コウノドリ ネタバレキャスト比較相関図とあらすじ 小栗旬がキーマン!ドラマ結末の鍵はサクラが封印した過去!

baby-303068_640

金曜22時からの新ドラマ、「コウノドリ」のネタバレありのキャスト比較相関図と

「コウノドリ」のあらすじ・結末についてスポットを当ててみました!

 

「モーニング」にて好評連載中のコミック「コウノドリ」が原作のドラマ「コウノドリ」。

全国各地の病院へ丹念な取材と過去TBSで放送した医療ドラマの精鋭スタッフにより、

リアリティに富んだ医療現場が描かれています。

 

またゲスト出演者であり、ドラマ「コウノドリ」のオリジナル結末に向かう展開の

キーマンとなる重要な役を演じることになるのが小栗旬さんです。

 

新ドラマ「コウノドリ」のキャスト比較相関図、

小栗旬さんが演じる役柄が大きく関わることとなる

ドラマ版オリジナル結末のネタバレなどをご紹介します!
 
追記:ドラマ「コウノドリ」最終回に小栗旬さんの実の子供が”めい”として登場で話題!追記しました!

追記:ドラマ「コウノドリ」第1話ラストまでのネタバレあらすじ追加しました!

追記:ドラマ「コウノドリ」第2話ラストまでのネタバレあらすじ追加しました!
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「コウノドリ」ネタバレあらすじのまえにキャスト比較相関図(ネタバレ含む)をチェック!

スクリーンショット 2015-10-16 12.04.12

画像:(C)1995-2015, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

鴻鳥サクラ

演:綾野剛

ペルソナ総合医療センター産婦人科チームの医師・患者の人望あるリーダー。

医師という素性を伏せ天才ピアニスト・BABYとしても活躍しているが、

そのことを知る人物は院長と助産師の小松のみ。

生後間もなくシングルマザーである母を亡くしたことから、

乳児院・児童養護施設で育つという過去を持ち、

そんな生活の中で喜怒哀楽をピアノで表現するようになった。

原作では…

温厚な性格と冷静な判断力を併せ持つ産婦人科医師。

ウィッグにメイクした姿でジャズピアニストBABYとして活動するもう一つの顔を持っている。

児童養護施設で育った過去を持っていて、カップ焼きそばをこよなく愛する。

 

 

下屋加江

演:松岡茉優

サクラの後輩の新米産婦人科医でサクラのような産婦人科医になることを目標としているが

まだ思いに腕と知識がついていかない状態。

新生児科の白川と同期。

原作では…

BABYの大ファンだがBABYのライブの日はサクラが抜けるため当直になってしまい

未だ行けていない。

1人焼肉が趣味。

 

 

四宮春樹

演:星野源

サクラとは同期の産婦人科医で、人情派のサクラとは正反対の性格。

その冷徹な対応から患者受けはしない。

以前は熱血漢で優しい医師だったというがある出来事がきっかけで

現在のような性格になってしまった。

原作では…

自身が担当した出産で生まれた新生児が6年間の植物状態を経て、

亡くなるという過去を経験している。

母親も出産後亡くなり、母親の家族から責任を問われていた。

家族が辛い現実と向き合うことができず、植物状態となった子供に面会にこないため、

亡くなるまでの間毎日見舞いに訪れるという日々を送っていた。

子供が亡くなったことをきっかけに、

患者から嫌われても患者の命をまず救うという

冷徹とも思えるスタンスになった。

 

 

小松留美子

演:吉田羊

サクラと四宮の研修医時代を知るベテラン助産師。

2人を指導していた過去から、2人から今でも先生と呼ばれ尊敬されている。

サクラがピアニスト・BABYであることを知っている数少ない人物。

原作では…

アラフォーベテラン助産師。

好物は豚足・ビール・タバコ。

 

新井恵美

演:山口紗弥加

新生児科の新任医師。

自分の仕事にすべての熱意を注いでいるが、頑張りすぎるところが玉にきず。

原作では…

冷静で責任感が強い美人女医。

新生児を亡くした父親の一言がトラウマになり現場を去る。

 

白川領

演:坂口健太郎

新生児科の新米医師。

口はいいとは言えないがなぜか憎めない存在として愛されるキャラ。

下屋とは同期。

 

大澤院長

演:浅野和之

ペルソナ総合医療センターの院長で、

訴訟事例の多い産婦人科のことを何かと気にかけている。

サクラがピアニスト・BABYであることを知っていて、

内密にすることを条件に黙認している。

 

今橋貴之

演:大森南朋

新生児科の部長であり周産期センターのセンター長。

無愛想だが患者を思う気持ちは本物で他の科の医師からも一目置かれた存在。

サクラが尊敬する人物。

 

永井浩之

演:小栗 旬
中堅の事務機器メーカーのエース営業マン。

念願のマイホームと妻の妊娠という幸せ真っ只中にいたが、

妊娠中の妻が交通事故で意識不明の重体に…

サクラにある重大な選択をせまられることになる。

本人の意図しないところで、その懸命な姿がサクラに影響を与える。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「コウノドリ」キャスト比較相関図のあとは第1話のネタバレあらすじをチェック!

ドラマ「コウノドリ」は毎回違ったテーマを

2〜4話完結のスタイルで描くコミックに沿った形で進められます。

 

現在連載中の原作コミック「コウノドリ」に収録された内容は以下のようになります。

 

①巻【未受診妊婦】【切迫流産】【淋病】【オンコール】

②巻【人工妊娠中絶】【無脳症】【被膜児】【喫煙妊婦〈前編〉】

③巻【喫煙妊婦〈後編〉】【海外出産】【自然出産と帝王切開】【救急救命〈前編〉】

④巻【救急救命〈後編〉】【夫のDV】【風疹】

⑤巻【立ち会い出産】【双子】【卵子提供】

⑥巻【子宮外妊娠】【性感染症】【口唇口蓋裂】【乳児院】

⑦巻【NICU】⑧巻【妊娠初期】【マタニティブルー】【出産から退院まで】【研修医〈前編〉】

⑨巻【研修医〈後編〉】【インフルエンザ】【出産予定日】

⑩巻【無痛分娩】【長期入院〈前編〉】

ドラマ「コウノドリ」の第1話は原作コミック第1巻収録の「未受診妊婦」です。

緊急搬送されてきた妊婦・夏希(清水富美加)ですが、

妊娠後期だというのに妊婦健診を受けたことがないため、

これまでの妊娠の経過が全くわからないなかでの緊迫した医療と、

未受診に至った苦しい生活背景などが描かれます。

 

コウノドリ第1話ラストまでのネタバレあらすじ

破水し胎児が出かかった状態で運ばれてきた夏希。

無事母子ともに健康な状態で出産は終わりましたが、

夏希は我が子にも会わないまま病院を抜け出しいなくなってしまいます。

いわゆる生み逃げというやつです。

 

夏希には幼少期の虐待と子供の父親から逃げられたという過去があることがわかります。

最近はネットカフェの住人で

日雇いアルバイトで食いつなぐというような生活だったようです。

 

警察に通報しろという四宮。

サクラは夏希を探し出し説得、

拒否していた夏希は最終的に自分の子供を受け入れることができたのでした。

 

一方なかなかお産が進まず

いわゆる難産となった小早川夫婦(臼田あさ美・要潤)も

新しい家族を迎えることができたのでした。

 

夏希は子供と暮らしていくために支援団体の助けを借り

自立する方向へ。

 

しばらく母親とは離れて暮らすことになる夏希の子供と

乳児院で育った自分の過去を重ね合わせるサクラでした。

 

そして、交通事故に遭ったという妊婦が緊急搬送されてきます…
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る