リバース1話ネタバレあらすじ&感想 広沢の死は殺人?10年前の罪と秘密のほころびがあらわに !


藤原竜也さん主演ドラマ『リバース』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ドラマ『リバース』の原作は湊かなえ著の小説『リバース』。大学時代の親友の不慮の死、その死にはある秘密があり、その場に居合わせた友人4人は秘密を心の奥底にしまったまま、日々を送っていました。数年後、突然親友殺しを糾弾する内容の告発状が届いたことをきっかけに、主人公・深瀬(藤原竜也)は親友の死について探っていくこととなります。

『夜行観覧車』『Nのために』など、ドラマ化された湊かなえさんのミステリー小説には定評があり、今回もドラマタイトルの『リバース』の通り、結末にはアッと驚く衝撃の結末が待ち構えているようです。

以下、ドラマ『リバース』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『リバース』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『リバース』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

(もし過去に戻るならいつに戻る?俺なら10年前のあの時に戻る・・・あの時引き止めていれば、彼は命を落とさずに済んだ)深瀬和久(藤原竜也)の記憶。雪原での事故、広がる血しぶき、そして半年後白骨化した遺体で発見された広沢由樹(小池徹平)。広沢は深瀬のたった一人の親友だった。広沢の葬式で、深瀬・浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)は『このことは俺たちが墓場まで持っていく・・・』と誓い合った。

10年後。事務用品メーカーで働く深瀬。深瀬が会社で期待されている唯一のこと。それはコーヒーを淹れることだった。深瀬は地味で目立たない人生をひっそりと生きている。

深瀬はクローバーコーヒーを訪れた。乾恭子(YOU)から蜂蜜をもらった深瀬は、蜂蜜をコーヒーに入れても美味しいと言う。学生時代にハマった飲み方だと深瀬は笑った。

クローバーコーヒーには深瀬の他にもう1人客がいた。『よく来るんですか?』越智美穂子(戸田恵梨香)から話しかけられた深瀬は好意を隠し、ドギマギ・・・やがて美穂子は先に店を後にする。『どうしよう!間違っちゃった!』美穂子に渡す豆を間違ったという恭子から急かされ、深瀬はコーヒー豆を持って、美穂子を追いかけた。

やがて美穂子に追いついた深瀬は、豆を交換。お礼にと美穂子は勤務するパン屋のパンを差し出した。美穂子の首筋に小麦粉が付いていることに気づいた深瀬。『とって!』深瀬が美穂子の首筋に触れると、美穂子はくすぐったがり笑った。

帰宅した深瀬は、かつて広沢と送った学生時代を思い出す。広沢に誘われ、飛び出した新しい世界、変わった生活・・・深瀬は勇気を出し、美穂子に近づいていった。

納品のため、浅見が教師として働く樽崎高校を訪れた深瀬。話題は山本教授の退官祝賀会へ・・・参加するのか?と問われた深瀬は言葉を濁した。

高校で深瀬はサッカー部の相良了平(鈴木仁)らが部室で飲酒をしているところを目撃してしまう。深瀬は浅見に報告。浅見が部室に駆けつけ、生徒の1人を捕まえる。『ビールだよな?下手したら退学だぞ?!』退学はかわいそうだという深瀬に、浅見は『罪は罪だぞ?うやむやにしたらろくなことにならない』と言葉を荒げた。

帰宅した深瀬は何者かがアパートから立ち去っていくところを目撃した。深瀬のアパートのドアに『人殺し』という張り紙がしてあった。深瀬にはかつて、うやむやにしたままにしてしまったことがひとつだけある・・・

退官祝賀会を訪れた深瀬はかつてのゼミ仲間である谷原や村井と再会した。再会を喜びあう4人を小笠原俊雄(武田鉄矢)が遠くから見つめていた。祝賀会で深瀬は広沢の母・広沢昌子(片平なぎさ)に話しかけられる。『また会えて嬉しい』という昌子。『いつでも遊びに来てね』と昌子は笑顔で言った。

祝賀会が終わった。二次会へと楽しそうに向かう谷原・村井・浅見に小笠原が名刺を差し出し話しかけた。『みんなでさ、あの事件の話しない?』『なんのことですか?』浅見らはタクシーを止め、小笠原を巻いた。小笠原は元長野県警の刑事で、広沢の事件の担当刑事だった。刑事を辞職した後はフリージャーナリストとして働いているらしく、名刺にはそう書かれていた。しかし、浅見らは小笠原が誰なのか、まだ気づいていない。走り去るタクシーを見つめながら、小笠原がつぶやく。『逃げられると思ってんの?』
 

【スポンサーリンク】

 
帰宅した深瀬は『人殺し』という張り紙のことを結局誰にも話せなかったことを悔やみつつも、必死になんでもないことだと思い込もうとしていた。(みんなとっくに振り切ってる。いつまでもくよくよしてるのは俺だけじゃないか?)

村井の父親・村井明正(村井國夫)神奈川県議会議長に不正融資疑惑が出た。押しかけるマスコミの中には小笠原の姿が。『私忘れませんから!10年前の件、忘れないでくださいね!』父の秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)が小笠原に村井の学生時代について根掘り葉掘り聞かれたこと、気をつけたほうがいいことを伝える。

クローバーコーヒー。今日も美穂子と深瀬が来ている。気を利かせた恭子は深瀬と美穂子に映画のチケットをくれ、2人は一緒に映画に行くことになった。子供がポップコーンをこぼしてしまい、深瀬は頭からポップコーンをかぶった。喧嘩を始めた子供たちに深瀬は自分のポップコーンを差し出す。優しい深瀬の姿を目の当たりにし、美穂子は驚いた表情を見せ、そして笑った。

その後、深瀬と美穂子はどんどん距離を縮めていった。『深瀬くんってどんな人生を送ってきたの?』『俺は・・・普通だよ』と答えた深瀬だったが、実は深瀬の人生は驚くほどつまらない人生だった。学生時代に友人は1人もおらず、趣味は勉強。大学生になり、初めてできた友人が広沢だったのだ。

自分だけが勘違いしているといういつものパターンに陥ることを恐れた深瀬は、美穂子にその気があるのかメールで聞こうと試みた。するとそのとき、美穂子から(困った)というメールが来たのだった。
 

【スポンサーリンク】

 
深瀬は慌てて交番にいる美穂子の元へ。美穂子は自宅の鍵を落としてしまい、家に入れないというのだ。2人並んで歩きながら、美穂子をどう誘おうかと頭を悩ませる深瀬。深瀬は勇気を出し、美穂子を自宅へ誘った。『うち・・・来る?』

美穂子は深瀬の家にやってきた。コーヒーを淹れ、2人は狭い室内で向き合った。そのとき、戸棚のなかから物音が・・・深瀬がとっておいた古い蜂蜜が発酵し、瓶の蓋が開いたのだった。『天然の蜂蜜って腐らないらしいよ?』と美穂子は言い、2人は蜂蜜を舐めてみた。『甘い・・・なんか来てよかった』深瀬は美穂子にキスをした。

谷原が村井を連れて、妻の谷原明日香(門脇麦)・娘の谷原七海(吉田結凪)が待つ自宅に帰ってきた。谷原の妻・明日香は村井の妹だ。七海を寝かしつけた谷原は村井に小笠原の名刺を差し出す。『こいつ車の名義とか、いろいろ調べてるらしい』話したのでは自分ではないという村井。『じゃあ誰だよ?』『浅見が話すわけないし・・・お前あの件で俺にも話してないことあるんじゃないか?』と村井が谷原に詰め寄る。

10年前何が起こったのか?深瀬らが隠している秘密とは?ついに深瀬が重い口を開き、語り出します。ドラマ『リバース』第1話のネタバレあらすじ、次ページにて結末を迎えます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る