奪い愛、冬1話ネタバレあらすじ&感想 恐怖の6角関係!2話で信にGPSが!蘭が光をロックオンで恐怖の展開

Pocket

新ドラマ『奪い愛、冬』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

新ドラマ『奪い愛、冬』はテレビ朝日系金曜ナイトドラマとして、

23時15分枠で放送される連続ドラマ。

倉科カナさん・三浦翔平さん・水野真紀さん、

そしてドラマ『逃げ恥』でブレイクした大谷亮平さんなどの豪華キャストによる

多角関係・略奪愛ドラマということで注目が集まっていますね!

 

ただのドロドロした愛憎劇に終わらず、

きちんと胸キュン要素も盛り込まれている『どろキュン』劇場ということで、期待が高まります!

 

またドラマ『奪い愛、冬』には原作なしの完全オリジナルストーリーということで、

最終的に誰が誰と結ばれるのか?というネタバレが一切ない状態。

最終回までドキドキしながらドラマを楽しみことができそうです。

 

新ドラマ『奪い愛、冬』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第2話の展開を考えてみました!

 

※新ドラマ『奪い愛、冬』第1話ラストまでのネタバレあらすじをまとめています

ネタバレしますのでドラマ『奪い愛、冬』第1話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奪い愛、冬』第1話ネタバレあらすじ

海辺に佇む池内光(倉科カナ)と奥川康太(三浦翔平)。

『光、結婚してください!!』

康太にプロポーズされ、光は笑顔で『はい!』と答える。

 

光にはかつて心の底から愛した男性がいた。

突然、好きな人がいると言い残し去っていた森山信(大谷亮平)。

光の顔から消えた笑顔を取り戻してくれたのが、

その後出会った康太だった。

 

デザイン会社・アッパーワークス。

デザイナーの光とアシスタントの康太は共に働いている。

スクリーンショット 2017-01-20 15.04.12
出典:ドラマ『奪い愛、冬』HP

同い歳の2人だったが、中途入社の康太より、キャリア的には光の方が先輩だった。

 

 

光の自宅を訪れた康太。

仕事が忙しく散らかった部屋も

康太にとっては好きな光の自分にしか見せない点として美点になる。

『好きすぎて、今日激しくなっちゃうかも』

『仕事にもその男らしさを出せばいいのに』

 

翌朝、光が目覚めるとそこには康太が用意した朝食が・・・

さらに光が仕事に集中できるよう、部屋の片付けも請け負うという康太。

『私は幸せ者だ・・・』

光は康太に思わず抱きついた。

 

『光さんと結婚させてください!』

康太は光の母親・池内麻紀(キムラ緑子)に結婚の許可をもらった。

光の父は早くに亡くなり、光は母子家庭で育った。

父親が借金を残していたため、

光は母のことを考え毎月仕送りをしていた。

 

『お母さん、嬉しい!

あのとき、信さんがいなくなって以来、もう笑えないんじゃないかと思っていたから』

麻紀は父親の仏壇に光の結婚を報告した。

 

直後、康太の実家を訪れた2人。

康太の母親は料理研究家の奥川美佐(榊原郁恵)。

『変な女に引っかからないか心配してた。

あ、光さんが変な女ってわけじゃないのよ?』

 

息子のことを溺愛している美佐は結婚を許可するかどうかはうやむやにし、

光に康太の似顔絵を描いて欲しいと依頼してきた。

 

ある会社のロゴ制作の仕事が光に舞い込んだ。

絶対にこの仕事をとってやると

ウルトラデザインとのプレゼンに意気込む光。

 

なにやら怪しげに会話する光の後輩・豊野秀子(秋元才加)と上司の武田玄(三宅弘城)。

武田は光のことを、秀子は康太のことを狙っていた。

『俺は光に困って欲しいんだよ』

『私はいつか奪いますけど。そのためには部長の協力が必要なんです』
 

【スポンサーリンク】

 

先方の会社を訪れた光と康太。

エレベーターに乗り込んだ康太が光にキスすると、

突然ドアが開き、信が乗り込んできた。

 

信は光の競合相手だったのだ。

 

光にとって、信は初めての男性であり、

デザインのいろはを教えてもらった男性・・・

しかし、信は突然光に別れを告げ、去っていった。

『ずっと好きだった人がいるんだ。その人と結婚する』

 

 

『抱きしめたくなっちゃった』

会社を出た先で康太は突然光のことを抱きしめた。

2人を信とその部下・加藤清(西銘駿)が見ている。

『あの2人付き合ってるんですね?』

『興味ないよ』

 

康太は光をとあるマンションの一部屋に連れてきた。

『買っちゃった!気に入らない?』

そこにはひとり親の光を気遣い、

光の母親の部屋まで用意されていた。

『ありがとう〜〜〜〜』

康太に抱きつく光。

 

信は自宅で妻・森山蘭(水野真紀)と夕食をとる。

もともと福岡に住んでいた2人。

信の仕事の都合で3ヶ月間東京勤務することになり、蘭もついてきたのだ。

 

蘭は過去ある事故にあったことから足が不自由な状態だ。

 

光はクライアントのもとを訪れ、

信が『アッパーワークの池内光、彼女が1番のライバルになると思います』と

語っていたことを知る。

 

秀子が康太に近づく。

『競合相手のデザイナー会ったよね?

結婚して名前が変わったんだよね〜そう、尾田信!光さんの元彼なんだよね。

元彼が競合相手になって本気出せるかな?』

スクリーンショット 2017-01-20 15.06.00
出典:ドラマ『奪い愛、冬』HP

康太の表情を伺う秀子。

 

『出せるよ!光はそんなことで手抜いたりしないよ!』

康太は明らかに動揺し、声を荒げた。

 

信のもとを光が訪れた。
 
ドラマ『奪い愛、冬』第1話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る