紅白出場歌手殺人事件 克美しげるの現在までがゲスの極み!ストーカーと結婚詐称,覚せい剤逮捕の転落人生

woman-1006102_640-2

ストーカー女性殺人事件を起こした紅白出場歌手・克美しげるの

転落人生にスポットを当ててみました。

 

今回「爆報!THEフライデー」で紹介される

名前の出せない芸能界事件簿第8弾 紅白出場歌手による殺人事件。

 

殺されたのは犯人のストーカー女性…

一 体何故大物歌手がストーカー女性を殺さなければならなかったのか?

芸能界を震撼させた衝撃の真相が明らかに!

引用:爆報!THEフライデーHP

 

実はこの紅白出場歌手・克美しげるが殺めた女性はストーカーでもなんでもなく、

克美しげるが正当防衛に見せかけるためにでっち上げたストーカー偽装殺人でした。

 

未婚のふりをして被害者女性に近づき、

結婚をちらつかせ散々貢がせた挙句にスキャンダルを恐れ女性を排除。
 

保身のため女性をストーカーにでっちあげ、

その後、離婚と結婚を繰り返したのち覚せい剤で逮捕されるという

ゲスの極みすぎる人生を送った元紅白出場歌手・克美しげるの栄光からの転落をまとめてみました。

 
 

克美しげる 紅白出場歌手に陰り…のちのストーカー!?岡田裕子との出会い

スクリーンショット 2016-03-04 12.38.39
出典:独女ニュース

1937年12月25日、宮崎県で生まれた克美しげる。

克美しげるが高校を卒業したとき、

折しも日本は終戦を迎え復興へと向かっていた時期でした。

 

徐々に活気が戻ってくるなかで、克美しげるは同級生とジャズバンドを結成。

これが克美しげるの音楽活動の原点となりました。

 

その後、地元で人気があったバンド・マウンテン・ボーイズのバンドボーイを経て、

1960年、NHK大阪の歌番組オーディションで優勝した克美しげるは

東芝レコードにスカウトされ、

翌年の1961年、ジョン・レイトンの日本語カバー曲『霧の中のジョニー』でデビュー。

この克美しげるのデビュー曲は40万枚を超える大ヒットとなりました。

 

2年後の1963年には大ヒットアニメ「エイトマン」の主題歌を歌い、

一気に知名度が上昇。

1964年リリースの「さすらい」はデビュー曲を大きく上回る60万枚を売り上げ、

克美しげるはスター歌手の仲間入りを果たしました。

 

1965年、克美しげるは歌手のステータスでもある紅白歌合戦にも出場。

翌1966年と2年連続で紅白出場選手となりますが、

ここが歌手・克美しげるの人生における頂点だったのです・・・

 

2度の紅白出場を果たした克美しげるのその後の人生は衰退の一途を辿りました。

芸能活動がうまくいかないことから、

酒とギャンブルに逃げ始めた克美しげる。

 

実はこの時点で克美しげるには妻子がいたのですが、

このときの結婚は克美しげるにとっては2回目の結婚でした。

 

デビュー前にすでに別の女性と結婚していた克美しげるでしたが、スピード離婚。

デビュ直後、すぐに現在の妻と結婚し子供を授かりますが、

荒む一方の芸能生活と私生活・・・

 

克美しげるはホステスとしてクラブで出会った岡田裕子と

不倫関係に陥ってしまったのです。

 

当時、39歳の克美しげると35歳の岡田裕子。

克美しげるは当時の妻とすでに離婚したと装い、岡田裕子に近づいたのです。

すぐにそれが嘘であったことが露呈しますが、ときすでに遅し・・・

 

岡田裕子は本気で克美しげるのことを愛するようになっていたのです。

 
 

元紅白出場歌手 克美しげるが夢見た再起 邪魔になった愛人,ストーカー偽装し殺人

克美しげるは妻と離婚し、岡田裕子と結婚することをちらつかせ、

岡田裕子のヒモと化しました。

 

岡田裕子と出会うまでにつくった借金の返済から、

ギャンブルや酒の費用、果てには岡田裕子の自宅に転がり込み、

岡田裕子に食べさせてもらっている状態に・・・

 

一方の岡田裕子はホステスから風俗嬢に身を落とし、

克美しげるのために身を粉にして現在の貨幣価値で7000万弱の金銭を貢いでいました。

 

岡田裕子をそこまで頑張らせたのは、「結婚」。

克美しげるはいつか籍を入れようと、岡田裕子とささやかな結婚式を挙げていました。

岡田裕子は友人にその結婚式で撮影した花嫁姿の写真を

嬉しそうに見せていたそうです。

 

もちろん、

克美しげるは妻と正式に離婚するための手続きを進めるでもなく、

岡田裕子が稼いだ金を彼女が知らないところで妻子に生活費として渡していました。

 

そんな克己しげるに、

再び紅白出場歌手を目指せるチャンスが訪れます。

1975年のことでした。

 

東芝レコードの幹部から呼ばれた克美しげるは、

今回の復帰に際して、身辺にスキャンダルになりそうなことはないかと聞かれます。

 

そういうことは一切ないと言い切った克美しげるの脳裏をかすめたのが、

現在交際している、そして貢いでもらっている風俗嬢の岡田裕子・・・

 

克美しげるは岡田裕子に別れ話を切り出しますが、

岡田裕子は「絶対別れない」と納得しません。

当たり前ですよね。

 

面倒になったのでしょう。

克美しげるは岡田裕子を排除することに決め、

復帰曲のキャンペーンのため北海道に立つ前日、

そんな理由で今まで7000万円弱もの金を貢がせた女性の命を奪い、

羽田空港に駐車した車のトランクに放置。

 

2日後。

キャンペーン先の北海道であっさり逮捕された克美しげるは、

1976年8月に懲役10年の実刑判決が言い渡されました。

 

結婚を餌に7000万円弱もの金を貢がせたわけですから、

岡田裕子が別れに応じないことはごく当たり前のように思えますが、

そんな自分を支えた女性をストーカーに仕立て上げた供述をした克美しげる。

 

その供述が効いたのか、

弁護士が有能だったのかは定かではありませんが、

わずか7年後の1983年10月、克美しげるは出所します。

 

しかし、克美しげるの転落はこれだけにとどまらなかったのです・・・

 

次ページに続きます!

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る