はじめまして愛しています最終回ネタバレ&感想 ハジメの父は実母の実父!!衝撃の秘密乗り越え,本当の家族へ


ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました。

 

自身が経営している病院の跡取りを必要としている

ハジメ(横山歩)の実の祖母・黒川月子(富田靖子)に

半ば連れ去られるようにハジメを奪われた美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)。

 

自分たちの方がハジメの養育するのに適していると、

家庭裁判所に監護者指定を申し立てますが

堂本真知(余喜美子)の予想通り

美奈たちの申し立ては却下されてしまいます。

 

諦めない美奈たちは高等裁判所へ上訴、

今回の一件で親の子への思い、家族の大切さが身にしみた美奈と伸次は

今まで見ないふりをしていた自分たちの家族の問題に

積極的に関わろうとしていきます。

 

そして、最終回でハジメの産みの母親・黒川泉(志田未来)が遺書を残し、失踪。

もしかすると、ハジメへの虐待は連鎖なのかもしれません。

 

泉によるハジメへの虐待の原因が

かつて泉が家族から受けた虐待ならば、

泉側の家族に問題があるとして美奈と伸次のハジメの養育権取得に希望の光が見えますね!

 

最終的にハジメの親となるのは誰なのか?、

そして泉の口から明かされるハジメへの虐待の理由とは?、

果たして・・・?!

 

江口洋介さん・尾野真千子さん出演の

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ラストまでの

ネタバレと感想、最終回までの総評についてまとめてみました!

 

※ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ラストまでの

ネタバレと感想をまとめています。

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回がまだ・・・という方はご注意ください
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレ&感想〜それぞれの雪解け〜

家裁への看護者指定の申し立ては絶望的だという

堂本真知(余喜美子)のアドバイスを聞かず、

ハジメ(横山歩)と再び暮らすことを諦めない

梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)。

 

信次は母親を許し、

泣き崩れる母に自分の思いを伝える。

『母さん、愛してます』

 

そこにやってきた不破春代(坂井真紀)が2人目の妊娠を、

梅田巧(速水もこみち)が仕事が見つかった旨を報告し、

家族が優しい雰囲気に包まれた。

 

美奈は父親の追川真美(藤竜也)のもとを訪れた。

 

『もう年だとか才能が尽き果てただとかウジウジしてないで、

今の自分にしかできない演奏しに行ったら?

今まで言えなかったけど、私はお父さんの音楽が大好きです。

お父さん、愛しています』

追川は号泣。

世界で一番そう言って欲しい人に言ってもらえたんだからと、

死ぬまで指揮者として頑張ることを宣言した。

 

堂本に訴えを棄却されたとの報告を受けた美奈と信次。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-11-28-50
出典:ドラマ『はじめまして、愛しています』HP

 

美奈たちは迷わず控訴することを選び、

次回ハジメのもとに行く際に渡して欲しいと、

ハジメの実母・黒川泉(志田未来)宛の手紙を託した。

 

ハジメのもとを訪れた堂本。

『今日お母様は?普段光(ハジメ)くんとどう関わっているのですか?』

仲良くしていると語る月子の言葉とは裏腹に、

ハジメはまだ一言も月子と話せていなかったのだった。

 

泉の部屋を訪れた堂本とハジメ。

『泉さん、光くんと話せていないそうですが、どういうことですか?

光くんに何か言葉をかけてあげてください。

それが無理なら1日1回だけでも抱きしめてあげてくれませんか?』

泉は部屋から出て行った。

 

後日、泉に受け取ってもらえなかった手紙を美奈に返した。

また虐待されているのではと心配する美奈。

 

そこに月子から堂本に連絡が入った。

 

『お母さんが死なせて欲しいと遺書を残して

いなくなったんです』

 

帰宅した美奈は信次に自分たちも月子を探し、

ハジメと向き合えるよう手助けしようと提案。

月子が東京行きの新幹線に乗ったことはわかっていた。

 

美奈は堂本から、

かつて月子がとある海岸で入水自殺をしようとしたという情報を手に入れ、

信次と2人その海岸に向かった。

 

美奈たちが海岸に駆けつけると、

そこには海へ入っていく泉の姿が・・・

『泉さん!!なんでそんなことするの?!あなた母親でしょ?

死んじゃダメ!!』

 

泉を追い、海に駆け込む美奈の脳裏に

かつて自分を1人砂浜に残し入水自殺した母親の姿が蘇った。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレ&感想〜美奈の手紙〜

泉は診療所のベッドで目を覚ました。

『なんで助けたの?』

『もう1人で苦しみか抱えるのやめたら?』

 

美奈はハジメと接して、

この世になんの理由もなく子供に虐待を与える親はいないことがわかったと

泉からハジメを虐待した理由について聞き出そうとする。

 

泉が何か話し出そうとした時、

月子がやってきた。

『あとはこちらでやりますから』

美奈と信次を追い返そうとする月子を泉が制した。

 

美奈と信次は泉と月子を自宅に招き、

美奈と泉2人きりでの話し合いが開かれた。

この間、堂本に託すも受けとってもらえなかった手紙を読みだした。

 

ハジメが初めて美奈たちの家に来ることになったきっかけがピアノだったこと、

心を閉ざしていたハジメが初めてドレミの歌を弾いてくれた時

この子の親になりたいと決意したこと、

それから始まった試し行動、出産ごっこを経てハジメが初めて泣いてくれたこと、

今までハジメの子育てで悩んできたが、

ハジメがくれた奇跡の数々を読み上げる。

 

『ハジメは本当にいい子です。

私たち夫婦はこれからハジメが健やかに成長するためには

どんなことでも引き受ける覚悟です。

だから、ハジメを私たちに育てさせてもらえないでしょうか?

どうか、どうかお願いします』

 

美奈が手紙を読み終わり、泉に差し出すが、

泉は受け取らないず、心を閉ざしたまま。

(どうしたらこの人の心を開けるの?

ハジメ、どうしたらいいの?)

 

迷った挙句、美奈は静かにピアノを弾き出す。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-11-28-56
出典:ドラマ『はじめまして、愛しています』HP

すると、泉がおもむろに立ち上がった。
 

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレ&感想、

次ページで結末を迎えます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る