観光バス水没事故 台風の中バス屋根での10時間が幸せをくれた!37人に訪れた奇跡の瞬間とは

Pocket

2004年日本列島を襲った台風23号による水害で

京都府舞鶴市の国道にて観光バスが水没する事故がありました。

 

由良川の越水により辺り一面が水没した中、

観光バスの屋根に孤立した37人が救助を求める壮絶な様子が

記憶に残っている方も多いでしょう。

 

観光バス水没事故にてカンバスの屋根に取り残された37人は

平均年齢67歳の高齢者。

 

そして観光バスの屋根に避難してから、

翌朝37人全員の救助が完了するまで、なんと10時間…

 

台風により雨風が吹き荒れる中、

観光バスの屋上でいつ流されてしまうかわからない状態で過ごした想像を絶する10時間は

のちに生還者により「幸せをくれた10時間」という題名にて書籍化されていました。

 

命の危険と隣り合わせだったバスの屋上の上での10時間が

なぜ”幸せをくれた”時間になり得たのでしょうか?

 

2004年、京都の舞鶴市の国道で起きた観光バス水没事故にて、

観光バスの屋根の上で37人に訪れた奇跡の瞬間にスポットを当ててみました。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

観光バスはなぜ水没した?台風のなか観光決行が屋根にて10時間孤立につながったのか

TKY200706160043

 

2004年の10月20日から翌21日の朝にかけて、
京都府舞鶴市の国道にて水没した観光バス。

 

あの日あの版、濁流のなか孤立した観光バスの屋根の上で

台風により吹き荒れる雨風のなか10時間を過ごした37人は

なぜあのような状態に陥ってしまったのでしょうか?

 

この日紀伊半島に上陸した台風23号は

上陸に至るまでにも各地で甚大な被害を出しながら進行しており、

数々のメディアで台風に警戒するようにとのニュースが流されていました。

 

あのような状況のなかでなぜ?という疑問も多い

観光バス水没事故の事故前日から当日の様子が気になりますね。

 

水没した観光バスの乗客は兵庫県豊岡市の市役所OBと病院のOBで、

10月19日から20日にかけて慰安旅行で北陸を観光していたのでした。

平均年齢67歳の高齢者ばかりだったのはこのためです。

 

天候は観光バス水没事故が起きる前日から思わしくなく、

台風が接近しているということで強めの雨が降りつけるなかでの観光だったそうです。

 

その翌日、台風23号はますます近づき、

各地での被害の様子が報道されます。

 

この時点で観光バスの乗客のなかには不安を訴える人が出たようです。

しかし、観光バスの運転手は予定通りの観光を消化していきます。

 

本当は観光バスの乗客を無事豊岡市に送り届けるためには

この時点で帰路についていなければいけなかったのです。

 

個人の旅行ならいくらでも予定を変更することはできますが、

この時点で観光の予定をすべてキャンセルして帰路につくという判断は

観光バス会社側としてはなかなか簡単な決断ではなかったのかもしれません。

 

観光の予定をすべてキャンセルした場合、

たとえば昼食などの予約をすべてキャンセルする必要がありますし、

相当のキャンセル料が発生することもあるでしょう。

 

また予定をこなせなかったことにより

観光バスの乗客に旅行料金の払い戻しが発生することも懸念されます。

 

観光バス会社側としては、

なんとか予定を消化したいという気持ちであったことは理解できますね。

 

10月20日、慰安旅行2日目の予定をなんとか消化した一行は

帰路につきます。

 

しかし時すでに遅し…

通る予定だった高速道路が土砂崩れで通行止めになっていました。

 

仕方ないので一般道にて帰路についた観光バスでしたが、

この頃には台風はますます接近し、

暴風雨も不安になるほどのレベルになっていました。

 

「今日中に豊岡市に帰るのは難しい。

今晩は旅館かホテルに泊まり、台風の通過を待とう」

観光バス運転手・バス乗客37人の意見が初めて一致しました。

 

そこで37人分の宿を探し始めるのですが、

当たり前ですがなかなか見つかりません。

観光バスは渋滞の中、ダラダラと走り続けます。

 

おそらくこのとき宿を探していたのは観光バス会社側でしょうから、

連絡を待ちながら、

観光バスをとりあえず走らせるという状況が生まれたのでしょう。

 

しかし実はこれが運命の分かれ道でした。

 

午後7時半頃、観光バスは由良川にかかる大川橋を渡ってしまい、

国道175線に入ったばかりのところでエンジンが水に浸かってしまいストップ。

完全に立ち往生といった状況に陥りました。

sidakasmski05

画像:観光バスが立ち往生した場所
 

【スポンサーリンク】

 
 

観光バスが完全に水没!バスの屋根で救助を待った10時間で37人が乗り越えた2つの壁

平均年齢67歳の高齢者が自分たちの力だけで

観光バスの屋根の上に避難したという事実でさえ驚愕に価するのですが、

本当の難関は観光バスの屋根に登ってからの10時間でした。

 

観光バスの運転手・乗客37人の生還のまえに

立ちはだかった大きな壁が2つ。

 

肉体的な壁と精神的な壁です。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る