SPEC結ネタバレあらすじ後編を徹底考察!制作側の意図とエンドロール結末の意味とは?

Pocket

劇場版SPEC(スペック)シリーズ完結編にあたる

「SPEC〜結〜」のネタバレあらすじと考察をまとめてみました!

 

「漸ノ篇」「爻ノ篇」の二部構成となる「SPEC〜結〜」。

 

「SPEC〜結〜」の後編部分で一気にストーリーが結末へと向かう

爻ノ篇のネタバレあらすじと、

非常に理解が難しい部分が多い「SPEC〜結〜」を

登場人物や制作側の意図という側面から考察してみました。

【スポンサーリンク】

 

「SPEC〜結〜」のネタバレあらすじの前にSPECシリーズの概要と物語の順番をチェック!

SPECシリーズはもともとテレビドラマ、

「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」

から始まる物語となっています。

 

「そもそもSPECって何?」レベルの方のために

SPECシリーズの概要をざっくりご説明したいと思います。

 

SPECとは?

SPECとは特殊能力のことで、その能力は実に多岐に渡ります。

超能力とも言いますね。

 

そして、特殊能力であるSPECを使いこなすことができる人種のことを

SPECホルダーと表します。

 

通常、人間はそれぞれの脳の力を10%ほどしかつかっていないなか、

なんらかの方法で残り90%の力を引き出すことに成功すると

SPECが使えるという状況になるのではというのは

主人公でありSPECホルダーでもある当麻紗綾の持論。

 

本来はすべての人間にその素質はあるが、

その力を使いこなせるレベルにまで昇華できる人間は

ごく一握りという状態で、

SPECは実に多岐にわたります。

 

加えて、能力の種類によっては、

SPECを自身で制御不可能、暴走するということも起こります。

 

しかし、SPECシリーズ完結編である「SPEC〜結〜」にて

SPECホルダーに関しての新たな概念が登場します。

 

それが、SPECホルダー=先人類の末裔というもの。

のちに詳細を解説します。

 

SPECシリーズの概要

ドラマのサブタイトルにもなっている

警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係

という係は一見暇な、いわゆる左遷部署。

 

通称「未詳」の担当事件は、SPECホルダーが絡んだ事件。

通常の捜査では解決が困難な事件が他の部署から回されてきたりするわけです。

 

SPECシリーズ通しての主人公である

男女2人組の刑事・当麻紗綾(とうま さや)と

瀬文 焚流(せぶみ たける)の

様々なSPECホルダーからの挑戦と戦いの物語です。

 

SPECシリーズの順番

 

「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」(2010)

「SPEC〜翔〜〔スペシャルドラマ〕」(2012)

「劇場版SPEC〜天〜」(2012)

「劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇・爻ノ篇」(2013)
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

「SPEC〜結〜」までのネタバレあらすじと「SPEC〜結〜」のネタバレ概要をチェック!


「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」

のから始めるSPECシリーズですが、

当初はSPECという特殊能力の存在と

それらの力を使いこなすことができるSPECホルダーという人種の存在が

徐々に明らかになってくるという物語でした。

 

そのうちこのSPECホルダー同士が結成した

闇の大組織の存在が明るみに出ることになっていきます。

 

そのSPECホルダー組織に翻弄される当麻と瀬文をはじめとする

その周囲の人間たち。

しかし、その一方SPECホルダーに対抗する組織の存在が…

 

その対SPECホルダー組織が、

日本の影の支配者たちで結成される御前会議というもので、

御前会議はSPECホルダー抹殺計画である「シンプルプラン」というものを

計画していることがわかるのです。

 

SPECホルダー抹殺計画「シンプルプラン」とは?

このシンプルプランというものの全容が

「SPEC〜結〜」で判明することになっていくのですが、

この計画はSPECホルダーのある体質に着目したもの。

 

シンプルプランとは特殊な化学兵器のようなものではなく、

実はごくありふれたウイルスであるインフルエンザウィルスでした。

 

ではなぜ、インフルエンザのようなウイルスで

SPECホルダー抹殺が遂行可能なのかというと、

SPECホルダーには抗インフルエンザ薬が効かないという特徴、

またウィルスが特別に作用する特徴を保有していることを利用したものだったです。

 

なので、シンプルプラン自体は通常の人間には何の問題もない

インフルエンザというありふれたウィルスでありながら、

SPECホルダーだけを自然に抹殺できるという計画だったようですね。

 

そして「SPEC〜結〜」の最終的な戦いが誰との戦いかという確信に迫ります。

「SPEC〜結〜」の最終的な敵は「先人類」という人種になります。

 

この地球上に人類が誕生した以前、

はるか太古の昔から地球で暮らしていた人類が存在しました。

 

彼らは地球であるガイアと対話する能力があり、

その他のすべての部分において通常の後発人類よりも勝っていたのです。

 

そして、その先人類の末裔がSPECホルダーであるということのようです。

 

その先人類が暮らしていた地球へある日突然隕石が落下。

その隕石に乗ってやってきたアミノ酸をもとに

爆発的な増殖を遂げたのが、現在の通常の人類。

 

要するに先人類が純血種とすれば、

通常の人類はハーフであり劣化種というところでしょうか?

 

そんな劣化種に追いやられ、滅亡の危機を迎えている先人類が

通常の人類を滅亡させ、再び先人類中心の太古の地球を復活させよう

という計画を阻止するのが、「SPEC〜結〜」の最終目標となります。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る