カインとアベル 最終回ネタバレあらすじ&感想 中途半端感否めず!家族問題はあっけなく解決し,優はひかりと両思いの唐突さ

brothers-990692_640

山田涼介さん主演の月9ドラマ『カインとアベル』最終回ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

精神的に病んでしまったことが原因で、

地位を失い、恋人・梓(倉科カナ)との式をもすっぽかし、

全てを失ったかのように見えた隆一(桐谷健太)。

 

一方、めきめきと頭角を現してきた優(山田涼介)は

地位を手にし、一目置かれる存在に。

 

落ち目の兄と今の自分なら、

梓も自分のことを選んでくれるに違いないと確信していた優ですが、

第9話で優の希望は破れます。

 

梓は隆一を選び、

何も持っていない自分を梓が選んでくれたことによって隆一は以前の意欲を取り戻し、

独立し一から出直す決意を固めたのでした。

 

梓のことを諦めきれない気持ちが優の暴走のきっかけとなり、

優はついに法を犯し、犯罪者として検察に拘束される事態に・・・

 

優の不祥事で高田の株は大暴落、

存続の危機に追い込まれ、

貴行(高嶋政伸)は会社を守るため

優を切り離すしかないとの決断に至りそうです。

 

優は地位も愛する人をも失ってしまうのでしょうか?

最終回にてドラマ『カインとアベル』がどんな結末となるのか、

気になりますね!

 

兄弟の葛藤・戦いが結末を迎える月9ドラマ『カインとアベル』最終回ラストまでの

ネタバレあらすじをまとめるとともに、

ドラマ全体の感想についても考えてみました!

 

※新月9ドラマ『カインとアベル』最終回ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『カインとアベル』最終回がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』最終回ネタバレあらすじ&感想〜高田の危機〜

贈収賄の疑いで拘束中の高田優(山田涼介)の面会に訪れた高田隆一(桐谷健太)。

しかし優は面会を拒否した。

 

優は1人独房の中で抜け殻のようにこれまでのことを考えていた。

 

帰宅した隆一は高田貴行(高嶋政伸)に優のことを相談。

今回の件は優が1人でやったことに他ならないという貴行にことを

まるでトカゲの尻尾切りだと批判する隆一。

『私だって本当だったら代わってやりたい!』

父親以前に社長である自分は会社を守ることを

第一に考えなければならない・・・

貴行は苦しい胸の内を吐露した。

 

優は面会に訪れた柴田ひかり(山崎紘菜)からの手紙を読もうともせず、

食事にも全く口をつけない・・・

 

『父さんがつくった会社を・・・

私は2人の息子まで失ってしまいました・・・申し訳ありませんでした!』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-16-17-21
出典:ドラマ『カインとアベル』HP

貴行は高田宗一郎(寺尾聰)に

今回の件を優の責任とすることを相談。

宗一郎は自分でも同じ判断をしたという。

 

『息子を失ったというが、何があっても家族は家族なんだ。失うことはないんだ』

『父さん・・・』

貴行は涙した。

 

10日間の拘束を経て、優が不起訴で釈放されることになった。

貴行が行けばマスコミが騒ぎ立て、

隆一が行けば優が心を閉ざすことが予想されるため、

隆一は矢作梓(倉科カナ)に優の出迎えを頼む。

 

しかし拘置所の門が開き、出てきた優は、

立っている梓の姿などまるで目に入らないように無視し、

去って行ったのだった。

 

優が自宅のドアを開けると、貴行が立っていた。

『申し訳ありませんで・・・』

『勝手なことを!!』

貴行が優のほおを平手で打ち、

直後、きつく抱きしめた。

 

『優、とにかく今はゆっくり休め。

今後のことはそのあとだ』

優も貴行も流れる涙を止めることができなかった。

 

翌朝。

起きてきた優に貴行がいう。

『今回の件はお前の独断、取締役を解雇されたことで責任はとれる』

『まだ終わってません。気になることがあって・・・』

 

優は取り調べの最中、

優と大田原代議士しか知らない事実を聞かれたというのだ。

自分もやましい点がある大田原が漏らすわけがないとも思えるが・・・

 

「もしかして大田原にはめられたんじゃない?!』

高田桃子(南果歩)は今回の不祥事で株が暴落したところを買い占め、

何者かが高田を乗っ取る気ではないかと推測。

貴行は顔色を変えた。

 

高田の株はどんどん下り、

下げ止まる気配すらない・・・

『社長、早く手を打たないと!』

『社長!』

 

その頃、大田原は黒沢幸助(竹中直人)と電話で連絡を取っていた。

『高田が安く手に入るな』

『400円までもうすぐだ』
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』最終回ネタバレあらすじ&感想〜兄弟の秘策〜

優が葉山の別荘を訪れた。

出迎える梓。

『兄貴、いますか?』

 

優は居間にいた隆一に謝罪。

『兄貴を解任してこのザマです。

父さんにも界者にも迷惑をかけて・・・』

『このままじゃ会社は倒産するぞ』

『まさかリークされて乗っ取りまで考えていたなんて・・・』

『大田原はそういう男だ!!だから俺は反対したんだ!』

 

隆一は株価が400円を切ったら、大田原は仕掛けてくると予想。

それまでに手を打つことが重要だという。

『俺たちができることはひとつしかない。

今から言うことをよく聞け。ここからは時間との勝負だ・・・』

 

黒沢の元を優が訪れた。

『黒沢さん、まさか大田原と組んでいるんじゃないでしょうね?』

『お前は俺が敵か味方か、確かめにきたわけか?』

『乗っ取りなんかさせません。絶対に!

敵が誰であろうと戦うだけです』

 

『大丈夫なんですか!?うちの会社』

『3人目抱えてるっていうのに・・・』

株価が470円を切り、高田の社内はそう然としている。

取引先の多くが高田から撤退を始めていた。

 

その頃。

黒沢の情報をネット検索していた梓はようやくめぼしい情報を見つけ、

リンク先のURLをクリックした。

 

優は黒沢という人物について改めて桃子に相談。

『不思議に思うかもしれないけど、

幸助のこと100%信じてる』

桃子は黒沢の自分への愛は100%真実だと信じて疑わないようだ。

 

自室で思いを巡らせる優の脳裏に

かつてのひかりの言葉が響いた。

(優が正しいって思ったことが正しいこと)

 

『桃子おばさんを高田の役員にしたいんです』

翌朝、優は自分の考えを貴行に相談。

優は桃子を役員にするという条件を提示し、

黒沢と取引してはどうかと提案。

 

『お前はどうしてあの男を信じる?』

『だって・・・もう家族じゃないですか?』

 

貴行は早速黒沢を社長室に呼んだ。

『その節は申し訳ありませんでした!

資金の提供をお願いできませんでしょうか!

黒沢さん!お金を貸してください!!』

貴行は黒沢の前に土下座。

隆一と優は固唾を飲んでその様子を見守っていた。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る