グッドパートナー3話ネタバレ&感想 娘のピンチに夫婦愛再び!?4話で大塚家具?!御家騒動勃発!


竹野内豊さん主演のドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

主人公である咲坂健人(竹野内豊)と夏目佳恵(松雪泰子)が元夫婦で共に弁護士という設定の

ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」。

 

そのため、ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」は

ホームドラマの要素も感じさせる新しいタイプの弁護士ドラマとなっていますね!

 

第3話ではそんな2人が関わった案件が暴力団絡みの案件だったため

1人娘・みずきに危険が及んでしまうという展開に・・・

 

離婚したとはいえ、お互いにとって変わらず大事なものである娘を守るため、

元夫婦の絆、親子の絆にクローズアップした第3話となりそうです。

 

竹野内豊さん主演のドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第3話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話ラストまでのネタバレ&感想をまとめています

ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話ネタバレ&感想〜上場の条件〜

神宮寺法律事務所の猫田純一(杉本哲太)が新たに担当することになった

ベンチャー企業『ヒューガクラウド』。

 

ヒューガクラウドを猫田、熱海優作(賀来賢人)、

城ノ内麻里(馬場園梓)と共に訪れた咲坂健人(竹野内 豊)は

CEOの日向俊矢(高橋光臣)から話を聞く。

 

ヒューガクラウドはネットショッピング会社で

ネットショッピングの動画撮影・編集先として提携しているのが業務委託先の会社『サンデーメディアサービス』。

 

今回、ヒューガクラウドが上場するにあたって、

提携先のサンデーメディアサービスの暴力団との関係を指摘されたという。

 

もしその話が本当なら、上場審査に通らない・・・猫田が声を荒げると、

日向の妻がサンデーメディアサービスと提携することになった経緯を話す。

 

ことの始まりは日向が通っていたクラブでの出来事。

日向が入れ込んでいたホステスが人妻だったことから、

人妻に手を出したとして半ば脅しのような形で

サンデーメディアサービスの紹介を受けざるを得なかったというのだ。

 

事務所に帰った猫田はヒューガクラウドの上場は無理だと神宮寺に報告。

 

しかし、神宮寺はヒューガクラウドの上場を大手取引先の会長に頼まれたことから、

自分に恥をかかせるなと言う。

 

「ヒューガクラウドを上場させなさい。失敗したらここには帰る場所はないと思いなさい」

 

その頃。

夏目佳恵(松雪泰子)は顧問先の社員・岸田英樹(横田栄司)から

仕事抜きのランチに誘われていた。

「美味しい中華をご馳走させてください」

「あ・・・はい」
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」第3話ネタバレ&感想〜難航する案件〜

サンデーメディアサービスにアポが取れた。

作戦会議をする咲坂たち。

 

ヒューガクラウドの業務委託契約書内に『反社会的勢力排除条項』が盛り込まれていることから、

咲坂は相手に暴力団であることを認めさせれば、契約は解除できると言うが、

猫田は相手がそう簡単に認めるかどうかと渋い顔をした。

 

そもそも咲坂が今回の猫田の案件を手伝うことになった経緯には

娘・咲坂みずき(松風理咲 )の件が絡んでいた。

 

みずきの小学校卒業と同時にもう一度みずきの親権について話し合う約束になっていた咲坂。

猫田は佳恵に親権を取られてしまう可能性をちらつかせ、

元家庭裁判所勤務のいいカウンセラーを紹介するという。

 

咲坂はその引き換えに今回の猫田の件を手伝うことを約束したのだった。

 

サンデーメディアサービスの社長・滑志田吾郎(星田英利)のオフィス。

スクリーンショット 2016-05-05 17.43.32

出典:ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」HP

咲坂が契約解除を申し出ると、滑志田は納得できないの一点張り。

 

その頃。

佳恵は岸田と和やかにランチ中。

 

事務所では赤星 元(山崎育三郎)が所員たちに佳恵に岸田を紹介したと報告していた。

咲坂と佳恵の元夫婦ゲンカのとばっちりを受けるのはもうこりごりだという。

 

再び、サンデーメディアサービスの社長室。

滑志田は3億もの損害賠償を請求してきた。

 

そこで咲坂が出したのは10年前の週刊誌。

その週刊誌には山堂組の関係者という人物のインタビュー記事が掲載されており、

そこには滑志田吾郎の名前があった。

 

「私がやくざだと!?」

滑志田は一笑に付し、逆に名誉毀損で訴えると言う。

 

「受け入れていただけないなら、御社のことを徹底的に調べますよ?」

法廷に出れば、暴力団の関わりを隠し通すことは難しいと、強気の咲坂。

 

しかし、滑志田は認めなかった。

 

その足でヒューガクラウドに向かった咲坂に

日向はすでに30人以上の中途採用が決まっており、上場できなかったら大変なことになると訴えかけた。

 

社長室を出た咲坂に次に駆け寄ったのは日向の妻。

「こんな素敵な弁護士さんがいたなんて・・・」

日向がクラブホステスと浮気していたことを疑っている妻は

慰謝料を日向からとって離婚したいと咲坂の手をとり、懇願した。

 

咲坂が事務所に戻ると佳恵と岸田のデートの話で持ちきり。

咲坂は現在受け持っている案件の美人社長夫人が離してくれないと佳恵に当てつける。

 

お互い相手とは全く逆のタイプの異性がもともと好きだったことが判明し、

険悪なムードになってしまう。

「結婚したのが間違いだったのよね〜」

 

そして、サンデーメディアサービスと暴力団との関係を裏付ける証拠は

警察も握っていないという報告が事務所に入る。

一気に雲行きが怪しくなり、事務所メンバー一同騒然としている中、

赤星が1枚の不審な封筒を見つけた。

 

その封筒から出てきたのはみずきの盗撮写真だった・・・
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る