下町ロケット2ガウディ計画ネタバレ結末(最終回)ロケットエンジンコンペ,ガウディ計画に訪れた結末に感動の嵐

life-862985_640-2

「下町ロケット2〜ガウディ計画〜」を結末まで完全ネタバレしていきます。

 

放送中のドラマ「下町ロケット」の最終回のネタバレにつながります。

ご注意くださいね!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

下町ロケット2ガウディ計画ネタバレ結末(最終回)の前にここまでのネタバレあらすじをおさらい

ここまでのガウディ計画ネタバレ

北陸医科大学の一村・サクラダの桜田・佃製作所の共同開発で始まった

人工弁プロジェクト”ガウディ計画”。

サクラダと佃製作所が中小企業ということが原因の偏見により

PMDA審査の壁にぶち当たる。

それに加えて、PMDA審査役の滝川は

アジア医科大学の貴船の息がかかっている人物。

裏で貴船がガウディ計画を阻止しているのだ。

 

そんななかサクラダは進展が見えないガウディ計画に対する出資を

親会社・桜田縦編から打ち切られてしまう。

リミットは次回のPMDA面談。

この時点で明確な進展がなければ、事実上ガウディ計画は破綻。

 

PMDA面談を有利に進めるための切り札として、

帝国重工のガウディ計画への参画という案を試みるも石坂に邪魔され失敗。

同様に一村も貴船との和解を試みるが失敗。

 

ここまでのコアハートネタバレ

コアハート計画は一村がアジア医科大学に居た際のアイディア。

貴船は一村からコアハートのアイディアを盗み、一村を北陸医科大学に飛ばした。

日本クライン・サヤマ製作所と進めるコアハート共同開発は

各方面に力が及ぶ貴船の権威により順調に臨床段階へと進んでいる。

しかし、臨床試験第1号の患者が死亡。

貴船は死因を患者のもともとの病気のせいにし、

部下の医師・巻田に責任を押し付け事態の収束を図る。

 

そんななかコアハートに疑惑を持つジャーナリストの咲間が登場。

アジア医科大学・サヤマ製作所から同時にリークされ、危機に・・・

 

ここまでのロケットエンジンバルブコンペのネタバレ

佃製作所とサヤマ製作所とのあいだではじまった

帝国重工へのバルブ供給におけるコンペ。

佃製作所が特許技術をもとにバルブ開発に勤しむ一方、

サヤマ製作所は帝国重工宇宙航空開発部資材調達グループの石坂、

宇宙開発グループで財前の部下である富山と裏で絡み、

佃製作所に数々の嫌がらせをしながら帝国重工との共同開発という名目でバルブを開発。

 

迎えたエンジン燃焼試験の結果は両者合格、

その成績は佃製作所がサヤマ製作所を上回る。

しかし、サヤマ製作所のバルブを使うことは

エンジン部品の内製化を奨める社長の意志に沿うこと、

佃製作所との差は僅差だったことを理由に石坂はサヤマ製作所のバルブ使用を強く推し、

結果、コンペの勝者はサヤマ製作所となった。

 

ここまでのサヤマ製作所内部動向ネタバレ

サヤマ製作所はアジア医科大学の貴船、日本クラインが進める人工心臓コアハートに

人工弁の部品を供給している。

人工弁開発を任されたサヤマ製作所の横田はどうしても完成させることができず、

設計図に問題があるのではないかという疑惑を抱く。

 

横田は人工弁開発から外され、次に任されたのが月島。

表向きには無事完成し、供給を開始したということであったが、

実は人工弁は完成していなかった。

 

椎名は人工弁のデータ偽装、未完成状態での納品を指示。

同時に佃製作所の中里を引き抜き、人工弁の新モデル開発に当たらせる。

もともとの設計に問題があるため、中里も苦戦し

横田とともに月島が用意した現行品の偽装データを閲覧。

データが偽装であることに気づいた横田はジャーナリストの咲間に

データを流し、辞職する決意を固めた。

 

ここまでの「下町ロケット2〜ガウディ計画〜」の詳しいネタバレが

知りたい方はこちらからどうぞ
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

下町ロケット2ガウディ計画ネタバレ結末(最終回)〜サヤマ撃沈、コンペ結果が覆る〜

サヤマ製作所が納品するコアハートの部品である人工弁の偽装データが

横田によってリークされた。

 

その情報は横田の証言とともに週刊誌に掲載されることが決まった。

椎名は取り乱し、差しどめを求めるが、

週刊誌の編集部は信ぴょう性は十分にあるとし、椎名の要求には応じなかった。

 

週刊誌はそのまま発売され、各方面に波紋が起きる。

当然、貴船も理事会で厳しく追及され、

弟子である一村のアイディアを横取りした事実までもが露呈しかけ、

貴船の院内での信頼は地に堕ちることになる。

 

日本クラインもまた対応に追われることになった。

記者会見を開き、

下請けであるサヤマ製作所個別の犯罪であるとして逃げ切ろうとするが、

藤堂と久坂の責任問題は重く、2人は”終わり”を覚悟する。

 

サヤマ製作所の椎名は実験環境の問題による錯誤で

故意に偽装したものではないと主張するも、

この偽装疑惑は連日多くのメディアで取り上げられ

サヤマ製作所の前には多くの報道陣でごった返す。

 

同じ頃、帝国重工の宇宙航空開発部での騒ぎも相当なものとなっていた。

サヤマ製作所の人工弁でのデータ偽装が認定される事態になった場合、

サヤマ製作所とはたとえ他の部品でも取引が不可能になる。

 

それ以前にサヤマ製作所が今回の件で倒産することも考えられる今、

議論の余地はない。

 

水原は佃製作所のバルブの採用を決定し、

その一報がもたらされた佃製作所は歓喜に沸く。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る