怪盗山猫ネタバレ1話&キャスト相関図 細田を殺害したのは山猫!?2話で新たな真相とつながりが明るみに!?


新ドラマ「怪盗山猫」第1話をラストまでネタバレしていきます!

 

新ドラマ「怪盗山猫」の原作は「心霊探偵八雲」でおなじみの

小説家・神永学氏著「怪盗探偵山猫」。

 

原作小説「怪盗探偵山猫」シリーズは

現在3巻まで出版されており、未完結のため、

ドラマ「怪盗山猫」の最終回は原作とはまた違った結末を迎えそうです。

 

“現代版ルパン三世”との評価も少なくない

ドラマ「怪盗山猫」の主人公・怪盗山猫を演じるのは亀梨和也さん。

 

怪盗山猫の盗みの対象はあくまでも悪。

大量の資金が盗み出されるとともに、

その組織にはびこる悪事が鮮やかに暴きだされます。

 

新ドラマ「怪盗山猫」第1話をラストまでネタバレしていくとともに、

ドラマ「怪盗山猫」のキャスト相関図なども合わせてご紹介します!

 

※ドラマ「怪盗山猫」第1話をラストまで完全にネタバレしています。

ドラマ「怪盗山猫」第1話・原作小説「怪盗探偵山猫」がまだという方はご注意ください!

 
ドラマ「怪盗山猫」各話のネタバレ&感想はこちら
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「怪盗山猫」第1話ネタバレのまえにキャスト相関図をチェック!

スクリーンショット 2016-01-16 13.00.47

出典:日本テレビ「怪盗山猫」公式HP

怪盗山猫

演:亀梨和也

ただひとつのミスさえも犯さない天才怪盗。

盗みの対象はあくまでも悪。

徹底的にターゲットを調べ上げ、「盗むべき価値」に価する組織から

大量の資金を盗み出すとともに組織にはびこる悪事を暴く。

その素性は謎に包まれ、全くの不明。

 

勝村英男

演:成宮寛貴

怪盗山猫を追う雑誌ライター。

いつしか怪盗山猫をめぐる大きな渦に翻弄され、

怪盗山猫と行動を共にしていくことに・・・

 

高杉真央

演:広瀬すず

魔王という名で世間を騒がせる天才ハッカー。

盗み出した顧客情報を

個人情報を扱う会社の社長を務める父親に渡している。

学校で孤立している孤独な少女が

父親のいいなりになり犯罪に加担している理由は果たして・・・?

 

関本修吾

演:佐々木蔵之介

警視庁に勤務する警部で山猫事件捜査本部のトップ。

独自の視線を元に捜査を展開、怪盗山猫に迫る。

 

霧島さくら

演:菜々緒

警視庁の刑事で関本(佐々木蔵之介)の部下。

学生時代から勝村(成宮寛貴)に対して淡い恋心を抱いている。

 

藤堂健一郎

演:北村有起哉

表の顔は世間で大人気のニュースキャスター。

しかし同時に怪盗山猫事件や関本(佐々木蔵之介)とも

密接なつながりがある謎多き人物。

 

室生里佳子

演:大塚寧々

怪盗山猫をサポートする妖艶な魅力を持つ女性。

普段はバーテンををしているが、

なぜ山猫の手助けをするのかなどの詳細は不明。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「怪盗山猫」第1話ネタバレ 〜天才怪盗山猫現る!〜

 

2016年、東京。

山猫のお面をかぶった1人の男が政治団体・シャイニングピースの事務所に侵入した。

 

その男の名は怪盗探偵山猫。

寄付を募るシャイニングピースの裏の顔は振り込め詐欺団体なのだ。

 

怪盗探偵山猫は振り込め詐欺の証拠として

顧客データをコピーしようとするも、

魔王と呼ばれる謎の天才ハッカーに邪魔される。

 

そうこうしているうちに警察が到着。

霧島さくら(菜々緒)に先回りされるが、山猫の方が一枚上手。

山猫は颯爽と逃走する。

 

ある日のこと。

とある週刊誌に山猫に関する連載を持っているライター勝村英夫(成宮寛貴)は

後輩のさくらに呼び出されカラオケ店に・・・

 

しかし、カラオケ店の一室にいたのは怪盗山猫。

 

「俺のこと知りたくないのか?」

山猫は勝村をアジトとなっている地下のバーに案内する。

 

山猫が勝村に接触した目的はひとつ、

今回作戦を邪魔された魔王についての情報だ。

 

勝村は過去に魔王を追っており、

魔王の正体がとある女子高生・高杉真央(広瀬すず)であること、

父親のフロンティアデータバンク社長・高杉に

ハッキングした顧客データを渡していることを突き止めていたのだ。

 

過去に父親と芸能人との不倫をネット上に暴いた真央。

そのせいで会社の業績は悪化し、真央の母親は自殺を図った。

 

なんとか一命をとりとめた真央の母親だったが、

精神的に不安定になり今は精神科病棟に入院している。

 

勝村が言うには、真央は母親の入院を稼ぐために、

仕方なく父親のいいなりになっているという。

 

ドラマ「怪盗山猫」第1話ネタバレ 〜真央がハッキングをしている理由〜

真央を糾弾するつもりはないという勝村だったが、

山猫に腕輪型の小型爆弾を装着させられたことで

山猫の指示通り山猫とともに真央に接触することになった。

 

後日、真央と対峙した山猫と勝村。

 

贖罪のつもりかもしれないが、

真央のしたハッキングのせいで多くの振り込め詐欺被害が出ていることを伝える山猫。

 

「わたしには関係ないから」

真央はその場を足早に去った。

 

真央は入院している母親に会わせてもらっていなかった。

近いうちに会わせてあげるから・・・父親・高杉の言葉を信じ、

真央は今日もハッキングした新たな顧客データを父親の高杉に手渡す。

 

山猫を追っている捜査本部のさくらには山猫にある因縁があった。

 

さくらの父親は山猫の事件を追っている最中に命を落としていたのだ。

さくらは山猫が父親を殺したと疑っており、

そのせいで山猫逮捕に執念を燃やしている。

 

「山猫は人を殺さない」という関本警部(佐々木蔵之介)の言葉にさくらは耳を貸さない。

 

そんななか、高杉社長の身辺で新たな動きが・・・

シャイニングピースが行っていた振り込め詐欺にも

一枚噛んでいたことが疑われる大門東京都知事が高杉社長に接触しているというのだ。

 

ドラマ『怪盗山猫』第1話ネタバレ、次ページに続きます!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る