MOZU映画ネタバレあらすじキャスト完全版 ダルマと娘の死の関係が明らかに!MOZUついに完結

Pocket

【スポンサーリンク】

 

映画「MOZU」ラストまでのネタバレあらすじ2

その頃、路地裏に隠れていたエレナに偶然出会った大杉は

自らの探偵事務所で保護することになった。

 

大杉の娘・恵との約束のため、

あとを警官に任して事務所を出た大杉。

大杉と入れ違った恵が探偵事務所に現れた。

 

そこへ心酔する新谷宏美の格好に女装した権藤が

エレナを探しにやってきた。

 

警官たちは権藤の手によって惨殺され、

すでに他へ移ったエレナの代わりに権藤は恵を連れ去ってしまったのだった。

 

事件のことが気にかかっていた倉木は

津城警視正から

この件に深入りしないよう忠告される。

 

津城警視正はダルマにたどり着いてしまった…という意味深な言葉を残し、

それ以上は語らず去っていった。

 

恵が連れ去られたことを知り、明星の身を案じた倉木が明星の自宅を訪ねると、

すでに明星は連れ去られたあとだった。

 

シャワー音に導かれるように倉木が浴室に向かうと、

浴室の壁には血で浴槽から突き出した両足が描かれていた。

 

その絵が娘・雫の怪死のことを表わしているということが一瞬でわかった倉木は

今回の事件に関わっている者が娘の死の真相を知っているということを確信した。

 

ダルマにたどり着いたという津城警視正のもとへ急ぐ倉木。

しかし、津城警視正はすでに自殺に見せかけたかたちで、

組織の手によって殺害されていたのだった。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

映画「MOZU」ラストまでのネタバレあらすじ3

高柳から連絡が入った。

高柳はある”先生”と呼ぶ人物の配下で動いているようだ。

エレナを引き渡せば、恵と明星を返すという。

 

引き渡しの場所はペナム共和国。

倉木と大杉、村西はエレナを連れ、ペナム共和国に発ったのだった。

 

ペナム共和国にて、

徐々にいろいろな真実が明るみに出てくる。

 

高柳が”先生”と呼ぶ人物が欲しがっているエレナの首の裏には

バーコードのような印がある。

 

そして、ペナム共和国には同じような印を持った子供たちが

たくさんいた。

 

そしてついにダルマの正体も…

高柳や権藤が”先生”と呼び、その命令に従っている人物の名前は吉田コマオ。

 

吉田コマオは第二次世界大戦後、初めてアメリカとつながりを持った武器商人で

その後右翼などの組織とつながり、

政府も恐れるような強大な権力を持つまでに至った。

吉田が多くの政治家を手中に収めるのに時間はかからなかった。

 

吉田は表向きには死亡したことになっているが

実は”ダルマ”として国外でさまざまな事柄を裏で操り続けていたのだった。

 

そんなダルマも90歳を迎え、今や多くの医療機器に繋がれた状態でなければ

生きられない身体になっていた。

 

そこでダルマに健康な臓器を提供するためにつくられた子供たちが

エレナをはじめとする首の後ろに印を持った子供たちだったのだ。

 

検査の結果、臓器移植に1番適合する者がエレナだった。

 

倉木は娘・雫の死の真相を追ってダルマのもとに飛び込む決意を固め、

大杉に別れを告げた。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る