桑田真澄の息子Matt卒アル画像から整形箇所を元美容整形外科スタッフが考えてみた


【スポンサーリンク】

整形箇所予想その5 アゴ

アゴにヒアルロン酸やプロテーゼなどを入れ、尖らせることで、顔全体を細く見せることができます。エラが張っている顔などの場合、エラを削る手術はかなり大掛かりになりますが、アゴに物を入れてあげることによって、エラが気にならなくなる、つまり顔全体が細く見えるという効果も期待できます。このアゴを尖らせる美容整形手術は、一時期韓国人タレントの間で流行った方法で、日本のタレントの間でも不自然にアゴを尖らせている女性タレントということで、思い当たる方もいらっしゃるかと思います。

Mattさんの場合、女性と違ってアゴを尖らせるのではなく、全体に前に突き出たような男性らしいアゴのかたちを作っていると思われます。


出典:Matt公式Twitter

出典:http://girlschannel.net

これは卒アル画像とほぼ顔の向きが一緒のため、とてもわかりやすいですね!卒アル画像にはなかった前に突き出たような感じのアゴが突如出現した感じです。また、額の高さ・鼻の高さも卒アル画像と比較すると高くなっているように見え、結果彫りが深くまるでハーフのような顔立ちになりました。頰の部分が高いのは、桑田真澄さんそっくりですね。
 

【スポンサーリンク】

 

桑田真澄の息子ならではの気苦労?Mattは心の闇の抱えているのか?

以上、Mattさんが整形されている可能性が高い部分を見てきたのですが、Mattさんが整形を受けられているのでは?と思われるその箇所は『ハーフ顏フルコース』と言っても過言ではない、ハーフ顏に必要なセオリー通りの整形手術を受けられているといった印象です。

ヒアルロン酸注入などのプチレベルの整形はさておき、整形手術を繰り返す人の多くが心の問題を抱えていることは有名です。経験上、特に鼻の整形手術は繰り返す人が多く、中でもこの部分をいじっている人はかなりの高確率で心の問題を抱えている率が高めです。面白おかしく父・桑田真澄さんとの親子関係やなどをバラエティ番組で語るMattさんですが、ご本人しかわからない有名人の息子という気苦労があるのかもしれませんね。

もともと黒人らしい顔つきを白人に憧れ、大きく変えてしまったマイケル・ジャクソンのように、おそらくMattさんも欧米人に対する並々ならぬ関心があり、日本人的な自分の顔立ちにコンプレックスがあるのでしょうか。とはいえ、もし外見を変えることでコンプレックスを解消し、明るく生きていけるのならば整形手術を全否定はしませんが、卒アル画像の時代から、わずか数年でだいぶ変わってしまっている点はちょっと心配ですね。

父親の桑田真澄さんと外見がまったく違う、似てないという点で話題となっているMattさんだけに、これからもますます違う意味で進化を遂げていきそうな気配です。要注目ですね!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る