ざわちん 姉弟6人兄弟は父親が別!?ざわちん母親の毒母ぶりに心配の声


モノマネメイクで注目を浴びた

ざわちんこと本名・小澤かおりさんの姉と弟、

母親や父親など家族にスポットを当ててみます!

 

ざわちんが日本人の父親とフィリピン人の母親の子供で

ハーフであることは有名ですが、

意外にも6人兄弟で波乱万丈の過去を歩んでいたのです…

 

そして、ざわちんの母親・アロナさんが

相当のやり手であることが明るみに…

 

ざわちんの家族と壮絶な生い立ちについてまとめてみました!

【スポンサーリンク】

 

ざわちん2人の姉 1人は腹違いもう1人は死去…幼少期に母親と別居していた理由は?

ざわちん

本名:小澤かおり

1992年 8月16日生まれ

群馬県太田市出身

163㎝

A型

 

ざわちんは1992年生まれの23歳。

 

父親は日本人、母親はフィリピン人のアロナさんで

アロナさんは度々メディアへの露出がありますので

ご存知の方も多いですよね。

 

実はざわちん3歳のときに

フィリピンの祖父母の元に預けられていた時期があります。

 

その期間はざわちん6歳までのなんと3年間…

 

3〜6歳の1番かわいいと言っても過言ではないときに

父親・母親と暮らせなかった理由とは何なのでしょうか?

 

実はざわちん、6人兄弟で2人の姉と3人の弟がいます。

 

1番上の姉とは、年が離れていることから、

ざわちん3〜6歳のフィリピン滞在の間、

ざわちんの面倒をお姉さんがよく見てくれたそうです。

スクリーンショット 2015-09-13 15.32.59

 

画像:ざわちんofficial blog

この1番上の姉とざわちんの父親は別であることを

ざわちんは公式ブログで公表しています。

 

おそらく、1番上の姉の父親はフィリピン人の方でしょう。

ベイビーを生んだばかりの
ざわちんの
お姉さんと再会しました。
ざわちんが小さい頃、
フィリピンにいた時に
本当によく
面倒をみてくれました。

お父さんは違いますが、
私にとって大好きな
そしてとっても大切な
たったひとりのお姉ちゃんです。

当時3〜6歳だったざわちんの面倒を見ることができるくらい

年が離れていること、結婚して出産されたばかりであることから

ざわちんの1番上の姉はおそらく20代後半、

ざわちんとは3〜5歳くらい年上の可能性が高いですね。

 

そして、ざわちんのもう一人の姉・かおるさんは

亡くなっています。

 

ざわちんことかおりさんと2番目の姉・かおるさんは

名前からわかるように一卵性双生児でした。

 

かおるさんは生まれながら心臓に疾患を抱えており、

出生後間もなく亡くなったそうです。

 

かわいい双子の娘のために、

すべて2つずつで出産準備をしていたのにもかかわらず、

かおりさんのものばかりが増えていき、辛かった…

とアロナさんが語っていました。

 

そんなかわいい娘・ざわちんが3歳を迎えた時、

アロナさんは娘を手放します。

 

別居の理由については触れられたことはないようです。

 

のちにざわちんの小学校入学を目前に控えた6歳のときに

ざわちんをフィリピンに引き取りに行っていることから

「経済的な理由では?」とも言われていますが、

普通経済的に苦しいという理由で

1人娘を国外に預けたりはしないでしょう。
 

【スポンサーリンク】

 

ざわちんの姉はなぜ置いてけぼり?その理由は母親の再々婚か 父親が登場しない理由

ざわちんは、ざわちんの母親・アロナさんが22歳のときの子供です。

 

ざわちんに腹違いの姉がいることから、

ざわちんの実の父親である日本人男性とアロナさんが結婚したとき、

アロナさんは再婚か未婚の母でした。

 

姉とざわちんの年が離れていることから、

アロナさんが17歳前後とかなり若い時の出産であることがわかります。

 

アロナさんとざわちんの父親がどこで出会ったのかは

定かではありませんが、

ざわちんの父親と出会ってからは

姉は祖父母のもとに預けていたのでしょう。

 

その数年後、ざわちんもフィリピンの祖父母の元に送られています。

 

おそらく、アロナさんはこの時期、

ざわちんの父親と離婚したのではないでしょうか?

 

日本人と国際結婚した場合、その家族が日本に住むことは許されますが、

離婚した場合は帰国しなければなりません。

 

就労などを理由に再度ビザを申請しなければ、

日本に住み続けることはできないのです。

 

このとき娘であるざわちんと

日本で一緒に住むことが難しくなったのではないのか

と考えました。

 

日本人の父親がいて、夫婦として暮らしていたのであれば、

3歳のまだ小さな娘だけフィリピンに預ける理由がなさそうです。

 

加えて、ざわちんをフィリピンに預けて3年後、

アロナさんはざわちんを引き取りにフィリピンを訪れていますが、

ざわちんの姉はフィリピンに置いてけぼりになっています。

 

その理由をアロナさんは

「(上の子は)フィリピンに馴染んでいたから」と語っていますが、

経済的な余裕ができフィリピンに引き取りに行ったのであれば、

姉とざわちん2人日本に引き取るのが普通だと思います。

 

そうできなかったのはこのタイミングで

アロナさんが新たな日本人男性と再々婚(再々々婚)したからではないでしょうか?

 

その男性が最初のフィリピン人との間の子供まで

引き取ることを拒否した可能性がありますね。

 

そしてこの再々婚(再々々婚)相手の日本人男性が

小澤姓なのでしょう。

 

ざわちんとは血が繋がっていない父親であることから、

ざわちんの父親について詳しく触れられないのかもしれませんね。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る