いつ恋ネタバレ3話感想 木穂子不倫卒業!4話で練と木穂は両思いに,傷心の音は朝陽に惹かれ始める?

japan-1101279_640

有村架純さん主演の月9ドラマ「いつ恋」第3話ラストまでのネタバレと

感想をまとめてみました!

 

「いつ恋」ことドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。

視聴者のドラマ離れが加速する昨今、

ドラマ「いつ恋」も例に漏れず視聴率という点で苦戦しているようです。

 

ドラマ「いつ恋」第2話にて視聴率9%と10%を切ってしまった理由として、

「内容が暗く気分が滅入る・・・」

「切なさの押し売り」

などなど、坂元裕二さんのドラマ脚本を挙げる声がある一方、

 

「わかりにくい繊細な世界を描いているため一般受けしないが、作品としてはとても素晴らしい」

とドラマ「いつ恋」を強く支持する声も多数見られます。

 

さて、ドラマ「いつ恋」第3話。

ますます切ない展開が加速しそうです!

 

「いつ恋」第2話でほのめかされた木穂子の不倫ですが、

第3話では予想以上に複雑だった練と木穂子の恋愛にスポットが当たります。

 

「いつ恋」第1話・第2話では

やや木穂子の方が練に惚れているような印象でしたが、

第3話にて、お互いがそれぞれ報われない恋にもがいてことが明らかに・・・

 

そこへ音、朝陽、小夏、晴太が加わり、

 

自分の好きな人の心には自分以外の誰かがいる・・・という

切ない状況がますます加速していきそうですね!

 

月9ドラマ「いつ恋」第3話ラストまでのネタバレと感想をまとめるとともに、

第4話以降の展開も考えてみました!

 

※月9ドラマ「いつ恋」第3話ラストまでのネタバレと感想をまとめています。

「いつ恋」第3話をまだ観ていないという方はご注意ください!

ドラマ「いつ恋」の各話ネタバレ&感想はこちらから
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

月9ドラマ「いつ恋」ネタバレの前に第3話までの視聴者の感想をチェック!

スクリーンショット 2016-02-01 19.19.46

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

冒頭触れた昨今の視聴者のドラマ離れ・・・

過去、月9は視聴率20〜30%という驚異的な視聴率を誇っていました。

 

しかし、それも今や過去のお話となってしまい、

月9ブランドを持ってしても視聴率10%代ということが珍しくなくなってきています。

 

ドラマ「いつ恋」も視聴率という点では苦戦しており、

その理由として脚本など内容が良くないという声も多いのですが

果たしてそれは真実なのでしょうか?

 

こんな暗いドラマ見たくない。わざと過酷に耐える主人公にして泣かせようとしてるのが、見え見え。

ビンボー過ぎて、月曜からこんな暗いお話、何かな~と思いました。

つらい思いしてまで見たくない。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

実は高視聴率をとる連続ドラマにはある一定の要素があるようで、

視聴率が低い=ドラマの内容が悪いとは決して言い切れない部分も・・・

 

内容は単純で分かりやすくなければいけません。

ですから坂元裕二のドラマは毎回、視聴率的にはそんなによくありません。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

例えば、高視聴率を記録した「下町ロケット」「半沢直樹」「HERO」は

ざっくり言えば正義が勝つ!という非常にわかりやすいストーリー。

 

こういう視聴者が見ていて胸がスッとするようなドラマが

高視聴率をとれるドラマに必要な要素だと言われています。

 

要するに誰が見てもいい人と悪い人の区別が歴然で、

最終的にいい人が悪い人をやっつけるという昔話に似た内容が

非常に一般受けすることはなんとなく納得できますよね?

 

一方、ドラマ「いつ恋」は恋愛ドラマではありながら、

才能に恵まれた男女が充実した毎日の中で織りなすラブストーリーでもなく、

サクセスストーリーでもありません。

 

ぶっちゃけ、

最初から視聴率がとれるジャンルのドラマではないということですね。

 

 

月9ブランドだけで視聴率をとることは難しくなりましたが、

相変わらずスポンサーの受けはいいようで、

月9だからこそ内容重視のドラマ制作が可能という見方もあるでしょう。

 

また、内容が暗いという感想ですが、

確かに練や音の境遇が恵まれたものではありませんが、

個人的には、恵まれない境遇で泣かせようとしているドラマでは決してないと思います。

 

坂元裕二さんが表現したいものは

人間のもっと深く、繊細なところ。

 

その部分が見える方には

「いつ恋」は素敵なドラマになるのかもしれませんね!

 

ドラマ「いつ恋」は

観る人を選ぶドラマであることは間違いなさそうです・・・

 

前置きが長くなってしまいましたが、

ドラマ「いつ恋」第3話ネタバレ&感想、スタートです!

 

月9ドラマ「いつ恋」第3話ネタバレ&感想〜練と向き合わない木穂子〜

セレクトショップ・インテリアショップ・・・

次々とハシゴし、躊躇なく大金を支払う日向木穂子(高畑充希)。

 

木穂子は勤務する広告代理店で自分の企画が通ったと曽田練(高良健吾)に報告。

嬉しそうに買ってきたカーテンを練の部屋に吊った。

 

そして、音が働く介護施設「春寿の杜」に

井吹朝陽(西島隆弘)が移動してきた。

入所費が滞っている入所者の介護はしなくていいのに、

と所長の神部正平(浦井健治)が朝陽に忠告する。

 

仕事明け。

犬の散歩をしようと練の自宅に立ち寄った音は、

練と木穂子に出くわした。

「日向さん、付き合ってる人です」

 

音と別れた後、あんな紹介の仕方ではなく、

不倫しているかわいそうな女でしょうがなく相手してやっているのだと

言えばよかったのにと投げやりに言う木穂子。

 

「もうこういうのやめよう?ちゃんと付き合おう?」

木穂子は笑って練の告白を交わし、タクシーに乗って去っていった。

 

その頃。

カフェでお茶する市村小夏(森川葵)と中條晴太(坂口健太郎)。

偶然通りがかった読モの女友達が親しげな様子で晴太に話しかける。

「東京には小夏さんレベルのコ、いっぱいいるでしょ?」

 

そんな晴太の言葉に傷ついた小夏は美容室、セレクトショップとはしご。

欲しいものはたくさんあるのに、可愛くなりたいのにお金はない。

 

小夏は晴太に社長とカラオケして

10万円もらえるというバイトを紹介してもらうことに・・・
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

月9ドラマ「いつ恋」第3話ネタバレ&感想〜朝陽の抱えるもの〜

音は通勤にバスを使うようになっていた。

音が乗ったバス停の3つ先から練が乗ってくるからだ。

 

お互い頑張ろう、

バスを降りた練と音は笑顔で別れた。

 

再び、介護施設「春寿の杜」。

テレビの撮影のため、朝陽の父親・井吹征二郎(小日向文世)と

兄・井吹数馬(福士誠治)が訪れる。

 

カメラが回っている間、笑顔で入所者と折り紙をする井吹征二郎。

しかし、カメラが止まった途端、征二郎はまるで別人のように冷淡に・・・

 

兄は正妻との間の子供で

自分は愛人との間の子供なのだと朝陽は悲しげに音に語った。

 

業務報告にて、所長の神部が

入所費用が滞っていた入所者に立ち退いてもらうことになったと従業員に報告する。

 

そのことに反対する朝陽が出て行ったあと、

所長は朝陽のことを元ジャーナリスト志望の偽善者だと従業員の前でけなした。

 

柿原運送。

佐引穣次(高橋一生)と加持登(森岡龍)が練の携帯を盗み見し、

木穂子と練が付き合っていることが知られてしまった。

 

実は木穂子と練が出会ったのは配達中のことだった。

佐引たちは木穂子が不倫を思い悩んで自殺未遂したことを知っていた。

 

「不倫は女の沼だぞ?なんであんな女つかんじゃった?」

 

次ページのドラマ「いつ恋」第3話ネタバレ&感想に続きます!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る