砂の塔1話ネタバレあらすじ&感想 冒頭,弓子が我が子を!?2話で生方,亜紀に接近!全ては見られていた

apartment-block-933538_640

菅野美穂さん・松嶋菜々子さん主演のドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話の

ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

昨年夏に堺雅人さんとの間の第一子を出産された菅野美穂さん、

およそ2年ぶりの連続ドラマ出演となります。

 

主人公・亜紀(菅野美穂)が期待に胸膨らませ越してきたタワーマンションは

主婦たちの欲と嘘にまみれた砂の塔。

ママ友との関係に四苦八苦する亜紀を支えるのは

再会した体操コーチ・生方(岩田剛典)。

 

生方との関係が亜紀の中で秘密になっていく中、

連続幼児失踪事件、通称『ハーメルン事件』の黒い影が忍び寄ります。

 

そして亜紀にとって唯一心を許せる友人・弓子(松嶋菜々子)にも

誰も知らない秘密の顔があるようです・・・

 

ドロドロの人間模様にサスペンスがふんだん盛り込まれた

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第2話の展開について考えてみました!

 

※ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ラストまでのあらすじをまとめています。

完全にネタバレしますので、

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ネタバレあらすじの前にキャスト相関図をチェック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-12_13_28_28

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-13-29-23
出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

都内湾岸部、豊洲にそびえる数々のタワーマンション。

そのなかでもひときわ目を引くのが

漆黒のスカイグランドタワー豊洲です。

 

タワーマンションは一般的に高層階に行くほど分譲価格が高額であるため、

高層階に行くほど高所得世帯が住んでいるという分布図となっています。

 

そのことから、ここスカイグランドタワー豊洲では

上層階の人間がすべてにおいて優遇され、

低層階の人間を見下すというタワマンカースト的なものが存在しているのです。

 

今回はドラマ第1話ということで、

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』のキャスト相関図を

わかりやすく居住階別にまとめてみました!

 

スカイグランドタワー豊洲 住人紹介

阿相寛子 50階 最上階に住み、ママ友グループのトップに君臨するボスママ。

夫はイベント会社の社長。

息子を通わせている体操教室コーチの生方(岩田剛典)がお気に入り。

橋口梨乃 45階 ボスママ寛子の腰巾着で、

夫婦揃ってハーバード大學卒業であることを何よりの誇りとしている。

娘・成美(川津明日香)は亜紀の長男・和樹(佐野勇斗)と同じ高校。

柳汐里
38階 ハイブランドに身を包み、派手な格好がひときわ目を引く主婦。

寛子に取り入るのがうまい。

三浦篤子 32階 乳幼児がいるからとの理由で、

ママ友グループの面倒なイベントごとの幹事から逃げているが

寛子たちには逆らえない。

佐々木弓子 26階 夫は海外赴任中、子供なし、現在1人暮らししながら、

自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている。

寛子たちとは一線と引き、

凛とした強さと人当たりの良さを兼ね備えた謎多き美人。

高野亜紀 25階 ギリギリ高層階に浦安の団地から越してきた高校生と園児を持つ主婦。

実家は下町のクリーニング店で、

早くに父を亡くし、

その後借金まみれの母親に捨てられたという壮絶な過去を持っている。

尾野絢香 2階 低層階に住んでいることから、

寛子たちから常に下に見られている若い主婦。

夫が高所恐怖症だから低層階に住んでいるという負け惜しみが口癖。

超個性的な住人ぞろいです!

日々何不自由なく暮らしている風を装って、

それぞれが心の闇に伴う『嘘』を持ち合わせているところが特徴です。

 

その嘘がすべての不幸のきっかけになってしまうとは

まだ住人の誰も気づいていないようです・・・

 

それでは、ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじ&感想、スタートです!

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ネタバレあらすじ〜ドロドロの人間関係〜

風呂場に響くシャワーの音。

佐々木弓子(松島菜々子)が

風呂場中に広がった血痕を必死の形相で洗い流そうとしている。

 

湾岸部の河川敷で

連続幼児失踪事件の3人目の被害者の遺品が発見された。

園児のスモックには黄色いカーネーションが添えられていた。

 

豊洲にそびえるタワーマンション、スカイグランドタワー豊洲に

高野亜紀(菅野美穂)ら親子が引っ越してきた。

 

キッズスペース、ライブラリー、

最上階のカフェ兼ラウンジ・・・

豪華な共有部をコンシェルジュに案内された高野家は大はしゃぎ。

 

マンション内はいたるところに小型カメラが設置され、

外出先からスマホで室内の子供を見守ることができる。

 

ごく平均的な収入の高野家がタワーマンションに越してこられたわけは

急ぎで現金を必要としていた売主だったため、

相場より1500万円も安く購入できたから。

 

翌朝。

亜紀が娘・高野そら(稲垣来泉)を連れ、

階下の登園バス発着所に降りた。

 

そこで出会ったのが阿相寛子(横山めぐみ)ら

華やかに着飾った高層階の主婦たち。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-11-45-41
出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

 

『要するに何階に住んでるかがあなたの名刺ってわけ。

うまくやったほうがいいよ。

ママが嫌われると子供も友達ができないからね』

45階に住んでいる橋口梨乃(堀内敬子)が亜紀にそっと囁いた。

 

警視庁捜査一課特殊捜査班では連続幼児失踪事件の捜査が進んでいた。

ネット上では、一連の事件のことは

笛吹きの男が子供達を連れ去ったグリム童話になぞらえて

『ハーメルン事件』と呼ばれ始めていた。

 

亜紀はロビーで両手いっぱいに花束を抱えた弓子と知り合いになった。

自宅でフラワーアレンジメント教室を主宰していると語る弓子は

ここに越してきたばかりだという。

亜紀は弓子に親近感を持った。

 

キッズルームではマンション恒例イベントの

ハロウィンの仮装パーティーの話で持ちきり。

 

『こんにちは〜』

宅配業者の若い男性が現れ、どよめく主婦たち。

腕の筋肉がたくましいその男性は『二の腕くん』という名前で

主婦たちの間で呼ばれ、

目の保養となっているようだった。

 

買い物帰りの亜紀は宅配業者の男性と

2階に住む尾野絢香(ホラン千秋)がいちゃついている様子を

偶然目撃してしまった。

『あ!ゆうたくんのママだ!』

そらが叫んだため、彩香は自分の不倫が

亜紀にばれてしまったことを知った。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ネタバレあらすじ〜事件の動機は断罪!?〜

食品会社のケータリング部門で働く高野健一(田中直樹)。

業績が振るわないくせにタワーマンションを買ったことで

健一は上司の猪瀬伸二(木村祐一)に嫌味を言われてしまう。

 

翌日のランチ会。

彩香は亜紀に昨日目撃したことを口外しないよう

有無を言わせぬ迫力で迫ってきた。

 

ランチ会は主婦の自慢大会。

梨乃は夫婦揃ってハーバード卒、

彩香は大学のミスコンで優勝、

寛子は都知事に表彰された経験があるらしい。

 

そこへ弓子が遅れて到着した。

弓子がN.Y育ちである話が出たことから

話題の矛先は亜紀へ・・・

 

『亜紀さんお生まれは?』

亜紀が口ごもっていると

フロントに母親の三田久美子(烏丸せつこ)が来ていた。

 

タワーマンションの重厚なロビーの雰囲気にそぐわない

久美子の下品で派手な格好に亜紀は誰かに見られないかとヒヤヒヤ。

 

『私はあんたの母親なんだよ?』

『こんなときだけ母親づらしないでよ!!』

亜紀は久美子に金を渡すともう2度とこないよう伝えた。

 

3人目の被害者の子供の母親が

子供が連れ去られた当時、

他の男と浮気していたことが明るみに出た。

 

2人目の子供が失踪したとき、

母親はパチンコに行っていた。

 

1人目の子供はネグレクト。

 

『偶然じゃないかもしれないぞ。

黄色いカーネーションの花言葉は軽蔑。

これは軽蔑すべき母親への断罪かもしれない』

警視庁捜査一課特殊捜査班の荒又英実(光石研)は

部下の津久井琢己(上杉柊平)につぶやいた。
 

真上の部屋に挨拶に向かった亜紀とそら。

ドアを開けたのは弓子だった。

 

夫が海外赴任中で1人暮らしだと語る弓子。

やがて話題はハーメルン事件へ。

『大丈夫よ、母親がちゃんと見守って、

ちゃんと子育てしていれば』

弓子は亜紀を見据えて微笑んだ。

 

寛子たちが子供を通わせている体操教室に見学に来た亜紀とそら。

『コーチが教えるのうまくてね。生方コーチ』

亜紀は体操教室コーチ・生方航平(岩田剛典)の顔を見るや否や、

用事を思い出したと体操教室から出て行った。

 

そんな亜紀を生方が追いかけてきた。

『もしかして、蒲田クリーニングの亜紀さんですか?!

お久しぶりです。隣に住んでいた生方です。』
 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』第1話ネタバレあらすじ、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る