オトナ女子 ドラマキャスト相関図とあらすじ 斎藤工のベッドシーン再び!?挿入歌動画もチェック!

apple-139266_640-2

木曜22時からの新連続ドラマ、「オトナ女子」のキャスト・登場人物相関図と

あらすじにスポットを当ててみました!

 

連続ドラマ2年半ぶり主演の篠原涼子さんを始め、

オトナ女子を演じるのは吉瀬美智子さん・鈴木砂羽さん、

そんなオトナ女子たちと恋愛を繰り広げるのが

江口洋介さん・斎藤工さん・谷原章介さん・平山浩行さん・千葉雄大さんと

超豪華キャストなんです!

 

そんな今季新ドラマのなかでも見逃せない「オトナ女子」のキャスト・登場人物相関図と

あらすじ、ドラマ挿入歌・Crystal kayさんの「何度でも」のPV動画などをご紹介します!

追記:第2話までのネタバレあらすじ追加しました!

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「オトナ女子」あらすじのまえにキャスト・登場人物相関図をチェック!

スクリーンショット 2015-10-15 15.09.49
画像:©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

中原亜紀(40)

演:篠原涼子

恋愛アプリ開発部署で働くバリキャリの40歳独身OL。

仕事においてはかなりのデキる女だが、部下にはお局として哀れがられている。

現在ミュージシャン志望の年下彼氏・伸治と同棲中だが

ヒモ同然の伸治のまえで本音を出すことができず、

ペットの猫”ちくわ”に愚痴る日々を送っている。

 

山岡伸治(34)

演:斎藤工

メジャーデビューを目指す自称”ミュージシャン”志望の34歳で

夢を諦める適正なタイミングを見失っている。

とにかく稼ぎがなく、甘え上手で女性の母性本能を無意識にくすぐるため

ギターや生活費まで亜紀に面倒を見てもらっている。

本音を言えず我慢している亜紀を優しいと勘違い中。

 

 

坂田みどり(40)

演:鈴木砂羽

弁当屋のパートで男ばかりの3兄弟を育てるバツイチのシングルマザー。

もともとダンサー志望だった3男の担任教師である12歳年下の沢田が

駅前で踊っている姿を目撃したことがきっかけで沢田を男性として意識するようになる。

 

沢田健太(28)

演:千葉雄大

みどりの3男が通う学校のクラス担任。

もともとはダンサー志望だったが両親を安心させたいという思いから

安定した職を求め教師となった。

一回り以上年上のしっかりしたみどりに担任と親の関係を超えて、

次第に個人的な悩みを打ち明け心癒されるようになっている自分に気づく。

 

 

大崎萌子(40)

演:吉瀬美智子

フラワーショップを経営する40歳独身女性。

40歳となりますます婚活に焦り様々な男性にアプローチするも、

男性から見透かされているのかその努力は報われない。

亜紀の勤める会社の社長で生涯独身主義のプレイボーイでもある栗田に惹かれることになる。

 

栗田純一(42)

演:谷原章介

亜紀の会社の社長で金回りの良さと気配りで

常時彼女が複数いるプレイボーイ。

今の生活を捨てて結婚する気は全くない。

 

高山文夫(45)

演:江口洋介

恋愛ドラマ脚本家。

10数年前以上には多くのヒットドラマを生み出し、

恋愛ドラマ脚本家の代名詞的な存在だったが、最近は小説を執筆中。

恋愛ドラマの脚本家らしく独自の恋愛論を持っており、

理屈っぽく周囲からも変わった人扱いされている。

感情的な亜紀とは水と油のような関係。

 

池田優(38)

演:平山浩行

出版社の編集者で恋愛ドラマ脚本家である高山の大ファン。

高山が現在執筆中の小説を自社から出版するべく高山の元へ通う日々を送っている。

偶然出会った亜紀に一目惚れする。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

ドラマ「オトナ女子」キャスト・登場人物相関図のあとは第1話ネタバレあらすじをチェック!

中原亜紀は40歳独身で恋愛アプリ開発を手がける会社の
モバイルコンテンツ部でバリバリ働く有能なキャリアウーマン。
一見欲しいものは手に入っているかのような亜紀だったが、
実は恋愛面ではこのままでいいのかと悶々とする日々を送っていた。

 

亜紀の同棲中の彼氏である伸治は34歳にもなってメジャーデビューが諦めきれず、
ヒモ状態の伸治に本心を見せることができない亜紀は、
将来性のない伸治との付き合いに疑問を感じながらも関係を続けていたのだった。

 

そんな亜紀が本音を話せるのが、ペットの猫”ちくわ”と
亜紀と同い歳の独女、オトナ女子の親友である萌子とみどり。

 

フラワーショップのオーナーで婚活に焦る恋愛体質の萌子、
かたやバツイチで3人の男の子を弁当屋のパートで育てるみどり。

 

気がつけば亜紀は何かにつけ萌子やみどりと女子会を開き、

自分たちの近況を報告し愚痴を言い合うのが

何よりの楽しみになってしまっていたのだった。

 

さて、現在亜紀が取り組んでいる仕事がアラフォー向けの恋愛アプリの開発。
年下部下とは何かと恋愛観において意見がすれ違うことも…

 

そこで亜紀はかつて恋愛脚本家として数々のドラマをヒットさせた
高山に開発中の恋愛アプリの監修を依頼することを思いつく。

 

なかなかつかまらない高山を追って、
高山が入り浸っているというカフェに行き着いた亜紀は
やっとのことで高山に会うことができるが、
高山は亜紀が持参した恋愛アプリの企画書を見るなりダメ出しの嵐…

 

初対面にもかかわらず
「いい年して胸キュンもない」
「40歳の女を女子とは言わない」
と歯に衣着せない高山の無礼な態度に、
亜紀は思わず「あなたこそ思春期丸出しの偏屈男だ」と口走ってしまうことになる。

 

そんな険悪なムードながらも、

高山に亜紀のプロジェクトに参加してもらえることになったのだった。

 

そんな中やっとメジャーデビューが決まった伸治。

いままで支えてきた甲斐があったと感慨深いものがあった亜紀だったが、

それもつかの間、伸治の浮気が発覚する。

 

相手は若い女性で、

亜紀は浮気現場を目撃してしまうことになり、

しかも伸治に振られてしまう…というどん底に突き落とされてしまったのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る