そして誰もいなくなった2話ネタバレ&感想 ガキの使いは小山内!?3話ではるかと小山内の利害が一致!?新一ますます窮地に


藤原竜也さん主演のドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

『パーソナルナンバー』で管理された社会で乗っ取りに遭い、

自分自身が何者であるかを証明する術をなくしてしまった新一(藤原竜也)。

 

乗っ取りの犯人・川野瀬猛( 遠藤要 )はただのチンピラ、つまり捨て駒で、

その裏には新一の大学時代からの友人である

総務省職員・小山内保(玉山鉄二 )の影があることが第1話ラストで発覚しました。

 

新一のパーソナルナンバー乗っ取りには、

人と人とのつながりを失くして社会を平和にするという壮大な計画があり、

犯人として登場した小山内の背後に巨大な組織の存在の予感も・・・

 

なぜ新一のパーソナルナンバーが平和な社会の創造に必要なのか、

小山内の真意、黒幕の存在の可能性、

新一の母・万紀子(黒木瞳)やはるか(ミムラ)の事件への関係性、

バーKINGの謎の男・馬場(小市慢太郎 )が何者なのか、などなど、

とにかく謎だらけだったドラマ『そして、誰もいなくなった』第1話。

 

原作なし・ネタバレなしのドラマ『そして、誰もいなくなった』ですが、

最終回まで1話たりとも見逃せないドラマであることは間違いないですね!

 

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第3話以降の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめています。

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話がまだの方はご注意ください
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ネタバレ&感想〜小山内の企み〜

7日前。

ミスイレイズへのログイン履歴や

新一がひそかに開発段階で仕込んでいた裏ログを

田嶋達生(ヒロミ )に確認してもらおうとした藤堂新一(藤原竜也 )。

PC操作に疎い田嶋の裏ログが出てこないという電話を受け、

誰もいなくなった会社に新一は向かった。

 

しかし裏ログ自体が全消去されていた・・・

新一が裏ログにアクセスしたことを確認したように社の電話が鳴った。

『ガキの使いです』

ガキの使いと名乗る男は誰かと新一の単なる橋渡し役だと語る。

 

ガキの使いはクイズだと言い、番号をメモするように指示。

『030,122、087、514』

新一は番号をメモしながら、

ガキの使いの声がどこかで聞いたことのある声であると感じていた。

 

そこへ、五木啓太(志尊淳)が戻ってきて、

かかってきた電話に出た。

『途中で切るなよ、バーカ。最後は00だからな』

 

デスクの下で番号を聞いた新一はそのまま五木の話を聞く。

五木は偽新一である川野瀬猛( 遠藤要 )の弁護士事務所で友人が働いていること、

川野瀬の背後で高額な弁護料を積んでいる第3者の気配があることを

五木は田嶋に語った。

 

6日前。

自宅に戻った新一は婚姻届を書き終えた。

倉元早苗(二階堂ふみ )に

昼休み中に結婚式のドレスを選ぶのに付き合ってほしいと頼まれる。

 

『例の件はどうなってる?安全最優先で頼むぞ。

あいつらの青ざめた顔が楽しみだ』

スクリーンショット 2016-07-24 12.54.19
出典:ドラマ『そして、誰もいなくなった』HP

総務省に勤める小山内保(玉山鉄二 )は上司の寺前に囁かれた。

 

新一は川野瀬の弁護士を勤める西条信司( 鶴見辰吾 )が所属する法律事務所へ。

長い待ち時間ののち、

新一は西条のオフィスに案内された。

 

新一は西条が自分のパーソナルナンバーを乗っ取った人物の弁護をしていると告げる。

しかし西条は守秘義務を貫き、

新一の話には一切耳を貸さない。

『株式会社L・E・Dはずいぶん頭の悪い人物を雇うようになったようですね』

 

新一が会社名を明かしていないにもかかわらず、

西条が知っていたことから、新一は西条が全てを知っていることに気づいた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ネタバレ&感想〜暗号の意味〜

西条は自分を味方につけたいなら、自分を雇うよう新一に忠告し、

川野瀬のバックが積んだ多額の弁護料以上の金銭を暗に要求した。

 

その後、新一は公園で1人西条の真意について考えていた。

新一はガキの使いがよこした番号のメモを取り出した。

『やっぱりこれを解くしかないか・・・』

 

早苗と落ち合った新一は渡された結婚式場の

パンフレットに書かれていた電話番号をヒントに、

ガキの使いからの番号が電話番号で、

末尾の140は時間であることに気づいた。

スクリーンショット 2016-07-24 12.54.12
出典:ドラマ『そして、誰もいなくなった』HP

 

仕事があると新一が帰った後、

ドレス店で働く早苗の友人が早苗に尋ねた。

『あのことは聞いたの?』

 

新一がガキの使いが告げた番号の動物園に14時に訪れると、

そこには母親の藤堂万紀子(黒木瞳)と小山内が・・・

 

小山内の話によると、

新一が母を動物園に誘い、偶然知った小山内が同行したらしい。

(俺は電話していない・・・母さんまで巻き込むわけにはいかない)

 

小山内は新一が遭っている乗っ取りの助けになるかもしれないと

自分の上司と会ってみないかと新一に持ちかけ、新一は受けた。

 

『今夜キングで新一と待ち合わせ。以上』

去っていく小山内は背広の内ポケットに忍ばせてあるらしいレコーダーに向かって喋りかけた。

 

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第2話ネタバレ&感想、次ページに続きます!

 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る