逃げるは恥だが役に立つ1話ネタバレ&感想 みくり主婦に再就職!2話で初夜に葛藤!?早速露呈の危機!

bridal-636018_640-2

新垣結衣さん・星野源さん出演の

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

大学院まで卒業するも内定がもらえない主人公が、

彼女いない歴=年齢の35歳独身男性の契約妻として就職するという

ユニークな設定のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

 

ドラマの原作は、

海野つなみ氏著の人気コミック『逃げるは恥だが役に立つ』です。

同コミックは現在も月刊『kiss』で連載中ということで、

ドラマオリジナルの結末を迎える可能性大!

そんな部分にも注目が集まっています。

 

原作が人気コミックという要素に加え、

主役を務めるのが新垣結衣さん×星野源さんということで、

お2人がどんな恋模様をつむいでいくのかという点にも期待が高まっています!

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

ドラマ第2話の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

コミックの展開も交えますので、

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話・原作コミックがまだ・・・

という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ネタバレあらすじの前にキャスト相関図をチェック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-11_11_36_50
出典:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

主役の新垣結衣さん、星野源さんの他に

ヒロインみくりの叔母・百合として石田ゆり子さんが起用。

 

そしてみくり(新垣結衣)×津崎平匡(星野源)との三角関係も予想される

津崎の後輩の超ハイスペックイケメン役に大谷亮平さんがキャスティングされています。

 

大谷亮平さんは韓国で俳優活動をされてきた俳優さんで、

国内では2016年春に活動を始めたばかり。

『第2のディーンフジオカ』として期待されているのだとか。

 

今回のドラマ『逃げ恥』出演で、

朝ドラで火がついたディーンフジオカさんの後に続けるのか、

注目していきたいところですね。

 

 

ドラマ『逃げ恥』ではみくりと津崎の恋模様と合わせて、

百合と風見の大人の微妙な関係にもスポットが当たります。

そちらの方も合わせて楽しみにしていきたいと思います。

 

それでは、

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ラストまでのネタバレ&感想、

スタートです!

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ネタバレ&感想〜みくりの新しい仕事〜

森山みくり(新垣結衣)、25歳。

大学在学中の就職活動がうまく行かず、

大学院に進学し、卒業後、臨床心理士の資格を取得。

 

再び就職活動に挑むも、全滅・・・

みくりは派遣の仕事に就いた。

 

はじめこそは『なぜ自分が』感が否めなかったが

今は日々充実した日々を送っている・・・はずだった。

 

しかし突如上司に呼び出されたみくりは

あえなく契約終了を言い渡され、無職の身となってしまったのだった。

 

『いいな〜百合ちゃんは。バリバリ働ける職場があって・・・』

みくりは叔母で外資系化粧品会社ゴダールジャパンで働く

土屋百合(石田ゆり子)に愚痴を漏らす。

 

『でね、僕の知り合いの津崎さんがね・・・』

帰宅したみくりに、

父親の森山栃男(宇梶剛士)が話を切り出した。

 

仕事が忙しく家事の一切を家事代行サービスに任せていた

知り合いの津崎平匡(星野源)が、

業者に不満があり、この度代わりの人間を探しているのだという。

 

『それで津崎さんのお宅にみくりを派遣することになった!』

突然の話に戸惑うみくりだったが、

時給2000円という高額報酬につられ、

津崎宅を訪れた。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-11-17-55
出典:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

『家事代行します森山みくりです!』

前の業者の仕事ぶりに対する愚痴をみくりに話す津崎は

神経質そのもの。

 

みくりの仕事ぶりを見て、本採用にしたいと津崎は言い、

不採用の場合二度と会わずにすむようにと

前払いで給料を支払い、仕事に出かけて行った。

 

部下の堀内柚(山賀琴子)・梅原ナツキ(成田凌)と

ランチミーティング中の百合の耳に

隣の席で言い争う男女の声が入ってきた。

 

『それじゃあ風見さんは私と結婚する気がないってことですか?!』

『うーーん、結婚に何のメリットがあるのかな?

君はなくても困らないものをわざわざ買う?』

 

その男性は津崎の部下の風見涼太(大谷亮平)。

風見は彼女を1人店に残し、颯爽と出て行く。

そんな風見の様子にポカンとする百合たちだった。

 

一方、津崎宅で家事代行の仕事をこなすみくりは

ベランダから偶然見えた子連れ夫婦にぼんやり物思いにふける。

(いっそ結婚という永久就職をしたら、

この就職スパイラルから抜け出せるだろうか・・・)

 

津崎宅の家事代行を済ませたみくりは百合宅へ。

 

百合は49歳独身、恋愛経験は0。

この歳まで未婚よりも

バツイチの方が生きやすいことに気づいたと言う百合は、

こんなことなら1回くらい結婚しておけばよかったとみくりに愚痴を漏らす。

 

そこへ津崎から本採用のメールがみくりに届いた。

『やった〜〜!仕事ができる〜〜!』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ネタバレ&感想〜いっそ結婚しませんか!?〜

早速翌日から津崎宅に通い始めたみくり。

 

『今日は簡単に掃除と洗濯をお願いします』

『先週これ買えなかったので買い物をお願いします』

津崎から当てられた指示のもと、

着実に家事をこなしていくみくり。

 

しかしこれは週に一度、

月収に換算すると24000円に過ぎない。

それでもみくりが手を抜かないのは、

任された仕事は一生懸命やり通す真面目な性格の故。

 

帰宅したみくりは父親から思いもよらない一言を聞かされることになる。

『契約してきた!千葉の館山の古民家。

今月いっぱいでここ引き払うことにした!』

 

定年退職後、田舎暮らしをしたいというのが両親のかねてからの希望。

引っ越したくないみくりだったが、

なにぶん経済力がないため

みくりには1人暮らしするという選択肢はなかったのだった。

 

津崎宅を訪れたみくりは津崎に転居の件を切り出し、

家の事情なら仕方ないという津崎。

『網戸掃除しましたよね?』

カーテンを開けた際に部屋の中が明るくなって気持ちがよかった語る津崎。

 

『出来ることならずっと続けて欲しかったです』

『私も!いっそ住み込みで働きたいです!』

『さすがに嫁入り前の女性を住み込みというわけには・・・』

『ならいっそ結婚しませんか!?』
 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第1話ネタバレ&感想、

次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る