下町ロケット2ネタバレあらすじガウディ計画9話 急な予定変更!準備が間に合わない!?エンジン燃焼テスト前倒しは意図的な嫌がらせなのか


ドラマ「下町ロケット」のドラマ後半部分の原作に当たる

朝日新聞連載中の「下町ロケット2」第9話の

ラストまでのネタバレあらすじにスポットを当ててみました!

 

サヤマ製作所がその工程管理から財務までに至る帝国重工からの視察を終え、

これから佃製作所・サヤマ製作所が

それぞれエンジン燃焼テストに挑んでいくという流れになりました。

 

思い返せば数ヶ月前、帝国重工の富山率いるチームに

悪意に満ちた視察を受けた佃製作所でしたが、

それに打って変わり、サヤマ製作所の視察は上々の評価で幕を閉じたようです。

 

サヤマ製作所を絶賛する資材調達グループの石坂と

財前率いる開発グループの富山がやけにサヤマ製作所に肩入れしているように思え、

両者の間に何か黒い関係があるのではないかと勘ぐってしまいますね。

 

今回、その予感をさらに強くするような要請が

帝国重工から佃製作所に舞い込むことになるようです・・・

 

ドラマ「下町ロケット」のドラマ後半部分の原作に当たる

朝日新聞連載中の「下町ロケット2」第9話の

ラストまでのネタバレあらすじをご紹介します!

 
ドラマ「下町ロケット」ドラマ前半部分のネタバレあらすじと登場人物キャストはこちら

 
ドラマ後半部分「下町ロケット2」の第1話から結末までのネタバレあらすじはこちら

 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「下町ロケット」続編「下町ロケット2」ネタバレあらすじのまえに第9話登場人物をチェック!

 

帝国重工

石坂宗典 

演:石井一孝

財前と同じ宇宙航空部の資材調達グループを統括する。

財前とは社内においてライバル的な存在。

 

富山敬治

演:新井浩文

帝国重工の宇宙航空部宇宙開発グループ主任で

新型水素エンジン開発責任者。

やっと開発にこぎつけた新技術の特許がタッチの差で

佃製作所に取られたという一件から、

佃製作所に敵対意識を持つようになった。

 

サヤマ製作所

椎名直之

演:小泉孝太郎

精密機器メーカー・サヤマ製作所の社長で、元NASAのロケットサイエンティスト。

3年まえに父親の跡を継ぎ、社長に就任。

幅広い人脈を持っており、企業トップに直接働きかけるというやり方で

会社の売り上げを3年間で2倍に上げる。

佃製作所の同業者。

 

佃製作所

佃航平

演:阿部寛

小型エンジン開発・販売のいわゆる町工場、佃製作所の二代目社長。

かつては宇宙科学開発機構の研究員だったが、

ロケット打ち上げ失敗の責任をとり、辞職。

その後、社員一丸となり

自社のバルブシステム搭載のロケット打ち上げ成功を見る日が訪れた。

 

山崎光彦

演:安田顕

佃製作所技術開発部の部長。

航平の大学時代の後輩で5年前に佃製作所に招かれた。

何より実験を愛する根っからの研究者。

 

人工心臓弁プロジェクトチーム”ガウディチーム”

立花洋介

演:竹内涼真

技術開発部の若手技術者。

若手ながらも佃製作所の中で1番の粘り強さを持ち、上からの信頼も厚い。

真面目すぎるところが玉にきず。
 

加納アキ

立花の下で働く若手エンジニア。

大学の修士課程を修了しながらも家庭の事情で研究を断念せざるを得なかったところを

教授の紹介で佃製作所に入社することになった。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

下町ロケット2ガウディ計画 第9話 ネタバレあらすじ 前編

サヤマ製作所の帝国重工による3日間に及ぶ視察が終了したこの日。

銀座のイタリアンに設けられた食事の席では話が弾んでいた。

 

ロケットエンジンのキーテクノロジーにおいて

独自開発路線を貫きたい帝国重工にとって、

サヤマ製作所社長・椎名が申し出たバルブシステムの共同開発は非常に魅力的な話だった。

 

帝国重工は前回のロケット打ち上げにおいて、

打ち上げのスケジュールを遅らせることができなかったため

佃製作所の要求を飲みバルブを納品させたが、

社長の藤間もそのままで良いと思っているわけではないことを石坂は椎名に強調した。

 

「長い付き合いになると思いますが、全力でやらせていただきます」

椎名はまるで受注を確信した口調で頭を下げた。

 

そんな椎名に対し、

いろんな意味で側面支援すると答えた石坂は

意味ありげな笑みを浮かべていたのだった・・・

 

その頃、佃製作所では突然帝国重工から入った

エンジン燃焼テストの前倒しの話に混乱していた。

 

スケジュールの見直し、通称リスケ。

エンジンの燃焼テストのような大掛かりな試験において、

直前になってリスケされることはそうあることではない。

 

ちょうど技術開発部で今回のコンペ用の新型エンジンの設計をしていた航平は

電話を受けた山崎からその話を聞き、驚いて顔を上げた。

 

山崎が言うには、帝国重工の富山からたった今電話が入ったらしい。

リスケの理由は競合相手のサヤマ製作所のバルブが

予定していた試験の日に間に合わないからだという。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る