塩村文夏 大学偏差値46から騒ぎで妊娠詐欺1500万円発言!なぜ都議会議員になれたのか

shoes-756616_640

2014年に国会やじ騒動で一躍注目を浴びた

塩村文夏(あやか)都議会議員になんだか疑問を感じます…

 

塩村文夏都議会議員の最終学歴は

偏差値46の共立女子短期大学です。

 

塩村文夏都議会議員の生い立ちや学歴と政治家になるまで、

 

日テレの「恋のから騒ぎ」14期生として活躍されていたころの、

塩村文夏都議会議員の

自身の詐欺まがいの行為についての発言についてまとめてみました.

 

また、お騒がせ国会議員・上西小百合議員と塩村文夏議員との

意外すぎる共通点についてもご紹介します!

【スポンサーリンク】

 

塩村文夏(あやか)都議会議員の生い立ち 偏差値46の短大が学歴コンプレックスで打った策が慶應の通信?

 


塩村文夏議員は1978年7月6日に広島県福山市で生まれました。

 

塩村文夏議員の父親は被爆者で、

父親が44歳のときに塩村文夏議員が生まれています。

 

塩村文夏議員の叔母は広島カープ選手も通うという

「カツ赤ヘル」という串カツ屋さんを営んでおり、

その影響で塩村文夏議員は現在も広島カープファンのようです。

 

裕福な家庭に育ったというよりも、

下町の雰囲気を感じますね。

 

塩村文夏議員は地元の私立就実高等学校卒業後、

共立女子短期大学へ入学し上京します。

 

共立女子短期大学には生活科・文化学科・看護学科があり、

いずれも偏差値46〜47の短大のようです。

 

以下、塩村文夏議員のプロフィールの資格欄引用です。

英検2級

漢字能力検定2級

普通自動車免許
TOEIC スコア730
硬筆書写検定3級

 

外資系求人サイトでの応募資格として

TOEIC スコアを必要とする企業の平均が790くらいと言われており、

730点レベルは日常会話に困らない程度とされています。

 

英検2級や漢検2級、普通免許まで

オフィシャルサイトに書く議員さんって珍しいなと思ってしまいました…

 

以上のことから、

とりたてて学力があるとは言えない塩村文夏議員ですが、

2014年から、慶應義塾法学部通信教育課程を始められました。

 

ちなみに入試はありません。

レポート程度の小論文があるそうです。

 

入学するのは誰でも入れる慶應義塾法学部の通信ですが、

卒業するのは簡単ではないらしく、その数は入学者の2割程度だそうです。

 

これは慶應義塾だからというわけではなく、

ほとんどの人が働きながら通っているため、

単位取得と1ヶ月間通しで行われる講義への参加が難しい点、

最初の敷居が低いぶん脱落者多い、

「慶應義塾法学部中退」というブランド欲しさに入学する人も多い、

といったような理由があるそうです。

 

学びなおしたい!という塩村文夏議員の姿勢には感心します。

 

ただ、議員職に就いて、

これから全力を政治の世界に投入していかねばならない大切な時期に

慶應義塾の通信を始めたという点に関しては「なぜ、今?」

「ブランド目当て?」と感じてしまいます…

 

深読みしすぎなのでしょうか…
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

から騒ぎの発言が本当なら、塩村文夏(あやか)が都議会議員なのは問題すぎる…

塩村文夏議員が明石家さんまさんがホストを務めるトーク番組、

「恋のから騒ぎ」に第14期生として出演されていたのは

2007年のこと。

 

それ以前の短大卒業後の塩村文夏議員は、

アルペンのイメージガール準優勝・ミスヤングマガジン準優勝などに輝き、

グラビアアイドルとしての活動を経て、

イギリスへ語学留学、自動車関係のライターをされていたようです。

ライターとして長く活動していくには、何か一つ“強み”がないとダメだな、と思っていたんです。

そんな時、温泉の旅館でテレビを観ていたら、たまたま「恋のから騒ぎ」が放送されていて、

出演者募集の告知を観て「これだ!」と思って応募しました。

塩村文夏議員の言う「強み」とは

業界のコネや知名度のことなのでしょうか、よくわかりませんが、

塩村文夏議員は過激発言を繰り返し、とにかく注目を集めました。

 

塩村文夏議員の説教部屋は全部で10回

番組史上歴代1位タイ記録保持者だったのです。

 

塩村文夏議員のから騒ぎ(一部別番組)での発言をまとめると、

以下のような感じになります。

 

・男性と別れる際にはただでは別れない。

難癖をつけ、慰謝料をもらえるように仕向ける。

今までの最高額は1500万円。

 

・エイプリルフールに妊娠したという嘘をついたら、

彼氏の反応がおもしろく、楽しめた

 

・デートでは1番高い金額のコースを頼まなければ気が済まない

 

・恋愛において多股をかけることは当たり前

 

・常時3人程度の男性と深い関係にある

 

・ばれなければ、何もないことと一緒

 

時代錯誤的な女性蔑視を改めないといけないと強く思います。

2014年の国会やじ騒動を受けて、

このように語っていた塩村文夏議員ですが、

塩村文夏議員がやっていることって男性蔑視ですよね?

 

自分は貞操観念が著しく低く、

そもそも多股が常であることに対し、

相手男性に難癖つけて金銭を要求するなんて、

どっかの筋の方とやっていることは一緒…

 

この発言が本当ならば、塩村文夏議員が都議会議員なのは問題過ぎます。

 

しかし、現在、塩村文夏議員はから騒ぎをはじめとする自身の過激発言は

「テレビ向けのサービストークに過ぎない」と弁明されています…
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 日本人
    • 2015年 9月 17日

    鼻の下が長い人間には詐欺師が多い気がする。
    筧千佐子、角田美代子、小保方晴子、木嶋佳苗・・・。
    生物学的な原因があるのかな。

      • aoi-sea
      • 2015年 9月 24日

      日本人さん、コメントいただきありがとうございます!

      鼻の下は人中といい、
      顔相的な見地から見ると以下のようになるそうです。

      節約をしてコツコツと貯金をするような、地道な方法でお金を得るタイプではありません。
      ただ、成功と失敗は紙一重。突然一文なしになる可能性も秘めていることを、頭に入れておきましょう。

      日本人さん、鋭いですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る