火の粉最終回ネタバレ&感想 武内自ら下した死刑が悲しい…原作と全く違う結末!武内は救われたのか?


ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」最終回ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

武内(ユースケ・サンタマリア)に拒否されて以来、

精神的に病んでしまった琴音(木南晴夏)でしたが

ドラマ「火の粉」第9話で

琴音は武内にしつこく迫る池本(佐藤隆太)を刺してしまいました。

 

琴音の犯行はもちろん武内への愛情・・・

 

ドラマ『火の粉』最終回ではついに梶間家メンバーが武内のことを全面的に拒否。

今まで頼りなかった俊郎(大倉孝二)・勲(伊武雅刀)が立ち上がり、

武内のことを私的に裁くことに・・・

 

武内に判決が言い渡されたとき、武内に心境の変化が・・・

琴音と自首するというのです。

 

そんな武内の最後の望みである梶間家との夕食、

『最後の晩餐』を受け入れた梶間家でしたが武内が改心するとも思えず、

最終回はとんでもないことになりそうです・・・

 

ついに衝撃のクライマックスを迎えるドラマ「火の粉」。

最終回ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました!

 

※ドラマ「火の粉」最終回ラストまでのネタバレと感想をまとめています。

ドラマ「火の粉」最終回がまだの方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「火の粉」最終回ネタバレ&感想〜再審〜

『池本さんが刺し殺された!?』

梶間家に連絡が入り、梶間雪見(優香)が逮捕されたという。

梶間俊郎(大倉孝二)は警察に行くと飛び出していった。

 

『武内さんのこと助けたかったんです。』

『やりすぎです!』

スクリーンショット 2016-05-28 22.44.04
出典:ドラマ『火の粉』HP

なぜ池本のことを殺したのかという武内の問いに、

武内がかつて自分の元旦那を消してくれたように

自分も武内の邪魔者を消したと言う琴音。

 

武内は迷惑だとはっきり琴音に告げた。

 

『どう償えばいいかな・・・どうすれば・・・』

すべての発端は自分の無罪判決・・・

梶間勲(伊武雅刀)は梶間尋恵(朝加真由美)に涙で問いかけた。

 

俊郎が帰宅し、雪見が自分たちをかばっているのか

黙秘を貫いていると勲たちに語る。

雪見が話せば武内に捜査の手が及ぶかもしれない。

そうなることで家族に危害が及ばないか心配しているのだ。

 

程なくして解放された雪見は琴音に会った。

『さ、警察行ってこようかな』

『言ってないよ、琴音のこと』

『なんで?』

 

琴音があんなことをしたと信じたくない雪見は

琴音がやったと言えば本当のことになってしまうな気がして言えなかったと言う。

 

『武内さんのために人殺しまでしたのに私何だったんだろう・・・』

『琴音・・・』

雪見は琴音を抱きしめた。

 

その頃。

武内が梶間家を訪れた。

『おはようございます!みなさんにお渡ししたいものがあって』

純金製の弁護士バッジ、外国製の香水に美術品・・・

 

武内が差し出したものに対し、梶間家ははっきりと拒否した。

『悪趣味なものはいりません』

 

『私の悪いところを教えてください!』

努力でなんとか関係を保とうとする武内がまどかに近づいたため、

俊郎がスタンガンで武内を気絶させた。

 

『開廷します』

スクリーンショット 2016-05-28 22.44.11
出典:ドラマ『火の粉』HP

武内が目を覚ますと、勲は私的な裁判を始めた。

勲は今までに武内が犯してきた数々の罪を暴いていく。

 

『取り返しのつかない判決が多くの人を不幸にした。

主文、被告人を死刑に処する!』

 

勲は武内が持ってきた美術品を手に取り、武内めがけて振り下ろした。

『死ねーーー!!』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「火の粉」最終回ネタバレ&感想〜武内の最後の望み〜

『お父さん!』

そこに帰宅した雪見や俊郎が駆けつけた。

 

『先生に殺されるなら本望です・・・』

武内は涙ながらに今まで梶間家のことを大事に思うあまり、

数々の過ちを犯してしまったと告白。

『私は有罪です!有罪です!有罪です!有罪です!』

 

雪見は池本を殺害したのが琴音であることを家族に報告。

琴音がやったことは決して許されることではないが、

受け入れて欲しさに必死になってしまった気持ちは理解できるという雪見。

 

『琴音さんと自首します。最後にお願いがあります』

武内は最後に梶間家の食卓で一緒に食事をしたいと懇願した。

『最後ですよね?わかりました』

 

武内の願いは聞き届けられ、料理を雪見と尋恵が、

バームクーヘンを武内が用意することになった。

 

最後の晩餐のために丹精込めて

バームクーヘンを焼き上げる武内・・・

 

やがて、バームクーヘンを焼き終わった武内は母への手紙を燃やし出した。

スクリーンショット 2016-05-28 22.44.19
出典:ドラマ『火の粉』HP

『母さんの言いつけを守ってきたけど、うまくいった試しがないよ。

どうしてなんだろうね?今の家族は今日で終わりにします』

 

琴音からメールをもらった雪見が自宅のポストを確認すると、

そこには琴音からのメモと一緒にあるものが投函されていた。

(雪見へ 武内さんの宝物)
ドラマ「火の粉」最終回ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 大納言
    • 2016年 5月 29日

    なぜ冷たくなっていると決めつけるのですか?
    なぜ自殺したと断定するのですか?

      • aoi-sea
      • 2016年 5月 29日

      大納言さん、コメントいただきありがとうございます!

      >なぜ冷たくなっていると決めつけるのですか?
      なぜ自殺したと断定するのですか?

      そういう風に受け取ったからです(^^)

    • 一二三
    • 2016年 5月 30日

    初めまして。
    素敵な文章を拝見させていただきました。
    文章よりも映像の方が優先される世の中で、ドラマ版の『火の粉』は、映像による想像を重視した作品だと僕は受け取りました。
    誰しも、自分はこうありたいと願う。
    でも、自分がこうある為には自分だけでは成り立たない。
    この作品では、自分がこうある為の手段を『殺人』とゆう描写でえがき。
    自分だけでは成り立たないとゆう描写を『自殺』とゆう孤独な結論で結んでいますよね。

    こうゆうドラマも増えていいと思います。

    賛否両論って大切ですよね(^o^)

      • aoi-sea
      • 2016年 5月 30日

      一二三さん、コメントいただきありがとうございます!

      そうですね、原作はやっぱり文章だからこそ
      迫ってくるものもあるわけで、
      完全に映像化してしまった時にそれがどう出来上がるのかは微妙なのかもしれません。

      自分をずーっと正当化して
      自分を変えることなく他者に強要したり、排除してきた武内が、
      最後だけは自分にスポットを当てられたところが心に残りました。

      賛否両論に分かれるものは案外大作な作品が多いですよね(^^)

      ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る