砂の塔5話ネタバレあらすじ&感想 弓子,健一との元サヤ以外の”何か”のため6話で高野家崩壊画策!

apartment-block-933538_640

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話の

ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第4話にて、

親子ともに孤立状態となった亜紀(菅野美穂)。

寛子(横山めぐみ)の夫・武文(津田寛治)に左遷の危機を救ってもらった借りを、

不倫のアリバイ作りに協力することで

返すことに手一杯の亜紀の夫・夫の健一(田中直樹)は

ママ友関係が上手くいかない亜紀に冷ややかな対応。

 

心身ともに追い詰められた亜紀に寄り添うのは

やはり生方航平(岩田剛典)でした。

 

そんな亜紀に冷ややかな視線を送っている人物がもう一人。

そう、息子の和樹(佐野勇斗)です。

 

和樹は亜紀と生方の関係にただならぬものを感じており、

自身の母親が不倫をしているのではないかと疑っています。

 

そんな和樹の自室には

和樹が撮りためたと思われるダメな母親を被写体とした大量の写真が・・・

 

第5話で流出したそれらの写真から和樹は犯人扱いされ、

そして弓子(松島菜々子)が殺人の前科持ちであるという

衝撃の過去が明るみに出てくるようです。

 

和樹や弓子の秘密がいよいよ明らかになり始める

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第6話の展開について考えてみました!

 

※ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話ラストまでのあらすじをまとめています。

完全にネタバレしますので、

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話ネタバレあらすじ&感想〜生方の弓子への疑惑〜

『弓子さんに謝らなきゃ・・・あの人のこと疑っちゃったの。

うちを見張ってるんじゃないかって』

高野亜紀(菅野美穂)は生方航平(岩田剛典)に漏らす。

 

『あなたは悪くないわ。だって子供は親を選べないもの・・・』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-36-01
出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

生方と亜紀が一緒のところを目撃してしまい、

ショックを隠せない和樹(佐野勇斗)を弓子(松島菜々子)が慰める。

 

その様子を生方は偶然目撃し、

亜紀が言っていた監視していると疑ってしまったという話を思い出したのだった。

 

『パパ、ゴメンなさい!』

『俺も言い過ぎたしな・・・』

仲直りをした亜紀と健一(田中直樹)。

和樹が帰ってくるが、和樹は出迎える亜紀を無視する。

 

『佐々木弓子さん?旦那さんは確か鈴白商事にいるって・・・』

生方は阿相寛子(横山めぐみ)に弓子のことを尋ねる。

寛子は投資用に購入を検討していた亜紀の真上の部屋を

弓子があり得ない金額を出して横から買ってしまったと愚痴を漏らす。

 

帰宅が遅い和樹のことを心配する亜紀。

和樹は山中で穴を掘り、何かを埋めていた・・・

 

心配した亜紀が手がかりを探そうと

和樹の部屋に入ろうとした瞬間、和樹が帰ってきた。

『何やってんの?人の部屋勝手に見るなよ』

 

言葉使いを注意する亜紀に

和樹は亜紀の秘密を守ってやっていると語る。

『とぼけんな、こっちは見たんだよ?

母さんがマフラーもらって浮かれてるとこだよ。

不倫してんだろ?』

 

亜紀は誤解だと食いつくが、

和樹は聞く耳を守らずに自室のドアを固く閉ざしてしまった。

 

『友達として手伝って欲しいんだよ・・・』

健一は阿相武文(津田寛治)から怪しげな副業の話を持ちかけられ、

断れない・・・

何も聞かずに女性を空港まで送っていき、

そこで待っている男性に引き渡すという仕事だ。

 

生方に借りたマフラーを返しに、生方を訪ねた亜紀。

『和樹が不倫してるって疑ってて・・・

ごめんね、こんな相談してごめんね!』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-35-54
出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

完全に亜紀に迷惑をかけていると反省する生方に

亜紀は自分も生方に励ましてもらったからと伝える。

 

『もう会わないようにします』

生方はこれ以上亜紀に迷惑をかけられないと

亜紀ともう会わない決意を語った。

 

和樹の担任から連絡が入り、高校に呼び出された亜紀。

和樹はここ最近無断欠席が続いており、

休み時間は誰にも関わろうとせず1人でいるという。

『何か悩みを抱えているんじゃないでしょうか?』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話ネタバレあらすじ&感想〜生方,弓子と対峙〜

弓子のことを不審に思い始めた生方は

弓子の夫が勤めているという鈴白商事に電話し、

佐々木という人間が実在するのかを探る。

『N.Y支店に佐々木という人間はおりませんが・・・』

 

弓子の嘘にますます疑いを深めた生方。

生方は寛子に頼み、弓子に接触するため、

フラワーアレンジメントの教室にやってきた。

 

『女性ばかりの教室に1人で入るのは気がひけるっていうから・・・

かわいいでしょ〜?』

生方の本意など知らず、嬉しそうに弓子に生方を紹介する寛子。

 

『ほんと、かわいいわね』

弓子は笑っていなかった。

 

寛子が席を外した間、2人きりとなった生方と弓子。

夫のことを詮索する生方に弓子は逆に尋ねる。

『亜紀さんとはどんな関係?特別な関係?』

『特別な関係なんじゃないですよ。昔家が隣だっただけで・・・』

『亜紀さんは特別だって言ってたわよ』

 

生方の表情の変化を楽しむ弓子。

『ほんとかわいいわね』

 

学校に来ない和樹の後をつけた橋口成美(川津明日香)。

何かの写真を撮影している和樹に成美は尋ねる。

『何撮ってたの?』

『うぜえんだよ、いい加減気づけよ』

和樹は去っていった。

 

帰宅した和樹に担任に呼ばれた旨を切り出し、

無断欠席のことを問い詰めた亜紀に、和樹は罵声を浴びせる。

『どうしてそんな口聞くようになったの?!』

『突然?あんたが知らなかっただけだろ?お母さん』

 

昼間、和樹のカメラからデータを抜いていた成美。

データは見知らぬ母親の写真ばかりだった。

事実を知り、驚いた橋口梨乃(堀内敬子)はデータをプリントアウトし、

マンションのロビーに貼り出した。

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第5話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る