ドクターX 3話ネタバレあらすじ&感想 命つないだ医療ミス!4話で美人姉妹に隠された複雑な病と関係が明らかに!

hospital-484848_640

米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

これまでのシリーズでも高視聴率をマークしてきた

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズ。

 

今期も好調で2位の相棒シリーズの15%を大きく引き離し、

第1話・第2話と20%をキープし今期堂々のトップとなっています。

 

東帝大学病院の蛭間(西田敏行)と東子(泉ピン子)という

わかりやすい未知子(米倉涼子)の敵とは別の、

巨大な敵が隠れていそうな今期のドクターX。

 

第2話ラストで、

広報部長の南 幾子(草刈 民代)が連絡を取っていた人物が気になります・・・

 

 

米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第4話の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話のラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話ネタバレあらすじ&感想〜元愛人の目的は?〜

偶然道で財布を拾った大門 未知子(米倉 涼子)。

 

翌日。

財布の持ち主である須山三佐江(松下由樹)が東帝大学病院を訪れた。

『あなたが私の財布を拾ってくれた・・・

警察から聞きました。

これ・・・お礼と言ってはなんだけど』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-16-35-49
出典:ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』HP

 

去ろうとした須山は西園寺 猛司(吉田 鋼太郎 )を偶然見かけ、

気が変わった様子。

『ねえお礼ついでにこちらで人間ドッグの予約しようかしら?』

 

須山は超VIP待遇、数日間入院して行う

最高ランクの人間ドッグを予約したのだった。

 

しかし須山が予約した日取りは国賓クラスの患者で手一杯の日で、

しかも素性のわからない須山が

最高ランクの特Sコースの人間ドッグの料金を支払う能力があるかもわからない・・・

『大門未知子!あなたが後見人として責任取りなさい!』

久保 東子(泉 ピン子)の指示通り、

未知子はしぶしぶ後見人となることになった。

 

後日。

西園寺が須山の病室に挨拶に訪れた。

『あら〜〜西園寺先生!奇遇ですね!

お久しぶりです〜〜』

未知子が知り合いなのかと尋ねると、

須山は昔西園寺に妻がいることを知らず交際していたことを明かす。

 

『どういうつもりだ・・・』

病室を出た西園寺は須山の真意がわからず激しく動揺する。

 

そして須山が西園寺の元愛人であったという事実は

医局中にすぐに知れ渡るところとなった。

 

未知子が問診すると、

須山は立ち仕事が多いため腰がたまに痛くなると漏らしたが、

あとはいたって体調は良いと答えた。

 

やがて須山の検査結果が出た。

何の気なしに血液検査結果を見た未知子は顔色を変え、

続いてエコー検査結果をチェックする。

『これって・・・・』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話ネタバレあらすじ&感想〜西園寺のミス〜

そんな須山の術前カンファレンスが始まった。

『なんだこれ?でかいな・・・』

須山の腹部には巨大な腫瘍があった。

 

この腫瘍の見解を求められた未知子。

『さっぱりわからん!切ってみないとわからない』

蛭間 重勝(西田敏行)は今回のオペが

国内初の臨床例になるかもしれないと

須山のオペを北野 亨(滝藤 賢一)に任せたいという意向。

 

南 幾子(草刈 民代)は須山の今回の入院には

なんらかの意図があると推測。

西園寺との件が絡んでいるに違いないというのだ。

 

『わたしが気になるのは腫瘍の正体よね・・・』

神原 晶(岸部 一徳)と城之内 博美(内田 有紀)も

その大きすぎる腫瘍の正体が気になって仕方がない様子。

 

同じことが気になる未知子は

北野の助手をかって出た。

 

そして須山のオペが始まる。

『なんだこら』

『嘘でしょ・・・ガーゼオーマ・・・』

 

ガーゼオーマとは体内のガーゼから生じた腫瘍。

つまり過去に手術で誰かが体内にガーゼを置き忘れたということだ。

『ということは医療ミス・・・』

皆の視線が20年前に須山の胃潰瘍の手術を行った西園寺に集中する。

 

『今すぐ閉じろ!!』

医療ミスの発覚を恐れた蛭間の指示により、

オペを続けようとする未知子はオペ室から力づくで連れ出されてしまった。

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る