いつかこの恋を思い出してネタバレ1話内容&感想 練はどこへ?2話で”撮影放棄しようと思ったくらい”切なすぎる展開が加速!


有村架純さん主演の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

第1話内容のネタバレと感想をまとめてみました!

 

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は

月9ドラマ用完全オリジナルの内容で原作はないとのこと。

 

事前ネタバレがないということで

最後まで展開にドキドキしながら楽しむことができそうですね!

 

ドラマ「いつ恋」の脚本を担当するのは、

「東京ラブストーリー」「それでも、生きてゆく」

「最高の離婚」などの大ヒットドラマを生み出した脚本家の坂元裕二さん。

 

今回も、主演の有村架純さんが、

「台本を読みながら泣いた。撮影を放棄しようと思ったくらい」と語るくらいの

切なすぎる珠玉のラブストーリーに仕上がっているようです。

 

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

第1話内容のネタバレと感想、第2話以降の展開についてまとめてみました!

 

※月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

第1話の内容をラストまでネタバレすると共に感想をまとめています。

「いつ恋」第1話を観ていない方はご注意ください!
 

ドラマ「いつ恋」の各話ネタバレ&感想はこちらから
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第1話ネタバレ内容&感想の前にキャストをチェック!

キャストのまえに「いつ恋」のストーリーについて少しだけ

今までに数々の名作ドラマを生み出してきた坂元裕二さんが担当する

今回の新月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。

 

キャスト全員が口を揃えて大絶賛するという内容が気になりますね!

 

また、脚本家・坂元裕二さんは「いつ恋」において

キャストそれぞれに合った内容を脚本にしているそうです。

 

キャストと登場人物のシンクロ感から生み出されるリアリティにより

かなり心に響くドラマに仕上がっていることが期待されます!

 

そして、ドラマ「いつ恋」の撮影現場では

「どこで泣いたか」「どのセリフが一番好きか」をキャストどおしで話し合うのが日常になっているんだとか。

 

ドラマ「いつ恋」完成試写会でのインタビューで各キャストから語られた

ドラマ「いつ恋」1話~5話の中から“心に響いたセリフ”と共にキャストを紹介します!

 

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」キャスト

スクリーンショット 2016-01-18 12.31.48

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

葡萄の花は葡萄の味がする。バナナの花はバナナの味がする。桃の花は桃の味がする

(音の母の言葉)

杉原音(有村架純)北海道から上京

シングルマザーの母親を早くに亡くし、北海道の養父母のもとで暮らしている。

一見辛い現状の中にも小さな幸せを見出しながら生きている。

 

スクリーンショット 2016-01-18 12.31.34

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

「さすけねぇ(大丈夫)」

(練の祖父の言葉)

曽田練(高良健吾)福島から上京

両親を早くに亡くし、福島の祖父の元で育つ。

根が優しいため都会の生活・人間関係に悩むことに・・・

 

スクリーンショット 2016-01-18 12.31.57

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

「手ブラ、好きと?」

日向木穂子(演:高畑充希)福岡から上京

練の彼女。

広告代理店勤務で高級品に包まれ東京で華やかに生きている。

 

スクリーンショット 2016-01-18 12.32.22

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

「僕と、契約しよ」

中條晴太(坂口健太郎

練の友人。

つかみどころのない性格で常に冷静。

何にも本気になったことがない。

 

スクリーンショット 2016-01-18 12.32.06

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

「僕だったら、君に両想いをあげられるよ」

息吹朝陽(西島隆弘

仕事で成功し巨万の富を得た偉大な父を憎んでいる。

ナンパが日常の軽薄男。

 

スクリーンショット 2016-01-18 12.32.15

出典:ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」HP

「どこにでもいる子になりたくない子って、どこにでもいるよ」

(晴太の言葉)

市村小夏(森川葵)福島から上京

練の後輩で練に淡い恋心を抱いている。

デザイナー志望。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第1話内容ネタバレ〜練と音の出会い〜

福島から上京した曽田練(高良健吾)は

広告代理店に勤める日向木穂子(高畑充希)と付き合っている。

 

運送会社で引っ越し業務をこなす練だったが

人が良い練は先輩にこき使われご祝儀も持って行かれる始末。

 

お金に余裕のない練を木穂子は金銭的にも助けていた。

 

そんなある日、

北海道まで1人旅に行ってきたという友人・中條晴太(坂口健太郎)が

帰京途中拾ったというカバンの中から偶然ある手紙を見つけた練。

 

「音へ・・・」

その手紙を一通り読んだ練は持ち主に返すべきだと強く感じ、

会社のトラックを借り、一路北海道へと向かったのだった。

 

北海道、八羽町。

幼くしてシングルマザーの母親を亡くした杉原音(有村架純)は

北海道八羽町にて育ての親となる林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻に育てられた。

 

養母の知恵はほとんど寝たきりになっており、

音の介護なくしての生活は困難になっていた。

 

そして、クリーニング店にて働く音の元へ

東京からはるばるやってきた練はやっとの思いでたどり着いた。

 

練が見つけた手紙は音の亡き母親が音に宛てたものだった。

音の大切な心のつっかえ棒なんかじゃないか、

絶対返さないといけないやつじゃないかと思って・・・と、手紙を差し出す練に

処分するよう言い捨て、手紙を受け取らず音は去った。

 

その夜。

八羽町のレストランにて音が結婚間近であることを

客の噂話から知った練。

 

音の婚約者は地元の資産家・白井篤史(安田顕)。

身寄りのない子供を引き取ったら玉の輿に乗ったと地元では

林田夫妻を羨む噂話で持ちきりだった。

 
次ページの

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

第1話内容ネタバレと感想に続きます!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る