ドクターX 4話ネタバレあらすじ&感想 左遷組,原が復活!5話で腹心,遠藤憲一も復活!?蛭間への反発を食い止められるか

hospital-484848_640

米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

豪華なゲストと1話完結の医療ドラマと合わせて楽しめる

人間ドラマも人気の秘密のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』。

 

第3話では2位の相棒シリーズをなんと10%近く引き離し、

今期最高記録の24%代を記録しました!

20%代といえばNHKの朝の連続ドラマを超える数字で、

ゴールデンタイムの連続ドラマではとにかく群を抜く数字・・・

さすが、ドクターX!という感じですね。

 

第4話ではゲズトとして高岡早紀さんが美人姉妹タレントの姉役で登場。

ユニット存続の危機をかけ、

見る影もなく太ってしまった妹の肥満治療で東帝大学病院を訪れますが、

妹の肥満の影には重大な病が潜んでいました。

 

また妹だけではなく、

姉の方にも重大な病に侵されていることが発覚!

未知子(米倉涼子)は2人の同時オペをどのように乗り切っていくのでしょうか!?

 

米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第5話の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話ネタバレあらすじ&感想〜帰って来た原医師〜

東帝大学病院を美のカリスマとして人気の

美人姉妹ユニット「四葉姉妹」、

姉の四葉 美麗(高岡 早紀)と妹の四葉 美音 (小林 きな子)が訪れた。

 

『四つ葉姉妹は富と名誉の象徴です。

病院のイメージアップにつながります』

広報部長の南 幾子(草刈 民代)はそう蛭間 重勝(西田敏行)に語る。

 

四つ葉姉妹の大ファン・神原 晶(岸部 一徳)は

大門 未知子(米倉 涼子)にカバンに忍ばせておいた本にサインをもらってこいという。

 

しぶしぶ美音の病室を訪れた未知子。

美音は見る影もなく太ってしまっており、今回肥満治療に訪れたという。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-16-51-26
出典:ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』HP

姉の美麗は未知子のファッションを露出が多すぎると酷評。

未知子も美麗に反発する。

 

美音の今回の治療は手術で行われることに決まっており、

すでに担当医も決まっていた。

 

久保 東子(泉 ピン子)が特別に金沢の分院から呼び寄せたのが

外科医・原守(鈴木浩介)。

『四つ葉美音さんの手術を必ず成功させてみせます。

そしてこの病院のブランド力を上げてみせます!』

 

原は皆の前でそう宣言し、

拍手喝采を浴びたのだった。

 

『あなたを見込んだのはその腕だけじゃない。

組織に立ち向かう気概のある人間が必要だった。

あなたは蛭間に気まぐれで金沢に飛ばされたのよね?

私に力を貸して』

『承知しました!』

東子は内密に原と蛭間勢力に対抗する力となるよう依頼する。

 

美音が今回受けるのは胃バンディング手術。

胃の上部をバンドで縛り

食事量を制限し減量する方法だ。

 

病室を訪れ、手術の説明を行う原に

美音は手術に対する恐怖を見せる。

『あなたが痩せないと四つ葉姉妹は終わりなのよ』

姉・美麗は語気を荒げた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話ネタバレあらすじ&感想〜姉妹の病の影〜

昔からの知り合いであった北野 亨(滝藤 賢一)と再会した原。

『昔怒られてばかりいた北野くんに教えてあげたんだよ。懐かしいね』

昔と今は違うと北野に一掃され、

原は今回の手術を成功させ必ず見返すことを心に誓う。

 

そんな折、美音が急に病室からいなくなった。

 

屋上の策を乗り越え、飛び降りようとしている美音に

未知子が声をかけた。

『何してんの?』

 

美麗のことを小馬鹿にする未知子に

美音は姉の素晴らしさ、偉大さを話して聞かせる。

『それに比べて私は何をしても痩せないし、手術も怖いし・・・』

 

『ちょっと見せて』

美音の腕を見た未知子は何かを思い当たり、

至急検査をする手配をした。

 

『脳下垂体に腫瘍がある。クッシング症』

美音の体幹部に比べ、腕などの末端部が細い点が

クッシング症患者の典型だったと未知子は語る。

腫瘍はかなり大きい状態になってしまっていた。

 

未知子は病室を訪れ、病状を説明。

『あなたフリーの医者でしょ?

四つ葉姉妹の運命をあなたに炊くせるわけないでしょ?』

 

美麗はそう語りながらも、一瞬苦しそうな表情を見せた。

『あんたがすぐに検査を受けて』

 

『最近ダイエットのせいで痩せたらしいけど、

痩せちゃったんでしょ?大腸ガンのせいで。

大腸ガンいつから知ってたの?』

美麗はほかの病院で大腸ガンだと告知されたことを語り、

最後まで美を保ったまま死ねるよう、手術を拒否。

 

『何もしなかったらあと半年なんだよ?』

『私が死ぬまでにあの子を一人前にしなきゃいけない。

四つ葉姉妹ではなくて四つ葉美音として生きられるよう』

美音には内緒で、美音の手術だけ進めてくれと未知子に頼む美麗に、

未知子は妹のことを思うなら、

美麗が生きることが大事なのではないかと説得。

 

『私に手術させて。私手術のカリスマなの』

『もし失敗してあと半年の命もなくなったらどうするの?』

『大丈夫。私失敗しないので』
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る