砂の塔8話ネタバレあらすじ&感想 和樹,実母弓子を選ぶ!9話で弓子と健一の罪がついに明かされる!?


ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話の

ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第7話にて、

亜紀(菅野美穂)の夫・健一(田中直樹)と弓子(松島菜々子)が元夫婦関係にあり、

亜紀と健一が再婚だったこと、

和樹の連れ子である和樹(佐野勇斗)が弓子との間の子供であった、

つまり和樹の実母は弓子だったという衝撃の秘密が明らかになりました。

 

弓子が育ての母である亜紀の母親ぶりに満足しておらず、

結果本当の母親は自分だと高野家を乗っ取ろうとしているということはわかりましたが、

以前謎に包まれているのがハーメルン事件の犯人と

弓子と健一に起こったクリスマスの悲劇についてです。

 

弓子の目的が実子である和樹の奪還であれば

ハーメルン事件を起こす必要はなさそうです。

また、弓子の『1人殺している』発言から連想されたのが

弓子・健一夫妻宅でクリスマスに起こった悲劇と子殺しですが、

和樹は現在生きているので、過去の悲劇が物語とどのような関連性を持つのか、

非常に気になるところですね。

 

そして第7話で亜紀に対して『奪いたい』発言があった生方航平(岩田剛典)ですが、

第8話で弓子に駆逐される亜紀に『一緒に行こう』発言が飛び出します。

 

第1話から亜紀に寄り添ってきた生方ですが、

その終始一貫した好青年ぶりに疑惑の声もあがっています。

生方は亜紀に恋するただの好青年なのか?

それとも・・・・?!

 

ついに弓子が一気に攻め込んでくる

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第9話の展開について考えてみました!

 

※ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話ラストまでのあらすじをまとめています。

完全にネタバレしますので、

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話ネタバレあらすじ&感想〜亜紀と生方の不倫疑惑〜

自らを高野和樹(佐野勇斗)の母親だと名乗り、

佐々木弓子(松島菜々子)は和樹とともに救急車で病院へ。

 

生方航平(岩田剛典)と偶然出会った高野亜紀(菅野美穂)は

和樹の運ばれた病院をかたっぱしから電話し、探し出そうとする。

 

その頃和樹は搬送先の病院で異常なしとの診察を受けた。

和樹は弓子に尋ねる。

『あの・・何でここまでしてくれるんですか?

あなたは誰なんですか?』

『・・・あなたの本当のお母さんを知りたくない?』

 

帰宅した和樹に亜紀は弓子と付き合わないでほしいと伝える。

『なんで?あの人に知られちゃまずいこと知ってるから?』

もう寝ると和樹は自室のドアを閉めた。

 

弓子宅を訪れた亜紀は治療費渡し、お世話になったお礼を言う。

さっさと立ち去ろうとする亜紀に

弓子は自分が本当の母親だとは和樹に告げていないと切り出した。

『そもそも和樹はあなたが本当の母親じゃないこと前から知ってた』

『・・え?』

 

『そうだ!すごいニュースがあるんですよ』

橋口梨乃(堀内敬子)からスマホを見せられた阿相寛子(横山めぐみ)。

そこには生方が亜紀を抱きしめている画像が表示されていた。

 

折しも寛子は生方をクリスマスツリーの点灯式に誘い、

断られたなかり。

寛子は生方に問い詰める。

『職場に知られたらクビになるわよね?取引しましょうよ。

私は黙っていてあげる。その代わり、あなたは何してくれるのかしら?』

 

生方は自分が一方的にだ閉めただけだと説明。

寛子は驚きの表情を見せた。

『あの人に本気で惚れているの?馬鹿じゃないの?』

『・・・自分でも馬鹿だと思います』

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-13-28-53
出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

マンションロビーで亜紀は突然寛子に呼び止められ、

生方との関係を追及される。

亜紀が口ごもっていると、寛子が叫んだ。

『みなさん!この人、お子さんの体操教室のコーチと不倫してるんですよ!』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話ネタバレあらすじ&感想〜2人の母親〜

騒然とするロビー。

寛子ともみ合いになった亜紀は転倒し、頭を強打。

そのまま入院となってしまった。

 

見舞いに訪れた三田久美子(烏丸せつこ)に

和樹の実の母親が真上に住んでいることを明かす。

『結婚する時和樹の本当のお母さんになるんだって言ってたのあなたでしょ?

点灯式は無理だね。家族で行きたいのはわかるけど・・・』

いつものように口論になり、久美子は病室を出る。

久美子は亜紀のことが気がかりそうに振り返った。

 

その頃。

高野家には弓子の姿があった。

 

亜紀が入院し、大変だろうと持参した手料理をテーブルに広げる弓子。

『いただきます!』

 

『もういいよ、洗い物くらい俺ができるから』

『もしかして奥さんに遠慮してるの?』

弓子は健一が亜紀に遠慮する必要などないと言い、

今回の亜紀の怪我が亜紀と生方の不倫騒動が原因であることを明かす。

 

『あら?これ・・・これでも噂って言える?』

弓子が何気なく開けた引き出しには

亜紀が用意していた離婚届が・・・

 

『ママ。不倫て何?』

見舞いに訪れた高野そら(稲垣来泉)が

幼稚園で亜紀が不倫していることをからかわれたのだという。

健一は亜紀に離婚届を突きつけ、

生方との不倫について問い詰める。

 

亜紀も弓子との関係を健一に問い詰め、激しい言い争いとなってしまった。

『それでも母親か?24時間母親でいろよ!

お前が離婚したいならこっちも考えるから』

 

和樹が弓子宅を訪れた。

『待ってたわ』

『・・・あの話本当なんですか?僕の本当の母親を知ってるって』

『あなたはどこまで知ってるの?』

 

最初に気づいたのは中1だったと語り始める和樹。

親が外した結婚指輪に刻まれた日付が自分が生まれた年よりも数年後だったため、

その後戸籍を調べたという。

 

いつか自分に真実を話してくれるだろうと待っていたが

亜紀たちが真実を話してくれることはなかったという和樹の目から涙が溢れる。

『いつか言ってくれるって信じてました・・・

この人たち俺を信じてないんだなって・・・

所詮他人なんだなって・・・』

和樹に弓子が優しく語りかける。

 

『教えてあげてもいいわ。

その代わり、今のお母さんを捨てる覚悟はある?』
 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第8話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る