火の粉7話ネタバレ&感想”反省文を書け!”武内,本性あらわに!8話で池本生きていた!琴音の嫉妬もとんでもない方向へ

Pocket

ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第7話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

ドラマ「火の粉」第6話で

琴音(木南晴夏)の元夫を排除した武内(ユースケ・サンタマリア)。

 

琴音に暴力を振るっていた元夫を排除した理由は

武内が琴音のことを愛しているからだと思いきや、

第6話ラストで自分には梶間家という家族がすでにいるため、

琴音とは家族になれないと琴音のプロポーズをあっさり断りました。

 

逆に武内の梶間家への尋常では愛情が浮き彫りになり、

思わず背筋がゾッとするなか、

ついに雪見(優香)がこれまで武内の強い味方だった

俊朗(大倉孝二)と尋恵(朝加真由美)に武内の本性を暴露。

 

ますます家族の絆に亀裂が入ってしまうなか、

梶間家のピンチに武内が立ち上がります!

 

しかし、武内には純粋に梶間家を助けたいという思いとは別の

ある思いがあるらしく・・・!?

 

ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第7話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第8話以降の展開を考えてみました!

 

※ドラマ「火の粉」第7話ラストまでのネタバレと感想をまとめています。

ドラマ「火の粉」第7話がまだの方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「火の粉」第7話ネタバレ&感想〜雪見,勲の決断〜

「武内さんのお墓が?」

武内真吾(ユースケ・サンタマリア)が母親の墓を

梶間家の墓の隣に移動させてきたこと家族に報告した梶間雪見(優香)。

 

家から近いんだから当然だという梶間尋恵(朝加真由美)と

梶間俊郎(大倉孝二)に対し、

梶間勲(伊武雅刀)は気が気ではない表情・・・

 

事実、雪見が設置した防犯カメラには、

深夜梶間家の敷地内に入り込み

農薬を散布する武内が写っており、

今のうちに何か手を打たなければと焦る雪見と

今は静かにしているべきだという功の意見は対立。

 

そんななか、武内が梶間家の居間にマッサージチェアを持ってやってきた。
スクリーンショット 2016-05-14 22.38.50

出典:ドラマ『火の粉』HP

 

加えて、梶間家を自分の母親に紹介したいと頼んだ。

「こんなおっきいのどうすんだよ?」

武内が帰ったあと、邪魔だと不快感をあらわにする俊朗。

 

武内の本性を知っている勲は武内に聞かれないかとヒヤヒヤしている。

 

パート先で武内へのプロポーズを断らられたことを

佐々木琴音(木南晴夏)から告白された雪見。

 

武内がプロポーズを断った理由が自分たち家族だったことにゾッとした雪見は

琴音に本当のことを語る決意を固めた。

「誰にも言わないって約束してくれる?」

 

数日後。

やはり邪魔だとマッサージチェアを奥の部屋に移動させた俊朗たち。

そこへ運悪く武内がバームクーヘンを手土産にやってきた。

 

「ところでマッサージチェアは?」

「お邪魔でしたか?」

 

武内は表情を変え、立ち上がり奥の部屋を見に行く。

そこにはあきらかに物置きと貸しているマッサージチェアが・・・

「お気に召しませんでしたか?」

 

武内のただならぬ様子に焦った勲は

武内の母親の墓参りを今週末にしようととっさに提案。

武内は1週間仕事でヨーロッパに行くと言い、

週末ならば自分にもちょうど都合が良いと笑った。

 

このチャンスに引っ越すしかないと勲と雪見の意見は一致。

ついに2人は武内の本性を俊朗と尋恵に明かすことにした。

 

「池本さんは正しかった。私たち全員武内に騙されていた」

「何言い出すのよ、急に」
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「火の粉」第7話ネタバレ&感想〜恐怖の個人面談〜

勲は武内が自ら的場家を殺害したと明かしたこと、

武内が梶間家のことを家族だと言っていること、

的場家と同じように、武内の好意を無下にすれば、自分たちも殺されることを

雪見と勲は告白。

 

「あの人が帰ってくる前にこの家を出て、どこか遠くに逃げましょう!」

「私たちをずっと騙してたの?!」

尋恵は武内の本性よりも

雪見と勲がいままで黙っていたことを責める。

 

「そのことなら聞いたよ・・・」

俊朗は前日武内に呼び出され、

的場家を救えなかった自分は殺したも同然だという話を聞いていた。

 

そのことから武内の告白が

武内が直接的場家に手を下したという意味ではないと受け止めている俊朗。

 

武内は先手を打っていた・・・

 

「違うよ!俊朗は騙されてるよ!」

 

雪見と勲の説得もむなしく、

俊朗たちは武内のことを信じたままで、

逆にこんなことを言いだしたせいで家族は崩壊寸前・・・

 

「武内さんのおかげでようやく自分の人生が過ごせると思っていたのに・・・

あなたにとって私はなんだったの?一人にして」

尋恵は梶間家を出て行ってしまった。

 

「急な先方のドタキャンで・・・何があったんですか?」

武内が尋恵を連れて、梶間家にやってきた。

 

「1人1人に話を聞かせてください」

武内は梶間家の1人1人と個別に話をすることになったのだった。

 

「何があったのか、話してもらえませんか?」

手始めに尋恵を奥の部屋に呼び出した武内。

 

1時間以上が経っても2人は部屋から出て来ない・・・

 

「そうですか・・・そんな話が・・・」

尋恵はずっと勲のいいように使われ、耐えてきていたこと、

離婚も考えていることを明かす。

 

「考え直してください」

武内はたとえいま離婚しても虚しさしか残らないこと、

いままでの苦労が全て無駄になることから離婚を考え直してほしいと説得する。

 

「みなさんを殺したくないんです。的場さんのようにしたくない」

ついに本性を現した武内に尋恵は恐怖から、何も言えない・・・

 

「返事をしてください・・・先生の妻でいろー!!」

武内は絶叫した。
 
ドラマ「火の粉」第7話ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る