IQ246 1話ネタバレあらすじ&感想 黒幕13(M)は監察医,森本!?2話の犯人の背後にもMの気配!?


織田裕二さん主演のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

代々長男にIQ246という高い知能が遺伝する貴族の家系・法門寺家。

現89代当主・法門寺沙羅駆(織田裕二)が

その人智を超えたIQ246という類稀なる知能で、

凡人には解決不能な難事件を鮮やかに解決していくという

万人に受け、まさに高視聴率ドラマの条件を満たしたドラマ、

『IQ246〜華麗なる事件簿〜』がいよいよスタートします!

 

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』の脚本を担当するのは

『安藤ロイド』『家族狩り』『大人女子』でおなじみの泉澤陽子氏ら。

 

脇を固めるキャスにも、

土屋太凰さん・ディーンフジオカさん・中谷美紀さん・寺島進さんと

主役級の超豪華メンバーが揃い、

日曜ドラマの新たな顔となる予感満載です!

 

古谷任三郎シリーズのように、

最初に犯人がわかっていてそこから完全犯罪をもくろむ犯人の

アリバイを崩していくという倒述形式で描かれていく本作、

主人公・法門寺沙羅駆と犯人の駆け引きや

完全犯罪を崩すほころび探しが楽しめそうです。

 

織田裕二さん主演のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第2話の展開も考えてみました!

 

※ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ネタバレの前にキャスト相関図をチェック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-13-44-48
出典:ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』HP

法門寺沙羅駆

(織田裕二) 

法門寺家現89代当主の貴族。

IQ246の天才で、自分の知能を試すことができる難解な事件を常に探している。

和藤奏子

(土屋太鳳)

沙羅駆が警察の捜査に

首をつっこむことを快く思っていない警視総監により、その身辺警護を任された。

賢正

(ディーン・フジオカ)

代々法門寺に支えてきた執事の家系出身で沙羅駆の執事。

主人に心からの忠誠を尽くし、文武両道の才能を持つ。

賢丈

(寺島進)

賢正の父で、沙羅駆の育ての親。

森本朋美

(中谷美紀)

法医学専門医・監察医で自分より死体に詳しい沙羅駆に心奪われる。

柳田文六

(篠井英介)

警視総監で賢丈の幼馴染。

過去に賢丈に女性を奪われた経験があることからライバル視している。

法門寺瞳

(新川優愛)

沙羅駆の異母兄弟の妹。

IQは普通だが根っからのお嬢様で、賢正に恋している。

 

演技力に定評がある役者さんでキャスティングされているため、

ドラマストーリーと合わせて、

個性的派揃いのキャラクターも楽しむことができそうですね!

 

それでは、ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話

ラストまでのネタバレあらすじ&感想、スタートです!

 

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ネタバレあらすじ&感想〜事件の始まり〜

北鎌倉の法門寺邸宅。

『あーー暇だ・・・』

暇を持て余している法門寺沙羅駆(織田裕二)のもとを

警視庁から来た和藤奏子(土屋太鳳)が訪れた。

 

執事の賢正(ディーン・フジオカ)に出会った奏子は

初めて見た執事に大興奮、カメラに収める。

 

『大変です!若様が消えました!』

そこへお手伝いが沙羅躯が消えたと駆け込んできたのだった。

 

沙羅躯は邸宅を抜け出した先で偶然事件に遭遇。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-14-27-35
出典:ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』HP

現場で捜査をする山田次郎(宮尾俊太郎)と

今市種子(真飛聖)の推理を覆し、

沙羅躯は被害者が美容形成外科であると推測。

 

また無防備な状態でアイスピックのような鋭利なもので

一突きされていることから、

犯人像を仲の良い外科医であると続けて推測した。

 

金を持たずに鎌倉からタクシーに乗ったことが原因で

署に連行された沙羅躯。

人間像を的確に推理し、当てられ、

慌てる山田と今市。

警視総監・柳田文六(篠井英介)の命により、

沙羅躯はすぐに釈放されたのだった。

 

帰宅した沙羅躯は奏子を見るや否や、

奏子の人間像をこれまた的確に推理。

『あの・・・一般常識を教えて差し上げた方が良いのでは?』

 

そういう奏子を賢正は一掃。

『若様の頭脳をそのようなくだらないことに使う必要はありません』

 

賢正によると、

沙羅躯は今までに2018点の発明品の特許を取り、

3600冊以上の著書があるという。

 

『・・・頭いいんですね』

あっけにとられる奏子。

 

その頃。

CMプランナー・早乙女 伸(石黒 賢)は

自身のゴーストライターで不倫相手である

部下の鈴木なつ実(広澤 草)に

独立したいという話を持ちかけられた。

『もうこういうのやめたいのよね。

あなたはいつまでたっても奥さんと別れないし』

 

好きにしろとなつ実と別れた早乙女は

スマホで『完全犯罪の方法,教えます』という画面を起動した。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ネタバレあらすじ&感想〜1つめの事件〜

監察医の森本朋美(中谷美紀)は被害者を検死し、

沙羅躯と全く同じ見立てをした。

 

山田と今市は顔を見合わせる。

『森本先生と全く同じことを言ってた人がいるので・・・』

『私より死体に詳しい人がいるんですか?!』

急に目を輝かせる朋美。

 

警視庁総監の柳田は今回沙羅躯が脱走したことで

釘を刺そうと賢正の父・賢丈(寺島進)に電話。

逆に賢丈から警視庁の護衛は何をしているのかと返されてしまった。

 

法門寺家に法門寺瞳(新川優愛)が訪れた。

瞳は法門寺家には代々IQ246という人知を超えた知能が遺伝することを

奏子に話して聞かせた。

 

沙羅躯のもとには桜庭 彬子(伊藤かずえ)が

雇っていた寿司職人の宮島が失踪した件で捜査を依頼しに来た。

 

賢正は気が乗らない沙羅躯に、何か人の喜ぶことをすれば、

賢丈も結婚を急かさないのではないかと提案。

 

賢丈に結婚をせっつかれることに辟易していた沙羅躯は

桜庭の依頼を受けることにした。

 

桜庭家に到着した沙羅躯と賢正。

2人は宮島の失踪について

桜庭家に出入りするすべてのお手伝いに話を聞いていく。

 

桜庭の人使いが荒かった、

いつか店を出したいと言っていた、

最近親族の遺産が手に入ったらしいなどの情報が集まった。

 

やがて厨房に来た沙羅躯。

宮島が貴重な天然石でできた100万円はする研ぎ石を

置いて行っていることから失踪はないこと、

大事な包丁の刃先が欠けていることから、

包丁を使っている最中に何者かによって命を奪われた可能性が高いことを推理。

 

退屈から逃れられると嬉々とする沙羅躯。

 

次に沙羅躯が話を聞いたのは

定期的に桜庭家に花を生けに来る草野キクエ(加藤貴子)。

 

沙羅躯があげた犯人になりうる人物は、

競馬中毒の秘書・扶養家族がたくさんいるらしいお手伝い、

経営資金に困っている花屋。

沙羅躯は3人のの金銭的な事情をすべて的確な推理で言い当てたのだ。

 

桜庭家にCMのプレゼンに行く早乙女は

その直前、なつ実を背後から襲い命を奪った。

 

すべてを終えた早乙女はある人物に電話した。

『予定通りだ。あとは頼む。

協力してくれるね・・・?』

ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る