとって、涼太は2番目に好きな人だった。過去、美都は占いで『2番目に好きな人と結婚するとうまくいく』と言われた経験があり、そんな占い師の言葉を信じ、美都は2番目に好きだった涼太と結婚したのだった。

美都が1番目に好きなのは、中学時代にずっと好きだった有島光軌(鈴木伸之)という男性だった。とはいっても、告白したことも付き合っていたわけでもない。完全に美都の片思いだったと言っても過言ではない関係だった。中学を卒業以来会うことはなくなった有島だったが、美都のなかではずっと有島のことが1番だった。その理由としては、有島が美都にとって初めての男性だったからということもあるかもしれない。

美都の家庭はひとり親家庭。カラオケスナックを営んでいる母・三好悦子(麻生祐未)によって美都は育てられた。中二の冬。誰もいない家に帰るのが嫌だった美都が、夜公園にいると、偶然有島に出会った。美都は自宅に有島を連れて行き、その後2人は身体の関係を持ったのだ。その後、有島との関係が発展することはなく、なんとなく気まずい空気になってしまった2人だったが、美都にとって有島の存在は今も大きい。
 

【スポンサーリンク】

 

不幸の前触れ

とはいっても、有島とは長い間会っていない。有島とのことはいい思い出として、美都は2番目に好きな涼太というパートナーを手に入れ、穏やかで幸せな日々を送っていたつもりだった。しかし、ある晩、美都は寝言で有島の名前を呼んでしまい、それを涼太が聞いてしまうことになる・・・

涼太は愛する美都と結婚し、幸せな毎日を送っていた。そんな平穏な日々にある晩亀裂が入った。『有島くん・・・・』眠っている美都の口から甘い囁きが漏れたのを、夫・涼太は聞いてしまった。涼太の心がざわつく・・・涼太は美都が呼んだ『有島』という男が誰なのか、また美都とどういう関係なのか知りたいという欲求と嫉妬に激しく駆られる。そんなとき、枕元に無防備に置いてある美都のスマホが涼太の目に入る。

涼太は気がつくと美都のスマホを開き、そのアドレス帳を盗み見していた。しかし、『有島』という名前の登録は美都のアドレス帳にはなかった。涼太はホッと安堵する。

再会、一線を越えた夜

ある晩、眼科スタッフとの飲み会に参加した美都は、その帰り道、有島と偶然の再会を果たした。昔話に花が咲き、美都と有島は急接近。実は有島には麗華(仲里依紗)という妊娠中の妻がいた。しかし、有島は自分が既婚者であるということには触れない。そして、美都も同じく自分が既婚者であるということには触れずに、2人は再び身体の関係となってしまう。そして、2人は度々会い、身体を重ねるという日々を繰り返すようになる。紛れもない不倫関係だが、有島のことを純粋に好きだった昔の恋心が蘇り、美都は夢のような高揚感に浸っていた。

そんなある日。美都は有島から、妻帯者であることを明かされた。妻の里帰り先で初めての子供が生まれたため、今日は帰らなければいけないと去っていく有島の後ろ姿を見た美都は、このまま有島との関係が終わってしまうのではないかという恐怖に駆られる。『私も結婚してるから大丈夫!』と美都は言い、落ち着いたら連絡をくれるよう有島に伝えたのだった。この美都の一言を有島は、割り切った関係のおつきあいをしましょうという申し出に受け取るが、美都はそうではない。なぜなら、美都にとって有島はずっと1番目に好きな人だったからだ・・・
 

【スポンサーリンク】

 

『2番目』だったことを知った涼太

美都が寝言で『有島』という男性の名前を読んでいたことを聞いてしまった涼太は、美都のアドレス帳に有島という名前がないことを確認しながらも、そのことが頭から離れない日々を送っていた。ある日、涼太は偶然を装い、美都の中学からの親友である飯田香子(大政絢)のもとへ。それとなく話を聞いてみることに。すると、香子は美都が占い師に2番目の好きな人と結婚しなさいとアドバイスされていたという話をうっかり涼太にしゃべってしまう。涼太は自分が美都にとっては2番目の男で、『有島』という男が美都の1番目ではないかとますます頭を悩ませることになってしまう。涼太はその後も定期的に美都のスマホを盗み見し、『有島』という男の影を探した。そして、美都がクリニックの飲み会に行った晩、美都のアドレス帳に『有島光軌』という名前が新規登録されていることに気づいてしまうのだった。

有島の妻・麗華が出産を終え、里帰り先の実家から戻ってきてからも、有島と美都は不倫関係を続けていた。美都はそんな自分たちのことを親友・香子にまるで独身女性が恋愛相談をするかのような調子で相談する。きっちりした性格の香子は美都のことが理解できない。香子は不倫はやめるよう、美都に諭すが香子の言葉は美都には届かない。香子と旅行へ行くと涼太に嘘をつき、有島と不倫旅行に出かけるなど、美都は節操なく不倫を続けるのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

不穏な空気

しかし、子供が生まれたことで、有島と美都は思うように会う時間が作れなくなってきた。美都は有島に勧められ、夢中になれる趣味を探してみる気に。陶芸教室に通うことになった。

ある日、美都が陶芸教室に参加していると、赤ちゃんを抱いた『有島さん』という女性が教室を訪ねてきた。なんでもその女性はかつて教室に通って居た生徒さんらしい。その女性は有島の妻・麗華だったのだ。麗華が教室の生徒らと交わす雑談の中から、麗華が有島の妻であることを美都は察する。

そんな折、何気ない会話の中で、涼太は『太ってしまう』ということを『ヒグマになってしまう』と表現した。有島と美都は、涼太のことをメールや会話の中で小熊という通称で呼んでいたが、美都が涼太のことを直接小熊と呼んだことはない。美都は涼太が自分のスマホを盗み見しており、自分と有島のメールでのやり取りを読んでいるのではないかと疑う。しかし、涼太の態度は今も昔も変わらなく優しい。涼太の笑顔が、自分の不倫を知った上での笑顔だったら・・・美都の背筋は寒くなった。

逃げる不倫相手を夫婦揃って追うという不倫ものとしては異色の展開に!かつてない泥沼、かつてない恐怖の末、次ページのドラマ原作『あなたのことはそれほど』ネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る