真昼の悪魔6話ネタバレあらすじ&感想 葉子に死期近い病の予感!7話で病院追放でセルフ手術の行方は


【スポンサーリンク】

ドラマ『真昼の悪魔』第6話のあらすじ(ネタバレ)後編

芳賀が葉子の前に現れた。『先生!なんで俺じゃダメなんですか?!』声を荒げる芳賀。『前、針刺させてくれたでしょ?』葉子が望むなら何回でも受けるという芳賀。葉子は怯えない人には興味がないと答えた。

その頃、大塚は父の病室で付き添っていた。物音がし、大塚は廊下に出る。その先には血だらけのハンマーが落ちており、さらにその先には頭から血を流す大塚がいた。『もうどうでもよくなりました。大河内先生のこと全部バラします。殺人犯と付き合ってたホテルグループの御曹司・・・お前も終わらせてやる。俺を怯えさせてくれ!!』大塚が恐怖で芳賀を突き飛ばす。『大塚さんひどいな・・・ハンマーで殴った上に階段から突き落とすなんて・・・』芳賀はそういうと自ら階段から落下した。

芳賀が目をさますと、目の前には葉子が。『心停止状態です』葉子はそういうと心臓に電気ショックを与えようとする。怯える芳賀。『あら?怯えた顔できるじゃない?』葉子は芳賀に電気ショックを与えた。

意識を失うもまだ命がある芳賀。大塚は芳賀が意識を取り戻し、自分のせいにされると人生が崩壊すると取り乱していた。『あいつを死なせてください!僕はシャイニングホテルグループの御曹司ですよ!価値のある人間です!』葉子は芳賀を殺す条件として、大塚の父を殺させてくれという。大塚は了承した。
 

【スポンサーリンク】

 
葉子が大塚の父の病室を訪れ、大塚が父の命を奪うことにOKしたことを告げた。『俺の血を受け継いでいたか・・・』父親は嬉しそうな表情。父親はすべては息子が非情な判断をすることができるかというテストで、ドッキリだと認識していた。『1年くらいはあるんだろう?生にしがみついてやる・・・』余命をつかって息子のことを教育し直したいと語る父親に、葉子は自分には時間がないかもしれないと微笑み、容赦なく薬を投与。父親は死んでしまった。

『親父は僕に全てを残そうとしてくれた。それなのに、僕は親父を殺してしまった・・・』父が遺言書を書きかえるといっていた件で、父の死後弁護士に確認したところ、そんなことが一切なかったと葉子に報告する憔悴しきった様子の大塚。『僕も葉子さんの仲間入りですね』『私を理解したような口きくな!!私に病院を買いなさい!患者だけじゃなく全てを支配するのが私の望みなの!結婚して幸せな家庭を作りましょう。そうだ!!子供を作りましょう!!私たちの子供を!!』葉子は大塚にしがみつく。『ハハハハハ・・・・』大塚は地面に突っ伏し、笑い出した。

公園で難波は葉子に対峙した。『先生は病院の外で人を殺したことがありますか?あなたは病院という狭い世界の中で弱いもの、患者をいじめているだけです。あなたは神に挑戦する器ではありません』ずいぶんたくましくなったと笑う葉子に難波は『あなたを地獄へ落とす復讐のシナリオを書いてみせます』と宣言した。その時、難波は『助けて・・・』という葉子の声を聞いたような気がし、ハッと驚いたような表情をみせた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『真昼の悪魔』第6話の感想

ドラマ『真昼の悪魔』第6話が終了しました!

葉子の本性を暴ける可能性のあった吉田と渡来でしたが、不倫という弱みを握られ、身動きができなくなってしまいましたね。その代わりに葉子への復讐を誓ったのが難波。葉子が人の命を左右できる権限を持っていたのは病院の中のみで、外に出てしまった難波は葉子を恐れていません。

そして第6話にて、原作では重要な立場であった芳賀が死んでしまいました。このことによってドラマの最終回は、原作とはまた違ったオリジナルのものになりそうです。

今回、大塚の父親の1年という余命を『私には時間がないかもしれない』と待つことができないと漏らした葉子。また葉子は高熱と喀血という症状がみられ、自分のものと思われる血液を検査に出しましたね。以上のことから、葉子は深刻な病に冒されている可能性が出てきたと考えて良さそうです。第7話では、葉子が自分で自分のことを手術する予告シーンがありましたが、この先どうなってしまうのでしょうか・・・

そして第6話ラストで難波には『助けて・・・』という葉子の心の声が聞こえたという描写がありました。悪魔的な行為を何の抵抗もなく繰り返す葉子ですが、無意識のうちに本当は救いを求めているのかもしれず、このことが最終回の伏線となってきそうな予感です。

 

ドラマ『真昼の悪魔』第7話のあらすじ

葉子に復讐を宣言した難波が神父に協力を求めます。程なくして、病院には葉子の本性を糾弾する内容の文章と証拠DVDが送られてきます。病院は大混乱に陥りますが、葉子は大塚に依頼し、病院を買収することでピンチを乗り切ろうとするようです。

そして、誰のことも信じられず、自分の手で自分を手術するという想像を絶する行為に挑戦する葉子。想像するのも恐ろしいですが、何の手術なのか?そして手術が成功するのか?という点も気になります。

また神父に脳腫瘍があることを明かした葉子ですが、神父はなぜか葉子に手術をお願いする模様。神父の寿命を自分が決めてやると宣言する葉子でしたが、おそらく神父の狙いはそこで葉子に良心の呵責が働くことを期待した捨て身の行動なのかもしれませんね。

ドラマ『真昼の悪魔』第7話を楽しみに待ちたいと思います!
 

【スポンサーリンク】

 

土ドラ『真昼の悪魔』どんでん返しの鳥肌結末をネタバレ!

skull-657477_640

浩一の復讐劇の結末は?!『嘘の戦争』最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『真昼の悪魔』第1話からや他ドラマのネタバレあらすじもチェック!

winter-barn-556696_640

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る