奪い愛、冬3話ネタバレあらすじ&感想 恐怖!”ここにいるよ”蘭キス現場に登場!4話で4人旅行で修羅場が!!

Pocket

ドラマ『奪い愛、冬』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『奪い愛、冬』第2話で、

3年前、信(大谷亮平)が光(倉科カナ)の前から急に姿を消した理由が明らかになりました。

 

その理由は3年前に起こった通り魔事件。

 

偶然通り魔に出くわしてしまった信とその幼なじみだった現在の妻・蘭(水野真紀)。

蘭は通り魔から信をかばって負傷、

以降、後遺症で蘭の足が不自由になってしまったことに責任を感じた信は蘭と結婚することを決め、

当時付き合っていた光の前から姿を消したということでした。

 

偶然信が蘭と一緒だったときに通り魔に襲われ、

偶然蘭が信をかばい、

偶然蘭の足に後遺症が残った・・・

あまりにも偶然が重なりすぎていること、

また蘭が尋常ではない執着心の持ち主であることを考えたとき、

この通り魔事件は信を手に入れるため、

蘭が事前に仕組んでいたものなのではないかとも思われますね。

 

一方、光は3年前の別れの真相を聞けば、

信との恋に終止符を打つことができると思っていたようですが、

信への想いは溢れるばかり・・・

 

 

また、光の婚約者・康太(三浦翔平)にも人格崩壊の兆しが・・・

康太のことを狙う秀子(秋元才加)に翻弄され、

光と信との関係に疑いを深めていくばかりの康太が

蘭のような恐るべき執着心を露わにするのも時間の問題のようです・・・

 

 

ドラマ『奪い愛、冬』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第4話の展開を考えてみました!

 

※新ドラマ『奪い愛、冬』第3話ラストまでのネタバレあらすじをまとめています

ネタバレしますのでドラマ『奪い愛、冬』第3話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奪い愛、冬』第3話ネタバレあらすじ〜ざわつく康太の心〜

森山信(大谷亮平)を追ってビジネスホテルを訪れた森山蘭(水野美紀)。

『本当に一人だった?』

蘭はまくらについた長い髪を発見し、女性の気配を確信していた。

 

『じゃあね〜』

蘭はクローゼットの中で息をひそめる池内光(倉科カナ)に向かって言うようにつぶやき

信とともに部屋を去っていった。

(信さんの奥さん、私に気付いてたかもしれない・・・)

 

光は信に告白されたときのことを思い出していた。

『気づいたら俺の中に光がいる。付き合ってほしい』

そう言って信は光の似顔絵を差し出した。

 

信と蘭の自宅。

『ねえ、ベッドルーム行こう?

え?できないの?もしかしてさっきしてきたとか?』

蘭は探るような笑顔で、信を寝室誘った。

 

『いいこと教えてあげる!光さんの元彼の誕生日、2月29日だって!』

豊野秀子(秋元才加)が奥川康太(三浦翔平)に差し出したメモには、

『0229』と書かれていた。

 

光が未だに何かの暗証番号に信の誕生日を使っているかどうかを

調べてみてはどうかと秀子は康太を煽る。

 

康太は光に温泉旅行に行こうと提案。

『最近康太と旅行行ってなかったし、いいね』

光は笑った。

 

康太の母・奥川美佐(榊原郁恵)の料理教室に秀子が入会してきた。

『私、光さんのこと苦手で・・・』

秀子とは気が合いそうだと意味深な笑みを浮かべる美佐に、

秀子は早速相談したことがあると小声で切り出した。

 

温泉旅行に出かけた光と康太。

楽しそうに手をつないで歩く2人を誰かが追っていた。

 

訪れた神社で『康太と幸せになれますように』と強く願った光。

光が引いたおみくじは『凶』だった・・・

 

光がスマホを確認するたびに、

信の誕生日を光が暗証番号に使っているのではないかという

秀子の一言が気になって仕方がない康太。

 

康太の表情が突然狂気を帯びる。

康太が射的の的に重ねたのは信の顔・・・
 

【スポンサーリンク】

 

〜蘭の反撃〜

旅館に到着し、光がトイレに行った隙に光のスマホを手に取る康太。

ロック解除しようとしたとき、光が戻ってきたため、

康太はとっさに光のスマホから手を離した。

 

貸切露天風呂。

『ねぇ、光。俺のこと好き?』

好きに決まっているという光。

康太はお互いの好きなところを空に向かって言い合おうと提案した。

『康太のまっすぐな目が好き!』

『光の綺麗な手が好き!』

 

『本当は光の頭の中を俺だけで染めたい・・・でもそうはならない。

でもいい!ゆっくりでいい。ゆっくり俺だけに染めてあげるね』

光は幸せそうに笑った。

 

2人が笑いながら部屋に戻ろうとしていると、廊下で美佐が待っていた。

『この旅館だったんだ?』

 

料理教室の生徒と旅行に来たという美佐は

神社で光が康太に見つからないように枝に結んだ凶のおみくじを差し出した。

『やっだ〜縁起悪いわよね!

でも、康太は吉だから、2人結婚できないかもね』

 

部屋に戻った2人。

『なんで嘘ついたの?おみくじ』

光は康太には吉が出たと嘘をついていた。

康太が心配すると思ったという光。

 

『頼むから・・・頼むからもう嘘はつかないで・・・』

謝る光を康太は強く抱きしめ、幸せにすると誓う。

『俺、光の子供がほしい・・・』

『・・・いいよ』

 

康太が光にキスをしようとしたとき、

突然部屋に美佐がおにぎりを手に入ってきた。

『結婚する前に子供作らないでね?私そういうの大嫌いだから』

 

その頃。

蘭に行きたい場所があると言われ、信は蘭と一緒に出かけていた。

 

『ここ、思い出さない?私たちの運命が変わったとこ』

その場所は3年前に通り魔事件が起きた現場だった。

 

『ここでさ!通り魔がさ!!信のこと狙ってさ!!私の足にナイフが刺さってさ!!!!!!』

半狂乱で叫び出す蘭を通行人が一斉に見る。

 

『・・・もう行かないか?』

思わずたじろぐ信に、逃げていては事件を克服できないと言う蘭。

スクリーンショット 2017-02-02 14.23.12
出典:ドラマ『奪い愛、冬』HP

『今日もうひとつ行きたい場所あるんだ』

 

蘭と信が光の会社に現れた。

 
ドラマ『奪い愛、冬』第3話ネタバレあらすじ&感想、

次ページで結末を迎えます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る