カルテット9話ネタバレあらすじ&感想 不幸連鎖の真紀少女時代が悲壮!最終回は1年後!バラバラになった4人の結末

Pocket

ドラマ『カルテット』第9話ラストまでのあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめています。

別府(松田龍平)へ想いを寄せるすずめ(満島ひかり)ですが、別府が好きなのは真紀(松たか子)。すずめは別府と真紀の恋がうまくいくよう試行錯誤。そこには、自分の想いが届かなくても好きな人の幸せを願うという、すずめの別府への究極の愛がありました。

そして、真紀の元姑である鏡子(もたいまさこ)のもとに富山県警の大菅(大倉孝二)が訪れ、鏡子が知っている『早乙女真紀』が全くの別人で、早乙女真紀の名前を騙っていただけであるという衝撃の真実が発覚。

果たして自称早乙女真紀は何者なのか?そして、そうしなければならなかった理由とは・・・?

以下ネタバレしますのでドラマ『カルテット』第9話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『カルテット』第9話までの簡単なあらすじ

想いを寄せる別府と真紀をくっつけようと試行錯誤するすずめの努力もむなしく、別府の真紀への告白は『ありがとう』となかったことにされてしまいました。そこにはカルテットの4人で過ごす何気ない日常に『死ぬなら今』と感じるほどの幸せを感じている真紀の、今の生活を壊したくないという切実な想いがありました。

家森(高橋一生)は別府への片思いを自分なりに整理しようとしているすずめに恋をしています。しかし、家森もまた、すずめが別府のことが好きであることを知っているため、切ない想いを隠しています。

そして4人が暮らす別荘の売却の話は、別府以外のメンバーが知らないところでどんどん進んでしまっている模様。そんな一件が4人のつつましくも幸せな暮らしが長くは続かないことを暗示させるなか、新たなる衝撃の展開が・・・

真紀が早乙女真紀ではないという事実を持って、鏡子の前に現れたのは富山県警捜査一課の大菅。捜査一課といえば、殺人などの凶悪犯罪を扱う課です。真紀が重大な犯罪に関わっている可能性が示唆されました。なぜ真紀は別人の名を騙る必要があったのか?そして真紀は何者なのか?真紀の過去が第9話にて明らかになりそうです。

ドラマ『カルテット』第1話〜第8話のさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『カルテット』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

富山にて自転車どろうぼうで捕まったある女性。その女性は頑なに名前を明かそうとしない。警官が戸籍を売っても罪にならないことを教えると、その女性は戸籍を売ったことを明かしたと大菅(大倉孝二)は鏡子(もたいまさこ)に語る。

『山本あきこ、富山県出身。10歳の時に母親を亡くし、義理の父親に育てられた』真紀の本名は山本あきこという名で、300万円で巻真紀の戸籍を購入。その後、真紀として生活しているなかで幹生(宮本勘九郎)と出会い、結婚したのだという。鏡子が真紀は義理の父親の暴力から逃げるために戸籍を買っただけなら、被害者ではないかと言うと、大菅はそれだけではないという表情を浮かべる。

相変わらず、別荘にてささやかながらも楽しい生活を続ける4人。家森論高(高橋一生)がいつもの持論を展開していると、不動産鑑定士が別荘の査定見積書を持って現れ、別荘が売却に向けて動いているという事実を別府司(松田龍平)以外の3人は知った。

別荘がなくなっても就職し安いアパートを借りてカルテットは続けられるという3人。仕事を始めたせいで、本当にやりたかったことが続けられなくなった人をたくさん知っていると別府は反対した。『穴がなかったらドーナツじゃありません。僕は皆さんのちゃんとしてないとこが好きなんです。少し時間ください。この別荘は僕が守ります』

警察署の面会室。山本あきこの母親は事故であきこが10歳の時に亡くなったと真相を幹生に語る鏡子。『顔にアザ作ってたって・・・でもその人、お父さんとしてちゃんと育ててはいたみたいで』幹生は母親の事故死で手に入る2億円の賠償金目当てだと声を荒げる。『暴力受けて、戸籍買っちゃダメなの?!』鏡子は真紀が失踪したのと同時期に、義理の父親が心不全で亡くなったことを明かし、警察が真紀のことを疑っていると明かした。

ライブレストラン・ノクターン。谷村多可美(八木亜希子)とカルテットメンバーがサプライズでバースデーケーキを用意し、谷村大二郎(宮澤たけし)を驚かそうと部屋の外から伺っていると、有朱(吉岡里帆)が大二郎を誘惑しだした。大二郎の膝に乗る有朱。『君、何してるの?そういうのやめてくれる?僕、ママのこと愛してるんで』『そうですか?!は〜〜い』
 

【スポンサーリンク】

 
有朱は辞表を出した。カルテットメンバー1人1人に別れの挨拶をする有朱。『真紀さん、忘れないでくださいね』『・・・たぶん忘れられないと思う・・・』有朱は別府に『大好き〜〜』と抱きつく。『家森さん、いつスキー連れてってくれるんですか?』そして、有朱はすずめに抱きつきながら『すずめさん、私と組んで何か大きいこと・・・』と小声で言い、すずめは首を大きく横に振った。『不思議な国に連れてっちゃうぞ〜〜有朱でした!じゃあね、バイバイ!!』一同があっけにとられるなか、有朱は出て行った。

朝。帰りに実家に寄ってくるため遅くなるという別府。真紀が1人別荘で仕事をしていると、内見で近くに来たというすずめがお昼を食べに帰ってきた。かつてOL時代に東京の地下鉄ですれ違っていたかもと楽しそうに話すすずめ。『そのとき会ってたら何か違ってたかな?』子供時代、周りも自分も嘘ばかりでいつも遠くに行きたいと思っていたというすずめ。『真紀さんみたいに嘘がない人と出会ってたら子供の頃も楽しかったのかな?』小さい頃はどこに遊びに行っていたのかとすずめが真紀に尋ね、真紀は家の近くの空き地で星をよく眺め、遠くに行きたいと願っていたと語る。

大菅に呼び出された幹生。真紀の母を自転車事故で死なせてしまった少年は当時12歳だった。この事故によって少年の一家は離散。しかし真紀の家族は12年間にわたって賠償金の支払いを要求し続けたと大菅は淡々と語る。『やっぱりそれじゃないですか!?義理のお父さんの請求止めようとして・・・』だから真紀は戸籍を買い、失踪したのだという幹生。『でもあなたも騙されたんですよ?』幹生は真紀が自分との結婚生活に何を求めていたのか、やっと腑に落ち、両手で頭を抱える。『ずっとビクビクして生きてきたけど・・・普通の人に戻って生活したいって思ってて・・・』『そしたら夫が失踪したと。離婚して振り出しに戻っちゃったと』大菅は容赦なく幹生にとどめを刺した。

『どっちだろうな?』廊下に出た大菅は、真紀が失踪した理由は賠償金の請求を父親にやめさせたかったのか、それとも父親を殺したせいかと部下に向かってつぶやく。

次ページのドラマ『カルテット』第9話のあらすじ(ネタバレ)後編に続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る