ナオミとカナコネタバレ最終回感想 結末の先は直美と加奈子逮捕の線が濃厚?虹橋で幸せを掴んで欲しい!

Pocket

ドラマ「ナオミとカナコ」最終回ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました!

 

ドラマ「ナオミとカナコ」第9話で

直美と加奈子の達郎殺害当日の防犯カメラ映像を見た陽子は、

2人に達郎は殺されたのだという結論に至りました。

 

陽子は防犯カメラ映像をはじめとするいくつかの証拠を警察に提出、

ついに警察が動き、加奈子が任意同行を求められてしまいます。

 

また陽子と警察は達郎の替え玉に林を使ったことも把握済み。

陽子はホテルに潜伏中の林に接触し、

今自供すれば林にとって有利に物事を進めることができると提案します。

 

ここまでくれば、

決定的な証拠・達郎の遺体が見つかり、逮捕状が出るのは時間の問題・・・

 

直美と加奈子と加奈子のお腹の子の運命は果たして・・・

 

加奈子と林の恋というドラマオリジナルの展開も加わり、

原作の結末とはまた一味違った最終回になる可能性も充分です。

 

いよいよ最終回を迎える

ドラマ「ナオミとカナコ」ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました!

 

※ドラマ「ナオミとカナコ」最終回ラストまでのネタバレ内容と感想をまとめています。

ドラマ「ナオミとカナコ」最終回をまだ観ていない方はご注意ください!

 

ドラマ「ナオミとカナコ」各話のネタバレ&感想はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「ナオミとカナコ」最終回ネタバレ&感想〜破滅へのカウントダウン〜

服部加奈子(内田有紀)と小田直美(広末涼子)が

服部達郎(佐藤隆太)を殺害したという結論に至った服部陽子(吉田羊)。

 

陽子が警察に通報したことによって、

加奈子は任意同行を求められ、署に連れて行かれてしまった。

「大丈夫。何も話さない」

スクリーンショット 2016-03-17 16.57.04
出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

 

すぐに直美も事情徴収されること、

2人は終わりだと陽子は直美に宣告した。

スクリーンショット 2016-03-17 16.57.33
出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

 

直美は李朱美(高畑淳子)に助けを求める。

「加奈子が警察に連れて行かれたんです。

頼れるのは李社長だけなんです!」

 

警察に連れて行かれた加奈子は

犯行当日の防犯カメラの映像を差し出される。

「このバッグの中は何ですか?」

 

不用品の処分を直美に手伝ってもらい捨てたと加奈子は供述するが、

時間は真夜中・・・

刑事の鍋島(モロ師岡)は疑いの眼差しを強める。

「あなたは林を替え玉にしてご主人を殺害したんじゃないですか!?」

 

また、ATMで達郎の替え玉となった林竜輝(佐藤隆太)が

達郎の利き手ではない左手をつかって操作していたことも追求される。

 

スクリーンショット 2016-03-17 16.57.18
出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

直美は犯行の一部始終を李に告白。

加奈子のお腹の中に子供がいることもあり、

どうしても加奈子を助けたいと李に懇願した。

 

その頃。

林が潜伏しているホテルに陽子と興信所所員の三枝(前川泰之)が訪れた。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「ナオミとカナコ」最終回ネタバレ&感想〜李の助力〜

陽子は直美と加奈子が自分の弟である達郎を殺害したこと、

林は達郎の替え玉として2人に利用されていたことを伝え、

今証言すれば殺人の共犯者にならず、罪には問われないと

林に知っていることを全て話すよう促した。

 

そのとき、林の携帯電話に直美からの着信が・・・

 

そして、警察の加奈子にさらなる証拠が提示された。

それは犯行当日、東京インターから大井松田インターへ

直美と加奈子が高速道路をつかって移動していたという証拠・・・

 

「3時間で移動できる距離といえば・・・三国峠にでもご主人を埋めたんですかね?」

図星の加奈子は何も言わない。

 

達郎の暴力が原因で殺害するしかなかったと今自供すれば、

情状酌量の余地があり、

加奈子が話すことが親友の直美を助けることにもつながると刑事は続ける。

 

威圧的な刑事の取り調べに加奈子が固まっていると、

急に加奈子は解放されることになった。

 

李が手配した弁護士が署に加奈子を迎えに来たのだ。

任意同行に拘束力はないため、

刑事はまた明日必ず加奈子を連れてくる様弁護士に念を押し、

しぶしぶ加奈子を帰したのだった。

 

ホテルで直美と再会した加奈子は抱きあって喜ぶ。

 

中国人弁護士は報酬を手に入れた途端消え、

加奈子は明日弁護士と警察に行く必要があると戸惑うが、

任意同行は行きたくなければ行かなくていいと李は笑った。

 

その後、直美と加奈子は李の自宅に招かれ、

警察の食事はまずかっただろうと肉まんを振る舞われた。

 

「女に暴力を振るう男、生きてる価値ないね。殺してしまいなさい」

かつて李が言った言葉は今でも正しいし、

直美と加奈子も正しいことをしたと李は言う。

 

しかし捕まっては自由がだいなしであると李は続けた。

 

李は明日の上海行きの航空チケットを2人に差し出し、

自分の親友が住んでいる水がとても綺麗な上海の虹橋(ホンチャオ)で子供を生むよう勧めた。

 

「李社長、どうしてそんなに・・・」
 
ドラマ「ナオミとカナコ」最終回ネタバレ&感想、

次ページに続きます!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る