東京タラレバ娘7話 ネタバレあらすじと感想 丸井のクズ過ぎる不倫理由に驚愕!倫子は早坂と熱キス!


イケメンバーテンダー・奥田(速水もこみち)と付き合い出すも、微妙な価値観の違いに次第に疲れを感じるようになった倫子(吉高由里子)。『恋はしようともってするのではない、気づいたら落ちているのだ』という恋愛の基本の『き』の字をタラ&レバにレクチャーされた倫子は目を覚まし、奥田に別れを切り出しました。

とはいえ、仕事なし・貯金なしの倫子の状況は相変わらず。しかし、奥田との関係を潔く終わらせたことによって、仕事が、恋が新しく動き出しそうな予感です。

ドラマ『東京タラレバ娘』第7話のラストまでのあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ここまでの『東京タラレバ娘』のストーリー

脚本家としての仕事が完全に暗礁に乗り上げてしまっている倫子。『知っている人(死別した元妻)に似ている』という理由で、なんとなくKEY(坂口健太郎)と一夜を共にしてしまいますが、その後KEYには『あんたとは恋愛できない』宣告され、今もお互い憎まれ口をたたき合う中のまま。

香(榮倉奈々)は元彼・涼(平岡裕太)のセカンドからの卒業を決意し、結婚相談所に登録しますが、めげずにアタックを繰り返す涼に負け、元サヤに。

一方、小雪(大島優子)は子1人&2人目妊娠中の妻を持つ既婚者の丸井良男(田中圭)と不倫中。『結婚じゃない幸せもあるかも』などという不幸発言をしてしまうまでに不倫毒におかされてしまった小雪が痛々しい限りですが、不倫が父・安男(金田明男)にばれてしまうことになりそうです。

 

更に詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら

東京タラレバ娘1話ネタバレあらすじ&感想 痛い女に変化!

東京タラレバ娘2話ネタバレあらすじ&感想”俺とやってみる?”倫子が一夜を!

東京タラレバ娘3話ネタバレあらすじ&感想 小雪は不倫,香はセカンドに!

東京タラレバ娘 4話ネタバレあらすじ&感想 丸井のクズ不倫!

東京タラレバ娘5話ネタバレあらすじ&感想 もこみち告白!倫子に春!

東京タラレバ娘6話ネタバレあらすじ&感想 勿体ない!!倫子奥田を廃棄!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『東京タラレバ娘』第7話のネタバレあらすじ 前編

倫子(吉高由里子)の自宅前で早坂哲郎(鈴木亮平)が待っていた。『これなんだけど・・・』早坂が差し出したのは北伊豆町の町おこしPRドラマ企画。北伊豆町は早坂の地元。恩師がこの企画に携わっており、なんとか倫子に脚本を書いて欲しいという。大きくない仕事という理由で乗り気ではなかった倫子だったが、付き添いの香(榮倉奈々)・小雪(大島優子)は仕事を選べる立場ではないのでは?と倫子を一括。

『びっくりですよね〜〜もう別れちゃったなんて!』芝田マミ(石川恋)の何気ない一言で、KEY(坂口健太郎)と早坂哲郎(鈴木亮平)は倫子が彼氏と別れたことを知った。

北伊豆町へ向かうバスの中の倫子たちは8年前、早坂をふらなければ・・・と相変わらずのタラレバ話。タイムマシンが欲しいという満場一致で、未来性のまったくない車中のタラレバ話は幕を閉じた。

倫子たちが北伊豆町へ到着すると、早坂の恩師・田口(田山涼成)らが『歓迎!脚本家・倫子先生!』というパネルを手に倫子たちを出迎えた。『かわいい』『若い』という定年前後と思われる田口らの言葉に舞い上がる倫子たち。


出典:ドラマ『東京タラレバ娘』HP

倫子はすぐに打ち合わせを始めた。監督は田口、カメラマン、役者も地元住民というまさかのキャスティングに倫子は微妙な表情。

その頃。香と小雪は倫子を待ちながら観光気分。小雪に丸井から電話があった。『今日お店に行ってもいい?』倫子たちと北伊豆に泊まりだと小雪がいうと丸井は『会いたかったから』と言った。『小雪、不倫向いてるかも?』という香に、小雪は『今のところ不満とかはないかも』と答えた。

『恋するシーズン』の撮影がクランクアップした。初めての役者の仕事を立派に終えたKEYに、早坂が大きな拍手を送る。

その夜。北伊豆町の居酒屋では倫子たちが住民総出の接待を受けていた。30前後の男性はいないのか?と香が尋ねると、田口らは若者は全て都会に出て行ってしまうと表情を曇らせた。『頑張って面白いものを作れば、きっと誰かに届く。みてくれた1人でもこの町に遊びに来てくれれば・・・それで早坂くんにお願いしたんです。先生、お願いします!!』田口ら住民の熱い想いに感動でいっぱいの倫子。(小さい企画だってバカにして、見下して大事な事忘れてた・・・)『ダメだ、これじゃ・・・』トイレから戻った倫子は脚本を破り、書き直させてくれと言う。『目が覚めました!人が殺到するような面白いドラマにしましょう!』
 

【スポンサーリンク】

 
居酒屋呑んべえでは『恋するシーズン』の打ち上げが行われていた。自分の地元のPRドラマをお願いしていて、明日見学に行くという早坂。涼(平岡裕太)は自分も行きたいと言い出し、KEYにも一緒に行こうと誘う。その時、早坂は田口から、倫子が意欲満々で今脚本を書き直してくれている最中とのメールを受け取り、笑顔を浮かべる。倫子は徹夜で脚本に取り組んでいた。

翌朝、小雪が目を覚ますと、倫子はすでに出かけた後だった。

田口らに脚本を届けた倫子。『私にも撮影、手伝わせてください!』AD経験のある倫子は撮影を手伝う事になった。

撮影を始めると、『結婚潰れて仕事に逃げた女の顔を見に来た』とKEYと早坂が現れる。KEYも急遽ドラマに出演する事になった。


出典:ドラマ『東京タラレバ娘』HP

『なんか倫子さん輝いてるな〜〜』生き生きと現場を飛び回る倫子に目を細める早坂だった。

東京に戻った小雪は丸井におみやげを渡した。妻がいつ帰ってくるのかと尋ねる小雪に、丸井は産後しばらくしてからだと憂鬱そうに答える。子供が生まれる事は幸せな事ではないのか?という小雪。『僕が思い描いてる幸せとは違った・・・』

丸井が幸せじゃなかった理由がクズ過ぎ!?倫子の恋も動き出す!次ページのドラマ『東京タラレバ娘』第7話のネタバレあらすじ後編に続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る