カインとアベル 4話ネタバレあらすじ&感想 屈辱!兄の拳が!5話で優の手柄が露呈,立場完全逆転!その時兄は!?

brothers-990692_640

山田涼介さん主演の月9ドラマ『カインとアベル』第4話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『カインとアベル』第3話にて、

進めていたバンコクの事業での提携先に100億を超える負債があったことが発覚。

 

この件を乗り切れば、

次期社長の座と恋人・梓(倉科カナ)との結婚が手に入ることになる兄・隆一(桐谷健太)は

独断で続行を進めますが状況は深みにはまる一方・・・

周囲に頼ることができない性格の隆一は追い詰められ、

第3話ラストにて失踪してしまいました。

 

一方、惹かれ始めていた梓が兄の婚約者であったと知り、

少なからずのショックを受けていた弟の優(山田涼介)。

完璧な兄から梓を奪うといった発想すらなかった優の心境に

第4話にて、失踪した兄の行方を梓と追ううちに変化が現れるようです。

 

またドラマ『カインとアベル』第4話では、

優の前に叔母・桃子(南果歩)の婚約者で投資家の黒沢幸助(竹中直人)が登場。

 

この一見怪しげな男・黒沢が

第4話以降、優の運命を大きく変えていく鍵を握る人物となる気配です!

 

月9ドラマ『カインとアベル』第4話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第5話の展開についても考えてみました!

 

※新月9ドラマ『カインとアベル』第4話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『カインとアベル』第4話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』第4話ネタバレあらすじ&感想〜失踪した隆一〜

役員会議に現れなかった隆一(桐谷健太)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-11-48-14
出典:ドラマ『カインとアベル』HP

騒然とする役員らに

貴行(高嶋政伸)は隆一には別の業務をやらせているため、

本日は欠席するととっさに嘘をついた。

 

隆一はそのまま出社しなかった。

梓(倉科カナ)から昨晩様子がおかしかったことを聞いた優(山田涼介)は

隆一の部屋で手がかりを探す・・・

 

その頃。

隆一は1人漂う小船に揺られていた。

 

翌朝。

『もしかしたら兄貴、葉山の別荘にいるかもしれないです』

優は失踪した前夜、隆一が優に譲った万年筆を見つけた場所が葉山の別荘であることから

そこへ隆一を探しに行くと梓に伝える。

『私も行く!』

 

隆一が役員会議を欠席したことを心配する高田宗一郎(平幹二朗)が

貴行のオフィスを訪れた。

完璧に見える人間こそ弱いものだと語る。

 

『隆一が道を踏み外すなんて考えられません』

『人生には時に直感が必要な時もある』

 

隆一のことは心配ないと言う貴行に宗一郎は、

会社を譲った際に

本当に大事なものを渡しそびれている気がすると意味深なことを仄めかした。

 

一方、優と梓は葉山の別荘を訪れ、

ベッドに隆一が寝起きした痕跡を発見する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-11-48-25
出典:ドラマ『カインとアベル』HP

 

しかし、隆一は別荘にはいなかった。

 

このままここで待とうという優。

『帰ろう!私たち帰ろう!』

今ここで隆一に会うことは隆一を傷つけることになると梓は主張。

 

『今ここで会っておかなくていいんですか?』

『これ以上隆一さんを傷つけたくないの』

梓と優は隆一に会わないまま別荘を後にした。

 

婚約者にあって欲しいという桃子(南果歩)に

貴行は会う気はないと断る。

『私はまた姉さんが騙されていると思うんです』

 

貴行は名の知れた投資家であるという

桃子の婚約者・黒沢幸助(竹中直人)のことを調べさせたが、

そんな名前の投資家はいなかったと言う。

 

結局、桃子に押し切られる形で、

貴行は黒沢に会うことになってしまった。

 

小料理屋HIROSEを団衛(木下ほうか)と優が訪れた。

優のことを絶賛するとともに、

優と梓の相性を抜群だと褒める団。

 

『気持ち伝えてみたら?』

団が酔い潰れると、

広瀬早希(大塚寧々)はそう優に提案した。
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』第4話ネタバレあらすじ&感想〜優,真相を知る〜

優が帰宅するとまだ隆一は帰ってきていなかった。

貴行はかつて優が家出したときの思い出を語りだす。

 

警察沙汰になると高田家に傷がつくことを配慮した高校生だった隆一。

隆一は貴行に警察に届けるのは待ってくれと言い残し、

結局優を探し出したのだった。

 

帰宅し、高田の家は窮屈だと愚痴をこぼすまだ小学生だった優に

隆一は諭した。

『自分ではどうにもできないってことだ。奇跡でも起きない限り』

 

翌日。

優の進めるアウトレットのプロジェクトは順調に進んでいる。

プロジェクトがひと段落すれば、

優は営業5課に戻ることとなる。

 

『ちょっと!優』

柴田ひかり(山崎紘菜)が優を呼び出した。

『なんか疲れてる?私も梓さんみたいに仕事をバリバリ頑張ろうかな?』

『なんで?突然梓さん?』

『優、梓さんのこと好きなんじゃないの?』

 

優は梓が隆一の恋人であることをひかりに明かすと、

ひかりは嬉しさを隠せない。

 

隆一の秘書のもとを優が訪れた。

『何か変わったことありませんでしたか?』

『変わったことといえば・・・』

 

秘書は四つ葉銀行の頭取と会う際に

1人で行ったと答えた。

優はその足で四つ葉銀行へ。

『10億円を融資した後にさらに追加で100億円と言われ、

さすがにそれは断ったけどね』

 

優は今回の隆一の失踪に関する真相を知った。
 

月9ドラマ『カインとアベル』第4話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る