下町ロケット2ネタバレあらすじガウディ計画8話 談合コンペの予感!?サヤマ製作所と帝国重工との関係が気になる…


ドラマ「下町ロケット」のドラマ後半部分の原作に当たる

朝日新聞連載中の「下町ロケット2」第8話のラストまでのネタバレあらすじにスポットを当ててみました!

 

航平たちが進めるガウディ計画と並行する形で進んでいるのが、

帝国重工のロケットエンジンバルブ納品をめぐるサヤマ製作所とのコンペです。
サヤマ製作所の社長・椎名の強みがその人脈。

社長就任以来、会社が異例の急成長を遂げているのは、

その人脈を駆使しての企業トップへの働きかけにあると言われています。

 

今回のコンペでもサヤマ製作所と帝国重工とのつながりを心配する声が

佃製作所社員から挙がっていましたが、果たして・・・?

 

ドラマ「下町ロケット」のドラマ後半部分の原作に当たる

朝日新聞連載中の「下町ロケット2 ガウディ計画」第8話のラストまでのネタバレあらすじをご紹介します!

 

ドラマ「下町ロケット」ドラマ前半部分のネタバレあらすじと登場人物キャストはこちら

 
ドラマ後半部分「下町ロケット2」の第1話から結末までのネタバレあらすじはこちら

 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「下町ロケット」続編「下町ロケット2」ネタバレあらすじのまえに第8話登場人物をチェック!

帝国重工

石坂宗典 

演:石井一孝

財前と同じ宇宙航空部の資材調達グループを統括する。

財前とは社内においてライバル的な存在。

富山敬治

演:新井浩文

帝国重工の宇宙航空部宇宙開発グループ主任で

新型水素エンジン開発責任者。

やっと開発にこぎつけた新技術の特許がタッチの差で

佃製作所に取られたという一件から、

佃製作所に敵対意識を持つようになった。
 

サヤマ製作所

椎名直之

演:小泉孝太郎

精密機器メーカー・サヤマ製作所の社長で、元NASAのロケットサイエンティスト。

3年まえに父親の跡を継ぎ、社長に就任。

幅広い人脈を持っており、企業トップに直接働きかけるというやり方で

会社の売り上げを3年間で2倍に上げる。

佃製作所の同業者。

 

スクリーンショット 2015-11-29 16.24.53

出典:下町ロケット公式HP

月島直人  NEW

演:福田転球

サヤマ製作所の開発部リーダー。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

下町ロケット2ガウディ計画 第8話 ネタバレあらすじ 前編

帝国重工のロケットエンジンバルブ納入を

佃製作所と競合することになったサヤマ製作所。

 

この日、帝国重工の視察チームによるサヤマ製作所の3日間に及ぶ視察が終了した。

 

その後、銀座のイタリアンへ場所を移し、

4人の男性がテーブルを囲んでいた。

 

帝国重工からは宇宙航空部の資材調達グループを率いる石坂と

宇宙開発部で財前のもと開発グループ主任を務める富山。

 

そしてサヤマ製作所からは社長の椎名と

開発部リーダーの月島が和やかな雰囲気のなか、会話を弾ませていた。

 

話題はその日サヤマ製作所の視察において、

帝国重工の視察団が目の当たりにした工場レイアウトに及んだ。

 

サヤマ製作所の工場のレイアウトは

椎名がNASAで働いていた時代に視察した最先端の工場のそれを参考につくられており、

巨大な空間に研究者1人1人に専用のブースが設けられ、

その中央にミーティングスペースが配置されているというもの。

 

中2階から見下ろすその壮観な光景を石坂と富山は共に大絶賛した。

 

この3日間、富山が率いる視察チームが工程管理から財務までを評価したが、

いずれも申し分ないレベルで、

特に技術力においては中堅工場として比類のないレベルであると

視察チーム全員の意見が一致した旨を富山が椎名に伝える。

 

これらの評価を踏まえて、

今後エンジン燃焼試験のスケジュールを詰めていくことになる。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る