バクマン。映画版ネタバレあらすじ,キャスト 結末が原作と違う!感想や評価も二分で続編の可能性も

Pocket

映画「バクマン。」がいよいよ公開です!

今回は映画「バクマン。」の結末までのネタバレあらすじと

キャスト・登場人物にスポットを当ててみました!

 

「デスノート」でおなじみ、大場つぐみ・小畑健のコンビが送る

大ヒットコミックス「バクマン。」の実写版である本作ですが、

原作を忠実に再現しながらも、原作とは異なる結末が描かれるようです。

 

人気コミックスの映画化というと

原作ファンの期待値も高く、

その分評価もシビアなものが自然と多くなる傾向にあるようですが、

今回原作とは異なる結末となったことで評価が二分している様子です。

 

映画「バクマン。」の結末までのネタバレあらすじとキャスト、

気になる感想・評価についてご紹介したいと思います!

【スポンサーリンク】

 

映画「バクマン。」結末までのネタバレあらすじの前にキャスト・登場人物をチェック!

スクリーンショット 2015-09-28 13.32.28

真城最高(ましろ もりたか)

演:佐藤健

かつての週刊少年ジャンプ連載作家・川口たろうを叔父に持つ

類稀な画力を持つ高校2年生。通称サイコー。

漫画家志望だったが、叔父の急死によりその夢をあきらめてしまっていた。

 

クラスメイトの亜豆美保に思いを寄せており、

アニメ化した自分たちの漫画のヒロインの声を亜豆があてるという夢が叶えば、

亜豆と結婚するという約束を交わしたことがきっかけで、

クラスメイトのシュージンと

再び漫画家への道を目指し始める。作画担当。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.32.47

高木秋人(たかぎ あきと)

演:神木隆之介

優れた文才に恵まれ、文部科学大臣賞授与経験もあるが

致命的に絵が下手な高校2年生。通称シュージン。

漫画家を志しており、サイコーの画力に目をつけ、

ともに漫画家への道を目指さないかと誘う。

音楽好きでヘッドフォンが欠かせない。原作担当。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.33.03

新妻エイジ(にいづま えいじ)

演:染谷将太

手塚賞入選、ジャンプの王道とも言えるバトル漫画「CROW」で

鮮烈にデビューした天才高校生漫画家で、

その才能は10年に1人の逸材と評されている。

サイコー・シュージンコンビが最もライバル視する漫画家。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.33.14

亜豆美保(あずき みほ)

演:小松菜奈

サイコーとシュージンのクラスメイトで声優志望。

すでにプロダクションに持ち込みなどの活動をしており、

手応えを感じている。

芸能活動禁止である高校を退学するなど、

その夢にかける情熱は本物。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.33.24

福田真太(ふくだ しんた)

演:桐谷健太

パチンコ店アルバイトをしながら、漫画家を目指す22歳。

ヤンキー漫画を得意としており、

本人の性格も熱くて口は悪いが、筋は通す。

現代社会の問題などを絡ませた過激なヤンキーバトル漫画「KIYOSHI騎士」で

連載を勝ち取る。

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.33.35

平丸一也(ひらまる かずや)

演:新井浩文

グラフィックデザイナーを辞め、初めて描いた漫画が

赤塚賞佳作に選ばれるという異色の経歴を持つ26歳。

作品クオリティへの評価はかなり高いが、

コツコツ働くことが嫌いな反面、金儲けに目がない。

ラッコが世直しをするギャグ漫画「ラッコ11号」が初投稿作品であり、

連載化決定作品でもある。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.33.46

中井巧朗(なかい たくろう)

演:皆川猿時

20歳の頃から数々の漫画家の下でアシスタントを務めるという

正攻法で画力を磨いてきた35歳。

特に背景に関しては、右に出る者はいないとまで評されており、

美少女×グルメの「味覚人少女美味」にて、

ようやく連載にこぎつけた。

 

 

スクリーンショット 2015-09-28 13.34.05

川口たろう(かわぐち たろう)

演:宮藤官九郎

サイコーの叔父で、週刊少年ジャンプ連載作家。

幼いサイコーの漫画家になりたいという夢を

見守ってきた存在だったが、

「超ヒーロー伝説バックマン」打ち切りが決まった直後、

突然帰らぬ人となってしまった。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

映画「バクマン。」キャスト・登場人物の後は結末までのネタバレあらすじ 前編


高校2年生の真城最高(通称サイコー)は類まれな画力を持ちながらも、

将来に夢を持つわけでもなく、ただ流されるままに生きる日々を送っていた。

 

そんなサイコーにもかつては夢があった。

それが叔父のような漫画家になりたいという夢。

 

サイコーの叔父・川口たろうは

週刊少年ジャンプで連載を続ける売れっ子漫画家で、

サイコーはそんな叔父を誇りに思っていた。

 

アニメ化までされた叔父の作品だったが、

その人気衰退とともに暗い影が…

 

叔父の作品は連載打ち切りとなり、

その知らせを受け取った直後、叔父は倒れ帰らぬ人となった。

 

過労だった。

 

漫画に命を奪われた叔父のことがサイコーの心にのしかかり、

サイコーはやがて漫画家になるという夢を捨てたのだった。

 

 

ある日、退屈なサイコーの高校生活を変える出来事が起きる。

 

クラスメイトの秀才・高木秋人(通称シュージン)に、

ともに漫画家への道を目指さないかと誘われたのだ。

 

漫画志望ではあるものの、

文才はあるが致命的に絵が下手なシュージンは、

自分の原作に絵をつけてくれる作画の相棒を探していた。

 

最初はシュージンの情熱に引き気味だったサイコーだったが、

片思い中の亜豆美保と

お互いの夢が叶ったら結婚するという約束を交わしたことから俄然やる気を出し、

シュージンと共に再び漫画家への道を志すことになったのだった。

 

サイコーとシュージンの目標は週刊少年ジャンプでの連載。

漫画作りに明け暮れ、ジャンプ編集者の服部の目に止まるまでになった。

 

しかし2人の前に新妻エイジという強力なライバルが出現。

自分たちと同じ高校生漫画家である新妻を

ライバル視するサイコーとシュージンだったが、

新妻は若干17歳で手塚賞入選、

そのままジャンプ連載を決め大きく引き離されてしまう。

 

ライバル新妻の華々しい活躍と

10年に一度の逸材と評される天才的な才能に圧倒されるサイコーとシュージン。

しかし

「天才じゃない俺たちは邪道で勝負するしかない」と

自らの目指す道を見据えひたすら漫画に打ち込むのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 川口たろう
    • 2015年 10月 04日

    佐藤健が演じている役って

    真城最高と書いてましろもりたかと読むのではないですか?

      • aoi-sea
      • 2015年 10月 04日

      川口たろうさん、ご指摘いただきありがとうございます!
      早速訂正しました。

      波待ち日記管理人

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る