いつ恋ネタバレ最終回感想 朝陽手紙を読んだ!?結ばれた音と練,美しいものを見つける努力が幸せを呼ぶ


【スポンサーリンク】

 

ドラマ「いつ恋」最終回ネタバレ&感想〜音の手紙〜

音の育ての親である叔父が亡くなり、

身体が不自由な叔母1人では生活が難しいためだという。

 

1人荷造りをする音はかつて自分が書いた「おかあさんへ」という手紙を破り捨てた。

 

「お母さんへ、音は27歳になりました。

音はなんと今東京に住んでる。今はずっと介護の仕事をしています。

立派な資格も持ってるんですよ。

大変は大変。お金は貯まらない。でも私には足りてる。

ちょっとのいいことがあれば、寝る時思い出して幸せな気持ちになれる・・・」

 

東京にはたくさんの人が住んでいて、たくさんの心温まるふれあいがある。

綺麗なものは探さないとみつからない。

それを教えてくれたのが練だった。

 

「お母さんにお願いがあるの。私の恋をしまっておいてください。

私、ちゃんと恋をしたよ。

6歳の私に教えてあげたい。

その人はトラックに乗って現れる。あめを1つあげるとバリバリ噛んで食べる。

この恋は私の大切な思い出です。

お母さん、どうか大切にしまっておいてください・・・」

 

土砂降りの中、音の自宅を訪れた練は

開いたままになっている音の部屋に入り、

すでにそこに何もなくなっていることを知った。

 

その場で音に連絡をとる練。

「杉原さん、今どこですか?」

「何?北海道やけど。さっき着いたとこ」

「いいんですか?」

振り出しに戻っただけだというそっけない音。

「切るで」

 

自分は告白の返事をまだもらっていないこと、

かつて北海道で2人で行ったファミレスで待っていると練は音に伝える。

音は何も言わずに電話を切った。

 

ドラマ「いつ恋」最終回ネタバレ&感想〜結ばれた音と練〜

トラックで再び北海道のファミレスに向かった練の前に

無愛想な音が現れた。

「どうも」

「どうも」

 

「今見てたらデザートとかいろいろありましたよ」

音は何も言わない。

 

叔母の様子などについて尋ねる練に、音は淡々と答える。

急な引越しでびっくりしたこと、

音が気に入っていると言っていたあの部屋がからっぽで悲しかったと練はいうが、

音は最悪な部屋だったという。

 

仕事の話に対しても、部屋同様に最悪な職場だったという音。

東京には最悪な思い出しかないため、

東京の話はしたくないと音は無表情のままだ。

 

気まずい空気の中、何か食べたいという練は

前と同じようにデミグラスソースと和風ハンバーグを頼んで一緒に食べようと提案。

2つのハンバーグを注文した。

 

「前、頼んだのはトマトソースと大根おろしのやつやん」

少しずつ、音に笑顔が戻ってくる。

 

六本木ヒルズの家具屋で迷ったという音の話を聞き、練は笑う。

「会社の先輩に言われました。ビル見上げるな、田舎もんだと思われる」

 

「サスケ、元気にしてますか?」

「最近、杉原さんに似てきました」

 

今度はサスケを北海道に連れてくるという練。

「杉原さんが迷惑なら・・・」

「嬉しいに決まってるやん」

 

叔母は北海道に帰ってこなくていいと言っていること、

しかしそんな優しい叔母を1人にはできないと音は語り出す。

音には北海道で暮らす固い決意があった。

 

「引越し屋さん、好きやで。それはほんまに。

サスケの写真送って、飾っとく。送ってくれる?」

「送る」

「ありがと、これで安心して振り出し戻れるわ」

 

「お待たせしました」

頼んでいないはずのトマトソースが間違われてきたことで、

運がいいと笑い合う音と練。

 

「振り出しじゃないですよ。前にここであった時の杉原さんと今の杉原さん全然違います」

東京で頑張った分、目に見えないものがちゃんと心に残っていると練はいう。

音の心にも、出会った人の心にも、練の心にも・・・

 

北海道は遠くない、道があるからそこを通ってくると練は続ける。

「道があって約束があって、ちょっとの運があればまた会えます」

「・・・会える」

「僕も杉原さんのことが好きです」

 

涙の音は練とうなづきあい、

ハンバーグを取り分けて、仲良く食べたのだった。

 

外に出ると、雪はまだ降っていた。

音の手をとり、トラックに乗り込んだ練。

「雪ついてる」

「杉原さんも」

練は音にそっとキスをした。

 

「出て、右行って、左行って・・・」

運転席の練に道案内をする音。

 

「近道?」

「ううん、遠回り」

笑顔の2人を乗せてトラックが出て行った駐車場のアスファルトの割れ目から、小さな花が顔を出していた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「いつ恋」最終回ネタバレのあとは全話通しての感想を少し

ドラマ「いつ恋」最終回が終了しました!

 

いつ恋第9話で音が練に別れを告げにいく朝にしたためた手紙は

練や朝陽に宛てたものではなく、

亡き母に宛てたものでした。

 

そこには、かつて母が語ったただひとりの人が練であったこと、

しかしその恋を諦めるという内容が綴られていました。

 

おそらく、朝陽は病院であの手紙を読んでしまったんでしょうね・・・

事前に音の本心を聞いていた木穂子はその手紙に書かれている内容を知らずに、

朝陽に希望を持つよう伝えましたが、

音が母への手紙を破ってしまったとき見る限りでは封筒は開いた状態でしたね。

 

もし、朝陽があの手紙を読まなかったら、

朝陽は身を引くという決断をしなかった可能性が高いですね。

そういった意味では、本当のことを知ることがいい結果に必ずつながるとは言い切れず、

人生はこのような小さな出来事で大きく変わってしまう可能性を秘めているといえるでしょう。

 

そして、音は練とやっと結ばれたわけですが、

美しいものを見つけようと努力しているからこそ、見つけることができるのが音や練です。

 

同じ状況でも、良いことを見つけようと努力する人は、

繊細なため傷つきやすく、ときにそのことが人生を生きづらいものにすることもあるでしょう。

 

自分を守るため、何も感じないようにいつの間にか背伸びして

武装してしまう人が多い、という点で、東京は音や練のような人には

決して生きやすい街ではないのかもしれません。

 

 

正直、個人的にかなり共感できる部分が多かったという点で

とても心に響いたドラマ「いつ恋」。

 

しかし、最後の頼んでもないトマトソースが偶然出てきたという出来事に

特に何も感じない人たちにとっては、

全く面白くないドラマなのかもしれません。

 

音や練のように繊細なため、生きづらいと感じている人がいたら、

どうかその良さを失わずにいてほしいと心から思います。

些細なことに幸せを見つけられる能力は

とても価値のあるもので、幸せな人生を送るためには欠かせないものだと思うからです。

 

ドラマ「いつ恋」、本当に素晴らしい心温まるドラマでした!

 

ドラマ「いつ恋」の各話ネタバレ&感想はこちらから

 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ありす
    • 2016年 3月 22日

    いつ恋はとてもだいすきなドラマでした。
    いい意味で裏切られ続けだからこそ次の話が気になる、そんなドラマでハッピーエンドというか初恋の相手と結ばれた音は大変幸せ者だと….
    ですが、音には朝陽をちゃんと選んで欲しかったと思う自分がいます。音だけを一途に想い続けた朝陽はやっぱり朝陽のために『別れる』という選択肢をしてしまったこと、いい意味で裏切られたドラマだったのに、やっぱり結ばれるのは初恋同士か….というガッカリ感です。
    個人的きほちゃんが幸せになれたのが1番笑顔になれた部分でした。

      • aoi-sea
      • 2016年 3月 22日

      ありすさん

      コメントいただきありがとうございます。

      おっしゃる通り、朝陽と音は残念な結果になってしまいましたが、
      愛ってああいうものだと思います。

      音を愛しているからこそ、音の幸せを考えて、
      身を引くという選択をした朝陽も、
      きっとこれからただ1人の人を見つけることができると思ってます。

      木穂子は本当によかったですよね!
      「イエス!」が可愛かったです(^^)

    • ありす
    • 2016年 3月 22日

    すいません、朝陽は音のために『別れる』でした。(笑)

    • sachibei
    • 2016年 3月 22日

    「いつ恋」最終回を見逃し、結末が気になりここにたどりつきました。
    ドラマはもちろんですが、「全話通しての感想」に、あまりに優しい言葉が綴られていることに感動しました。
    いままで会ったことのない人にネット上でつながることに抵抗があったのですが、どうしてもそのことをお伝えしたくなりコメント書かせていただいてます。

    「いつ恋」の優しい時間がくれた、素敵な優しい言葉たちを忘れないようにしたいと思います。
    ありがとうございます。

      • aoi-sea
      • 2016年 3月 22日

      sachibeiさん

      コメントいただきありがとうございます。
      ありがとうございます、そういっていただけてとても嬉しいです。

      いつ恋がくれた優しい言葉、幸せについて考える時間、大切にしたいです。
      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る