砂の塔 原作ネタバレあらすじを結末まで!犯人は弓子ではなく未成年!?意外な”あの人”の可能性!

apartment-block-933538_640

菅野美穂さん・松嶋菜々子さん出演の

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』上巻結末までの

ネタバレあらすじをまとめてみました!

 

きらびやかなタワーマンションでの生活に胸膨らませながら

転居してきた主人公・亜紀(菅野美穂)。

しかしそんな憧れのタワーマンションは

主婦たちの虚栄でかたどられた砂の塔・・・

 

嘘にまみれた砂の塔の住人に戸惑う主人公・亜紀、

しかしそんな亜紀にも人には絶対に言えない秘密があって・・・

そんな砂の塔の住人を戒めるように、

不可解な連続幼児失踪事件が起き始めます。

 

4年ぶりの連続ドラマ出演となる

菅野美穂さん×松嶋菜々子さんという超豪華キャストで、

いよいよスタートするドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』。

 

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』の原作的な位置づけとなるのが、

池田奈津子氏著のドラマオリジナル脚本『砂の塔』です。

 

今回はドラマ放送に先駆けて発売されたばかりの

ドラマオリジナル脚本『砂の塔』上巻の結末までのネタバレあらすじをご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

『砂の塔〜知りすぎた隣人』下巻(ドラマ第5話〜)犯人徹底考察はこちら

apartment-block-933538_640

砂の塔ネタバレ考察 犯人は息子,和樹ではなく生方航平=”元”隣人!?

弓子とは共犯?亜紀を試す悪人の可能性も!
 

ドラマ原作『砂の塔〜知りすぎた隣人』ネタバレの前にキャスト相関図をチェック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-12_13_28_28
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-13-29-23

出典:ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』HP

ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』の舞台は豊洲にそびえる

50階建ての高層マンション『スカイグランドタワー豊洲』。

 

スカイグランドタワー豊洲は

高層階に行くにつれ分譲価格が高額であることから

自然と高層階に行くにつれ高所得世帯が入居しているという傾向があります。

 

よって、高層階の人間が何においても優遇され、

低層階の人間よりも立場的にも上という

暗黙の了解が存在するわけです。

 

そんなスカイグランドタワー豊洲のちょうど中間に引っ越してきたのが、

主人公・亜紀(菅野美穂)。

 

ここでは最上階に住む寛子(横山めぐみ)がボスママとなり、すべてを仕切っています。

そんな寛子の手下となっているのが

45階の梨乃(堀内敬子)と38階の汐里(音月桂)。

 

『赤ちゃんがいるから・・・』という理由で

そんな寛子グループと一線を引きたがっているのが

32階の篤子(佐藤乃莉)。

 

そして低層階の住人である2階の絢香(ホラン千秋)は

高層階の住人たちにひどいコンプレックスを持っています。

 

間に挟まれ苦悩する亜紀は

自分の一つ上の26階に住む気さくな弓子(松嶋菜々子)に心を開きますが、

やがてそんな砂の塔の住人たちに

連続幼児失踪事件の黒い影が忍び寄ってきます・・・

 

連続幼児失踪事件の犯人の正体、動機、

平凡な主婦・亜紀の秘密とは果たして・・・!?

 

ドラマオリジナル脚本『砂の塔』上巻の結末までのネタバレあらすじ、

スタートです!

 

ドラマ原作『砂の塔〜知りすぎた隣人』ネタバレあらすじ〜憧れの生活〜

風呂場に響くシャワーの音。

1人の女性が髪振り乱しながら

血痕がついたタイルを一心不乱に洗っている。

 

脱衣所には同じく赤い染みがついた子供服が散らばっていた。

 

その頃。

河川敷で行方不明になっていた幼児が冷たくなった姿で発見された。

『・・・これで3人目か』

 

今回も前の2件と同じように

被害者の衣服が人形に広げられ

黄色いカーネーションの花が残されていることから、

この3件の事件は同一犯とみて間違いなさそうだった。

 

犯人から金銭などの要求が一切ないことから、

この事件は1人の男が大勢の子供連れ消えてしまった

グリム童話の『ハーメルンの笛吹き』になぞらえて、

『ハーメルン事件』として周知され始めていた。

 

現場から川を挟んだ対岸の豊洲に屹立する漆黒のタワーマンション、

スカイグランドタワー豊洲に高野亜紀(菅野美穂)が

夫の高野健一(田中直樹)、

長男で高校生の高野和樹(佐野勇斗)、

長女で幼稚園児の高野そら(稲垣来泉)と共に引っ越してきた。

 

一流ホテルのようなきらびやかなマンションエントランスに大興奮の高野家。

 

マンションのエレベーターは24階までの低層階用、

25階からの高層階用に分かれており、

マンション共用部にはキッズルームやジム、図書館、

そして最上部にはカフェ兼バーとしても使える都内が一望できるラウンジがあった。

 

またマンションは外部の人間が入れないよう

厳重なセキュエイティによって守られており、

各戸に小型カメラが設置され

パスワードを入力すれば

外から部屋の内部の様子を見守ることができる機能が付いていた。

 

『まさかこんところに住めるなんて・・・』

亜紀たちはもともと浦安の団地住まい。

健一の年収も決して高額なものではない。

 

そんな高野家がスカイグランドタワーに住めるようになった理由は、

たまたま売主が急ぎで現金が必要だったため

中古で相場から1500万円も値引きされたというものだった。

 

食品会社のケータリング部門に勤めている健一は

その押しの弱さから営業成績も振るわず、

不相応なタワーマンション物件を35年ローンで購入したことが

のちのち大きなプレッシャーとなっていく・・・
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ原作『砂の塔〜知りすぎた隣人』ネタバレあらすじ〜亜紀の秘密〜

その翌朝。

そらの登園のため、亜紀はマンション下のバス停まで降りた。

 

そらが通うしずく幼稚園のバス停の隣には

栄西幼稚園のバス停が・・・

 

そこで出会ったのが、

子供を栄西幼稚園に通わせる

最上階の50階に住む阿相寛子(横山めぐみ)、

45階の橋口梨乃(堀内敬子)と38階の柳汐里(音月桂)、

そして2階の尾野絢香(ホラン千秋)だった。

 

ハイブランドに身を包んだ寛子・梨乃・汐里。

一方、量販店のTシャツにジーンズという出で立ちの亜紀・・・

 

思い切って挨拶した亜紀は、

マンションの顔であるロビーで

昨日のような大声を出しはしゃぐ行為は慎むべきだと

寛子から釘を刺されてしまう。

 

やがて絢香が忘れ物を取りにその場からいなくなると、

寛子たちは低層階に住む絢香をバカにし始めるのだった。

 

そんな寛子たちに気後れしていた亜紀に友人ができる。

その友人の名前は佐々木弓子(松島菜々子)。

夫は海外赴任中で子供はいない。

亜紀の一つ上の階・26階に1人で住み、

自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている弓子は

両手いっぱいの花束を抱えていることが多かった。

 

寛子たちとは違い、生まれながらの品の良さが滲み、

人柄も気さく。

亜紀はすぐに弓子に心を開いたのだった。

 

亜紀は2階の絢香のある秘密を目撃してしまうことになる。

それがマンションに出入りしている宅配業者の若い男性との不倫。

絢香はすかさず亜紀に口止めし、

亜紀はうなづくしかなかったのだった。

 

そしてそんな亜紀にもある悩みが・・・

それが母親・三田久美子(烏丸せつこ)のことだった。

 

亜紀の母親・久美子は借金取り立てから逃げるため、

父親の死後、男と一緒に亜紀を残し失踪した。

久美子の借金癖は治っておらず、

今でも亜紀に度々金をせびりにやってくるのだ。

 

しかし、その様子は知らないうちに

弓子から見られていた。

 

亜紀はそんな母親が寛子たちをはじめとするマンションの住人にバレなないかと

内心ヒヤヒヤしていたのだった。

 

その頃。

連続幼児失踪事件について新事実が発覚していた。

 

1人目の被害者の子供はネグレクト、

2人目の子供は母親がギャンブル依存、

そして3人目の子供の母親は不倫していたことが明るみに出たのだ。

 

『天罰って言ったら不謹慎ですが、

あんなお母さんじゃかわいそうですね・・・』
 

ドラマ原作『砂の塔〜知りすぎた隣人』ネタバレあらすじ、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る