時をかける少女ドラマネタバレ結末が切なすぎて号泣!?最終回はドラマオリジナル,ハッピーな結末に期待!!

Pocket

黒島結菜さん×菊池風磨さん出演のドラマ『時をかける少女』の

結末までのネタバレにスポットを当ててみました!

 

2016年7月スタートのドラマ『時をかける少女』の原作は

筒井康隆氏著の小説『時をかける少女』。

 

1967年に小説『時をかける少女』発刊以来、

ドラマ化・映画化・舞台化などなど数々の原作となってきました。

 

そして2016年、

再びドラマ『時をかける少女』としてドラマ化されます!

 

2016年ドラマ版では、小説『時をかける少女』を原作としながらも、

新しい描写の試みがあるということで、

原作小説『時をかける少女』の切ない結末とは一味違った最終回に期待できそうです!

 

黒島結菜さん×菊池風磨さん出演のドラマ『時をかける少女』の

結末までのネタバレを、

原作小説『時をかける少女』や

アニメ映画『時をかける少女』のネタバレを交えながらご紹介します!

 

※原作小説『時をかける少女』や

アニメ映画『時をかける少女』の結末のネタバレをもとに、

2016年ドラマ版『時をかける少女』の結末ネタバレについてまとめています。

ご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

2016年ドラマ版『時をかける少女』キャストと原作・アニメ映画の違いをネタバレ!

これまでにドラマ化・映画化された『時をかける少女』のなかでも、

多くの方に知られているのは

細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』かもしれませんね。

 

実はこの細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』は

原作小説『時をかける少女』の20年後という設定で

同じような結末にたどり着きますがストーリー的には異なる部分も多い作品でした。

 

詳細ネタバレについては後ほど触れていきますが、

まずは2016年版ドラマ『時をかける少女』のキャスト相関図をご紹介します!

スクリーンショット 2016-07-09 13.20.32

出典:ドラマ『時をかける少女』

原作小説やアニメ映画『時をかける少女』にないキャスティングとして目立つのが、

深町翔平(菊池風磨)ことケン・ソゴルの未来人とは別の、

もう1人未来からやってきた未来人であるゾーイ(吉本実憂)の存在。

 

ちなみにこの設定は2016年ドラマ版『時をかける少女』オリジナルの設定です。

 

そして、もう一点きになるのが、

主人公たちのたまり場お好み焼きや『りぼん』の店主・三浦浩(高橋克実)の存在。

 

三浦が『結婚していないのにはある理由が・・・』とありますが、

おそらく三浦もケン・ソゴルと同じく未来人で、

現代に戸籍が存在しないため、

入籍できないという状況なのではないかと推測しました!

 

以上を踏まえて、

原作小説『時をかける少女』アニメ映画『時をかける少女』の

結末までのネタバレをご紹介し、

総合的に2016年版ドラマ『時をかける少女』の結末を考えてみたいと思います!
 

 

原作小説『時をかける少女』の結末までのネタバレ

原作小説『時をかける少女』の登場人物

芳山和子

主人公の少女。

ひょんなことから時空を行き来するタイムリープの力を手にする。

 

深町一夫

1ヶ月前に現代にやってきた未来人。

周囲の記憶を操作し、昔からそばにいたような催眠術をかけている。

 

浅倉吾朗

和子・一夫のクラスメイトで親友。

 

福島先生

和子たちの担任で理科の教師。

 

原作小説『時をかける少女』のタイムリープの方法と目的

一夫は未来に戻るため製作中だった薬品のラベンダーの香りを嗅いで、

気を失ったあと和子はタイムリープの力を手に入れた。

 

一夫は2660年の未来から来た人物で、

その目的は未来で絶滅したラベンダーの採取。

 

原作小説『時をかける少女』の結末〜起〜

クラスメイトの深町一夫、浅倉吾朗とともに

理科室の掃除をしていた芳山和子は、

理科室で物音に気づき確認しようとした瞬間ラベンダーの香りを嗅ぎ、

その直後に気を失う。

 

何事もなかったという一夫の言葉を不審に思いながらも、

いつもと変わらない日常に戻ったかのように思えた和子。

しかし、和子はタイムリープの力を手に入れており、

和子の周囲で様々な変化が現れだしたのだった。

 

原作小説『時をかける少女』の結末〜承〜

理科室での一件があった3日後の夜。

突然起こった地震により、吾朗の隣家が火事になった。

 

そして、その翌日。

和子は吾朗と一緒のところを交通事故に巻き込まれてしまう・・・

絶体絶命かと思われた一瞬、

気がつけば和子は地震が起きる以前の過去にタイムリープしていた。

 

自分の身に起こったことを一夫と吾朗に説明する和子。

やがて、深夜に地震が起き、吾朗の家の隣家が火事になったことで、

周囲は和子の話を実際に起こった話として受け入れた。

 

和子たちは担任で理科の教師である福島先生に事情を話すと、

先生は和子に起こった現象がタイムリープであること、

真相を解き明かすためには

4日前の理科室にいた人物を突き止めることが重要であると助言した。

 

原作小説『時をかける少女』の結末〜転〜

自分の意思で自由に時を行き来できるようになった和子は

4日前の理科室に戻り、その場にいた人物と対面する。

 

理科室で薬品を作っていたのは一夫だった。

一夫は西暦2660年からタイムリープの力をつかって現代にやってきた未来人で、

本名をケン・ソゴルと名乗った。

 

西暦2660年に絶滅したラベンダーを採取するため

一夫が現代にやってきたのはほんの1ヶ月前。

一夫は周囲の人物の記憶を操作することで、和子たちのなかに入り込んだことを明かす。

 

そして同時にタイムリープのことについて知られた以上、

和子たちの記憶を消さなければならないと伝えた。

 

原作小説『時をかける少女』の結末〜結〜

やがて、薬品が完成し、一夫は未来に戻っていった。

一緒にいる1ヶ月のうちに和子に恋してしまった一夫は

和子にいつか再び別の人間として現れることを約束した。

 

一夫が未来へ戻ったあと、

和子たちの一夫に関する記憶は消され

何事もなかったような日常が戻ってきた。

 

しかし、和子の胸の奥底には、

いつか再び会いに戻ってくると言った一夫の言葉が残っていた。

 

悲しく切ない別れで結末となった原作小説『時をかける少女』。

その20年後の世界が描かれたのが、

細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』です。

 

アニメ映画『時をかける少女』では、

時の経過とともに一夫の記憶が戻り、アラフォーとなった和子が登場します。

 

次ページのアニメ映画『時をかける少女』結末のネタバレ、

ドラマ『時江おかける少女』の結末までのネタバレに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る