不機嫌な果実2話ネタバレ&感想 航一,親友久美と不倫!3話で修羅場!航一が野村との証拠を麻也子に突きつける!

apple-139266_640-2

栗山千明さん主演ドラマ「不機嫌な果実」第2話ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました!

 

林真理子さん著の同名原作小説を元に、

ドラマ化されるのは今回が2度目のドラマ「不機嫌な果実」ですが、

キャスト・脚本が変わったことで全く印象が変わった栗山千明さん主演ドラマ「不機嫌な果実」。

 

石田ゆり子さん主演のものよりも、

ドライで不倫に興じる麻也子(栗山千明)たちの滑稽さがより引き立っているように感じます。

 

ドラマ「不機嫌な果実」第1話で一線を越えてしまった麻也子。

早速第1話ラストで夫の航一(稲垣吾郎)に不倫がばれてしまいましたが、

粘着質の航一らしくすぐ妻に詰め寄ることはなく様子を見ることにしたようです。

 

そんなこととも知らない麻也子は野村との不倫に溺れることに。

第2話では箱根旅行に行ってしまいます・・・

 

工藤通彦(市原隼人)も麻也子と距離を徐々に詰めるようになり、

そんななか露呈するという航一のとんでもない秘密とは、果たして!?

 

栗山千明さん主演のドラマ「不機嫌な果実」第2話ラストまでのネタバレと感想をまとめるといともに、

第3話以降の展開も考えてみました!

 

※栗山千明さん主演のドラマ「不機嫌な果実」第2話ラストまでのネタバレと感想をまとめています

ドラマ「不機嫌な果実」第2話がまだという方はご注意ください
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「不機嫌な果実」第2話ネタバレ&感想〜運命の再会〜

(私だけがつまらない毎日を送っている。私は本当に損をしている・・・)

 

水越麻也子(栗山千明)は夫・航一(稲垣吾郎)に

野村健吾(成宮寛貴)との不倫を気づかれてしまったことを知らない。

 

夫に気づかれることを恐れるあまり、悪夢まで見る麻也子だったが、

頭の中は野村ことで頭がいっぱい。

 

航一はあえて何も言わず、麻也子のことを逆に気遣っているようにみえる。

そんな航一に心が痛む麻也子だった。

 

遠山玲子(橋本マナミ)の夫・遠山 茂(六角精児)は見た目はイマイチながら

稼ぎは一流企業の取締役レベルはある。

設計士として独立していることから在宅で仕事をしており、

子供の面倒も任せられる便利な夫と玲子は別れるつもりはない。

 

「いつまで彼と続けるつもり?」

玲子の不倫に釘をさす竹田久美(高梨臨)。

 

玲子は夫が自分に相当惚れていることから、

もしばれても離婚することには絶対ならないと鼻で笑った。

 

 

(もう野村とは会わない)

麻也子がそう決意した矢先、野村が麻也子の勤務先のビルに現れた。

 

「麻也ちゃんに会いたくて」

エレベーターの中で強引に野村からキスされる麻也子。

 

(たった1分のキスだけのために待っていてくれた・・・)

それだけで満たされた思いで過ごすことのできる麻也子だった。

 

1週間後。

野村から再び連絡が来た。

 

もう会わないと決めていた麻也子だったが、気がつけば指定されたホテルの一室に・・・

 

「会いたかった」

(これでいい。今更不倫なんて許されないと思ったって綺麗事だ)

 

麻也子は自分の本能に従うことに決めたのだった。

 

航一は以前麻也子が野村に用意してもらった外国人ピアニストのコンサートに

母親と一緒に行くため、遅くなるという。

 

奇遇なことに、麻也子もまた上司にコンサートチケットを

会場の知り合いに届けてほしいと頼まれた。

 

「水越さんですか?」

待ち合わせ場所に現れたのは工藤通彦(市原隼人)。

 

チケットが2枚あるからと通彦にコンサートに強引に誘われる麻也子。

航一と母とニアミスしてしまい、麻也子は気が気ではない。

 

コンサート中、麻也子は通彦の方にもたれかかり、いびきをかいて眠ってしまい、

そんな麻也子を笑顔で見つめている通彦だった。

 

久美のワインバーに玲子の夫・茂が訪れた。

玲子ののろけ話ばかりの茂に久美が笑いながら言う。

「愛してるんですね、玲子のこと」

「はい、殺したいほど・・・」

茂の表情が変わった。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「不機嫌な果実」第2話ネタバレ&感想〜〜

コンサートの休憩時間。

麻也子のことを面白がる通彦。

コンサート会場で麻也子は通彦といるところを航一の母・綾子(萬田久子)に見られてしまった。

 

コンサート後。

お腹が空いたという麻也子を連れ、弁当を買った通彦は

桜が咲き乱れる公園のブランコに連れて行った。

スクリーンショット 2016-05-06 18.57.54
出典:ドラマ「不機嫌な果実」HP

(変わってる・・・)

通彦のペースに麻也子は次第に巻き込まれていく。

 

麻也子がピアノを習っていたことを話すと

音楽評論家の通彦は麻也子のピアノが聞きたいと夜の学校の音楽室に連れて行った。

 

麻也子のと通彦のセッション。

やがて、警備員に見つかってしまい、2人は手を散りあって逃げ出した。

 

「無茶苦茶すぎますよ!」

「でも楽しかったな」

「私も。こんなに笑ったのって久しぶり!」

 

再び久美のワインバー。今度は野村が訪れていた。

 

帰宅した麻也子。

通彦の名刺を見ながら、

さっきまでの楽しかった時間に麻也子が想いを馳せていると、野村から着信があった。

 

「今久美ちゃんのお店で飲んでるんだけど、来ない?」

「今日は無理。もうすぐ主人が帰ってくるし」

「じゃあ今度の土曜、箱根に行かない?」

 

家を空けることは無理だと麻也子は断り、電話を切った。

 

「今度の土曜日、出張だから。大阪」

帰宅した航一から唐突に告げられ、麻也子の頭をよぎったのはもちろん野村との旅行。

(ダメ、絶対ダメ・・・)
 

ドラマ「不機嫌な果実」第2話ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る