ナオミとカナコネタバレ7話感想 加奈子妊娠!8話で帰国した林と陽子の対面は?加奈子が授かった命の行方も気になる…


ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました!

 

第6話で次々に浮上してきた

達郎失踪説を大きく揺るがす新事実・・・

 

エリート銀行マンと思えない横領手口、

そして何より達郎が半年間の投資信託プランを制作していたことが発覚し、

銀行関係者をはじめ陽子の疑惑は膨らむ一方です。

 

そして、直美と加奈子の完全犯罪を崩す決定的な証拠である

防犯カメラの映像の存在に陽子が注目。

 

そこにはおそらく犯行の一部始終が映っていて、

これを見られると一発アウト!な気がしますね・・・

 

防犯カメラの映像の保存期間は3週間。

第7話で防犯カメラの映像は住人のプライバシーに関わるため

映像は見せることができないと陽子は断られることになりますが、

陽子がすんなり諦めるはずもなく

ついに興信所の敏腕探偵に捜査を依頼します。

 

そして、中国へ帰したはずの林が舞い戻ってくるというような展開も!?

 

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ラストまでのネタバレと感想をまとめるとともに、

第8話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ラストまでのネタバレ内容と感想をまとめています。

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話をまだ観ていない方はご注意ください!

 

ドラマ「ナオミとカナコ」各話のネタバレ&感想はこちら
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ネタバレの前に高畑淳子演じる李明美をチェック!

スクリーンショット 2016-02-25 14.26.11

出典:ドラマ『ナオミとカナコ』HP

ドラマ「ナオミとカナコ」の強烈キャラといえば、

高畑淳子さん演じる中国人女社長・李朱美。

 

主演の内田有紀さんや広末涼子さんを完全に喰っちゃってますよね!

 

個人的にもかなり大好きな李社長。

視聴者の方の間でも、李社長ファンが多いようです!

 

 

ザ・中国人という独特の抑揚で喋る李社長が

かなりハマっている高畑淳子さんですが、

いったいどのような役作りをされているのでしょうか??

 

中国語なまりの日本語のセリフを、自分ひとりでやるのは無理だと思いまして。

それで、言語指導の方を付けていただくようお願いをしました。

出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

 

李朱美役の高畑淳子さんの言語指導者を決めるため、

最初に日本語教師をやってらっしゃる若い中国人女性数人を呼び、

オーディションのようなものを開いたそうです。

 

しかし、その方たちの日本語はとても流暢で、

李社長独特の雰囲気には遠いと高畑淳子さん含めスタッフも感じたようです。

 

そういう方が続き、

なかなか李社長のイメージに沿った喋り方の中国人の方が見つからない、困った・・・

という状況で、最後の方がどんぴしゃ!

「これが李社長だ!」という喋り方の中国人の方を見つけたとのこと。

 

その方に李朱美のすべてのセリフを読んでもらったものをテープに録音し、

それを完コピするような気持ちでセリフを覚えてらしたんですね。

 

よく聞く話だと思いますが、

中国語の発音は非常に独特で難しく、

そういう発音を持った中国の方が話す日本語もまた特殊で

同じ音でセリフを話すことも非常に難しいのだそうです。

 

案外簡単そうに思える李社長のセリフですが、

そんな苦労があったんですね。

 

また、第7話以降の見所としては、

徐々に明らかになっていく加奈子の本当の強さを

高畑淳子さんはあげてらっしゃいました。

 

達郎殺害計画で腹をくくった瞬間からその片鱗は見え隠れしていましたが、

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話以降で

ますます加奈子を強くするあるハプニングが起こります。

 

女性にとって大きな転機となる経験が訪れ、

大きく変わっていく加奈子の様子にも注目しながら、

ドラマ「ナオミとカナコ」終盤を観ていきたいですね!

 

それでは、

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ネタバレ&感想、スタートです!
 

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ネタバレ&感想〜加奈子の再就職〜

土曜日に服部達郎(佐藤隆太)がマンションから出て行ったのかどうか、

マンション管理人に防犯カメラの映像を見せてもらうという服部陽子(吉田羊)。

 

管理人の坂下(ト字たかお)は住民のプライバシーに関わるため、

警察からの依頼がない限り、映像は見せられないと言った。

 

「達郎さんは戻ってくると思います」

服部加奈子(内田有紀)は罪を犯した達郎が再び戻ってきたとき、

陽子が嗅ぎまわりことを荒立て警察が介入するようなことがあれば

達郎が逮捕されてしまうと主張。

 

達郎のためにも、

これ以上余計な詮索は控えてほしいという加奈子だったが、

そんなことで引き下がる陽子ではない。

 

陽子がどれだけ疑っていたとしても警察が動かない限り、

自分たちの完全犯罪が崩れることはない。

防犯カメラの映像が消去されるまであと10日。

「手に入れた新しい人生、絶対に守りきる・・・」

決意を改めて固める直美だった。

 

李朱美(高畑淳子)のオフィスを訪れた直美と加奈子。

3ヶ月間の契約社員、給与は25万円で加奈子の採用が決まった。

スクリーンショット 2016-02-25 14.27.08
出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

これまでにも再三李の会社で働くよう

誘われていた直美は李の申し出を再び断る。

「いつか私のとこ来ることなるにあるね」

李は何やら他にも言いたげな目つきで言った。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ネタバレ&感想〜防犯カメラ映像が陽子に!〜

その頃、達郎の調査を依頼しようと陽子は興信所を訪れていた。

 

所員の三枝(前川泰之)は達郎に他に女性がいた可能性を指摘。

 

達郎がATMで金を引き出した際に

入り口にその女性がいたのではないかと推測、

防犯カメラの別アングルの映像がないか探すよう、陽子に助言した。

 

早速、加奈子は李社長の元で働き始め、

直美は斎藤順子(宮司純子)宅に呼ばれ食事をご馳走になっていた。

 

そこへことぶき銀行の山本芳樹(近藤公園)がやってくる。

達郎に変わり、斎藤の後任になったのだ。

 

「調査は終了したんですよね?」

それとなく探りを入れる直美。

山本は陽子と自分が服部の失踪に疑惑を持っていること、

陽子が興信所を雇ったことを直美に伝えた。

 

李社長の元で働く加奈子の元に産婦人科から電話が・・・

スクリーンショット 2016-02-25 14.27.18
出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

達郎と受診する予約を入れていたことを加奈子はすっかり忘れていた。

「もう必要ありませんから・・・」

そういって加奈子は電話を切った。

 

仕事終わりの李と飲みに行った加奈子。

久々の仕事に加奈子は生き生きとしている。

 

ゆくゆく上海支社を作った際には協同経営者として

加奈子と一緒に仕事をしていきたいという李。

「上海支社か・・・」

そう呟いた加奈子が思い出したのは林竜輝(佐藤隆太)との思い出・・・

空港で最後に見た林の笑顔が蘇る。

 

マンションに帰宅した加奈子を管理人が呼び止めた。

陽子が興信所の人間と多摩川警察署の警官を引き連れ

急に事務所に押しかけたことに対する苦情だった。

 

加奈子の了承も得ていると語った陽子が

防犯カメラの映像を確認したと聞いた加奈子はその場で崩れ落ちた。

 

ドラマ「ナオミとカナコ」第7話ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る