深津英臣 結婚し嫁子供のため倹約パパに!石川祐希との初見は教育実習で女子にモテモテな可能性が!

baby-22194_640

男子バレーボール全日本チームのセッター、

深津英臣選手にスポットを当ててみました!

 

男子バレーボール選手といえば、

NEXT4の人気が半端ないわけですが、

自称「若さ溢れる太陽」こと深津英臣選手が

気になって仕方がない方が続出中です!


 

みなさんの心配(?)をよそに、

深津英臣選手、実はご結婚されており、

すでに生涯の伴侶となるお嫁さんと子供を持つパパで、

かなりモテていた可能性が…

 

深津英臣選手のバレーボール歴や性格、

NEXT4の石川祐希選手とのエピソードについてご紹介します!

 
 

【スポンサーリンク】

 
 

深津英臣の子供時代とバレーボール歴 みんなのアイドルで天狗だった!?

深津英臣(ふかつ ひでおみ)

1990年 6月1日生まれ(25歳)

愛知県豊田市出身

180㎝ 70㎏

パナソニック・パンサーズ所属

ポジション:セッター

スパイク:325㎝

キャッチコピー:若さ溢れる太陽

 

 

深津英臣選手はその貫禄ある外見のわりに

2015年現在25歳と、

若手ではないにしてもベテランとも言えない、

いわゆる中堅の選手です。

 

 

ちなみに、自ら考案した「若さ溢れる太陽」の真意は、

元気をチームに与えたい、

自分自身もっと目立ち、輝いていきたいという思いからだそうで、

多くの方が想像しているような意味ではなさそうです。

 

 

深津英臣選手は男ばかりの

3人兄弟の末っ子であることは有名ですよね。

 

人の性格形成に大きな影響を与えるのが、

遺伝的な要素と生活環境や家族との関わりです。

 

男ばかりの3人兄弟の末っ子で、

周囲からかなり可愛がられて育った深津英臣選手。

 

それに加え、3歳差の長兄、そして次兄と年が近いことから

兄たちに揉まれてかなりの打たれ強さを備えた人物でもあるでしょう。

 

兄たちがバレーボールを先に始めていたことから、

練習にもよく連れられて行き、

チームの関係者からもよく知られていた深津英臣選手は、

当たり前のようにバレーボールの道へ進んでいきます。

 

 

今だから言える話としては、

3人兄弟のうち1番バレーボールの才能に恵まれていたのは

深津英臣選手だったということでした。

 

愛知県豊田市立崇化館中学校へ進学し、

3年生の時には全国中学選抜メンバー入りします。

 

 

その後は石川祐希選手の母校でもある

強豪・星城高校バレー部に進み、

2008年の春高バレーで準優勝、

インターハイ・国体では優勝に輝いています。

 

 

この頃はチームの司令塔として、

練習メニューなどをほぼ1人で決めていたという深津英臣選手。

顧問を始め、チームメイトからの絶大の信頼を集めていたことがわかりますね!

 

高校卒業後は東海大学に進学し、

ここまでの華々しい活躍から、

若干調子に乗ってしまっていたという深津英臣選手。

 

 

ここで大学バレーの壁にぶち当たり、

鼻をへし折られてしまったエピソードがあるそうです。

 

しかし、さすが3男、深津英臣選手は全く凹まず、

むしろ「おもしれぇじゃないか」とバレーボールに対する情熱が

再び燃え上がったというのですからさすがです!

 

 

深津英臣選手の兄弟が、

兄二人ではなく姉2人だったら、

凹まされて終わっていた可能性もありますよね。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る