カインとアベル 3話 隆一,窮地に陥り失踪!4話で優が兄に疑問?仲違いのきっかけはやはり梓?

brothers-990692_640

山田涼介さん主演の月9ドラマ『カインとアベル』第3話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

ドラマ『カインとアベル』第2話にて、

兄・隆一(桐谷健太)と弟・優(山田涼介)の雲行きに変化が・・・

 

何をやってもパッとしなかった優が

持ち前の人間性で困難な仕事をひとつひとつ成し遂げていく一方、

これまで順風満帆だった隆一には陰りが出てきます。

 

バンコクで発生したトラブルを収束させたという手腕がかわれて

一気に次期社長の座に上り詰める隆一でしたが、

第3話で隆一の人生の歯車が徐々に狂いを見せていくのです・・・

 

一方、密かに想っていた梓(倉科カナ)が

兄・隆一の恋人であることを知らされ

少なからずもショックを受けていた優。

 

隆一に災難が降りかかることで、

仕事はもちろん、恋でも形勢逆転の機会が訪れるのでしょうか?!

 

新月9ドラマ『カインとアベル』第3話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第4話の展開についても考えてみました!

 

※新月9ドラマ『カインとアベル』第3話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『カインとアベル』第3話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』第3話ネタバレあらすじ&感想〜怪しい雲行き〜

『まずはお父さんに紹介してから

優にって思ってたんだ』

隆一(桐谷健太)は恋人の矢作梓(倉科カナ)を紹介した。

 

 

『ところで2人は将来のことはどう考えてるんだ?』

『近いうちに結婚したいと思っています』

『おめでとう!』

『ありがとうございます』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-17-08-57
出典:ドラマ『カインとアベル』HP

貴行(高嶋政伸)は笑顔で2人を祝福した。

 

隆一がバンコクで起きたトラブルを見事解決したこと、

恋人を父親に紹介したことは役員の間ではもっぱらの噂で、

隆一の次期社長就任が早まるかもしれないと囁かれていた。

 

『2人に話がある』

貴行が隆一と優(山田涼介)に切り出した。

 

隆一がバンコクでの件を次の役員会までに収束できたら、

貴行は次の役員会で次期社長として

隆一を押すことを約束。

 

『社長就任ってなったら梓さんとの結婚急がなきゃね』

そういう優に隆一は笑顔でうなづいた。

 

ゼネコン選定作業に入った優のプロジェクトチームを、

地元有力者・兵頭光一(イッセー尾形)が

地元の建設会社を入札に加えてほしいにやってきた。

 

団衛(木下ほうか)らはすでに有力ゼネコン選定が済んでいることから、

やんわりと断ったのだった。

 

バンコクからのメールを確認した隆一。

先方の100億を超える新たな債務が発覚し、

先日必死になって隆一が用意した50億では到底足りないというのだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-17-08-50
出典:ドラマ『カインとアベル』HP

『どういうことだ!?』

 

担当者は気付いたときにはどうしようもなく、

新たに50億用意するしか道はないという。

隆一は震えを抑えることができなかった。

 

小料理屋で2人の飲む優と梓。

やがて梓は隆一と会う約束があると早々に店を出て行った。

 

『寂しそうな顔してる』

隆一の元へ向かう梓を見送った優に

女将・広瀬早希(大塚寧々)がそう告げた。
 

【スポンサーリンク】

 

月9ドラマ『カインとアベル』第3話ネタバレあらすじ&感想〜新たな壁〜

隆一の元に向かう梓の元に

今日中に対処しなければいけない件ができ

会うことができないという隆一から連絡があった。

『大丈夫?』

『大丈夫大丈夫!』

隆一は無理して明るく電話を切るが、

心のうちはとてつもない焦りに襲われていたのだった。

 

翌日。

環境団体の代表・佐野がプロジェクトチームにやってきた。

アウトレットの建設予定地に住む野鳥と環境を保護するため、

建設を全面的に見直してほしいというのだ。

『すでに着工の準備に入っているんですよ!

今更全面見直しなんてできるわけありません』

 

強気な団の言葉を聞き、

佐野はおとなしく帰って行った。

 

その夜。

『お父さん、あの・・・バンコクの件なんですが』

話を切り出そうとする隆一に

貴行は自分も話があると梓との挙式の話を先に切り出してきた。

隆一はバンコクの件を話せない・・・

 

先日素直に帰って行った環境団体の代表・佐野が

アウトレット建設予定地にて大規模な建設反対デモを行った。

その様子はニュースで取り上げられるほど・・・

 

『この人わかってくれたんじゃなかったのかよ・・・』

呆然とする団は

優と梓を急遽建設予定地に送った。

 

『ここバス釣れるってよ!?』

観光気分でやってきた優は原地・白河湖の状況を見て

一気に深刻な表情に・・・

 

そこらじゅうに建設反対ののぼりが掲げられ、

活動の拠点となる事務所までが建てられていた。
 

『貴重な野鳥を守るためにはこうするしかないんです』

佐野は歩み寄る姿勢が全くない団の対応を見て、

デモ活動の道しか残されていないと感じたと優たちに語る。

 

優が帰宅すると、叔母の高田桃子(南果歩)が来ていた。

4度目の結婚をする桃子のことを心配する優。

 

その頃。

隆一の元に100億の融資に応じるという連絡が外国から入った。

しかしその条件として議決権付きの土地をよこせというのだ。

呆然と電話を切った隆一。

『議決権・・・高田の経営を乗っ取る気か・・・』

 
ドラマ『カインとアベル』第3話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る