逃げるは恥だが 6話ネタバレあらすじ&感想 津崎自らキス!7話で進展しない関係をみくりから相談された風見は!?

bridal-636018_640-2

新垣結衣さん・星野源さん出演の

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第5話で、

スキンシップで癒され合う擬似的な恋人関係となった津崎(星野源)とみくり(新垣結衣)。

 

第5話ラストで、

みくりはどんなときでも津崎の味方でいると宣言し

自らの意思で津崎の胸へ飛び込み、

津崎もまた自らの意思でみくりの頭を愛おしそうに撫でました。

 

本物の恋の芽生え(?)があったところで

第6話で2人は新婚旅行という名の社員旅行へ。

 

本物の恋人通しになる最高のチャンスですが、

旅行先にはなぜかみくりの元カレが!

 

また初めて同じベッドで寝ることになった津崎とみくりですが、

その翌朝、みくりは津崎との関係に『諦め』を感じ、

契約結婚をやめるという選択肢が浮かび始める模様。

 

一体2人に何があったのでしょうか?!

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

ドラマ第7話の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話ネタバレあらすじ&感想〜波乱の新婚旅行〜

森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)が決めたハグの日は火曜日。

火曜日のみくりの朝は資源ごみを出すことから始まる。

資源ごみボックスの『火』という文字に思わず笑みがこぼれるみくり・・・

 

そして火曜の夜。

家事代行の勤務時間が終了したみくりは紅茶を用意し、

津崎に切り出した。

『今日は火曜です!ハグの日です!』

 

津崎はこのあいだの土曜日に

みくりがハグの前借りをした件を持ち出し、

今日のハグはなしだと言いながらも、ソファーを空けみくりに隣に座るよう言う。

(なんという平和・・・)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-16-36-02
出典:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』HP

梅原ナツキ(成田凌)にイケメン発言したことが

パワハラではないかとの指摘を受けた土屋百合(石田ゆり子)。

 

百合は津崎宅を訪れ、職場でのパワハラ疑惑を愚痴るとともに、

クレジットカードのたまったポイントで交換したという旅行券を差し出した。

 

やんわりと断ろうとする津崎とみくり。

『だいたいね!あんたたちがうまくいっているのかいないのかわからないから

こんなペア宿泊券なんか頼んじゃったのよ!』

『・・・行かせていただきます!』

 

2人は新婚旅行兼社員旅行にいくことになってしまった。

 

『友達以上恋人未満ってのがちょうどなまぬるくて〜』

田中安恵(真野恵里奈)に勝負下着を用意するよう言われたみくりは

深い関係を持たない今が楽しいと語る。

 

(果たして一緒に眠れるだろうか・・・)

津崎はみくり一緒の部屋で眠れるだろうかと不安でいっぱい。

せいぜい従業員の慰労に務めることに徹することを決意した津崎だった。

 

旅行当日。

いつもと違う開放的な雰囲気にみくりの気持ちは弾む。

そして2人は旅館に到着。

『わ〜〜素敵なお部・・・』

用意されていたのはダブルベッドの部屋だった。

 

『すいません、ツインを頼んだんですが!』

宿泊確認の電話を受けた百合が気を利かし、

ダブルに変更していたのだった。

 

あいにく当日はツインルームは満室。

『仕方がありません。お店の人に一切落ち度はありません。諦めましょう』

 

そんな津崎の紳士な態度に

店員に文句ばかり言っていた高校時代の元カレのことを思い出すみくり。

 

そんなみくりの耳に聞き覚えのある文句が聞こえてきた。

その文句の主はみくりの元カレ・カヲル(小柳 友)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-16-35-52
出典:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』HP

 

『あの人もどうかと思いますが、付き合っている女性の方も

ちょっと人間性を疑いますね』

津崎にそう言われ、元カレだとはとても言い出せないみくりだった。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話ネタバレあらすじ&感想〜みくりの期待〜

一方、津崎は日野秀司(藤井隆)からもらったマムシドリンクを持て余していた。

ベッドの中に隠しておいたドリンクをみくりが発見しそうになり、

津崎はとっさに虫だと嘘をつく。

 

中居に電話をしている間にドリンクを回収した津崎は

虫がみくりの方へ逃げたと言う。

驚いたみくりが足を踏み外し、助けようとした津崎は

みくりを押し倒すようなかたちになってしまった。

『すいません!不可抗力です!セクハラでは!』

『わかってます!』

(果たして僕は社員旅行というミッションを無事やり遂げられるのだろうか?!)

(平匡さんすごく焦ってる・・・なんか私まで・・・)

 

その時、みくりらの部屋の空調が故障し、

代わりに用意されたのは客室に露天風呂がついた最高クラスの部屋だった。

 

『お風呂に一緒に入りますか?』

 

『お風呂に一緒に入るとか軽々しく言わないでくれますか!?』

自分たちはただの雇用関係で

火曜日にハグをしあうだけの関係であることを忘れないで欲しいと

津崎は取り乱しながらみくりに伝える。

 

(あ〜あ、怒られちゃった。

わたしのこの小賢しさが彼氏に振られる理由なんだろうな・・・)

 

『自分が欠けた愛情と同等の見返りが帰ってこないと

人は不安になる・・・』

バーを訪れた百合と沼田頼綱(吉田新太)に

マスターの山さん(古舘寛治 )は講釈を垂れ始めた。

 

 

そこに風見涼太(大谷亮平)がやってきた。

『今みくり、平匡さんと新婚旅行に行ってるから!』

『嘘でしょ?』

百合はみくりが送った写メを差し出した。

 

その頃。

津崎が入浴中、

 

みくり津崎のバッグのなかにマムシドリンクが入っているのを

発見してしまいショックを受けていた。

 

津崎と入れ違いで1人露天風呂に入るみくり。

(いいんだろうか?

平匡さんの心のテリトリーに入らせてもらえるんだろうか・・・)

 

 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る