東海大相模 小笠原慎之介 出身小中学と球種「清宮体が大きいだけ全く怖くない」小笠原の清宮対策とは

Pocket

第97回全国高校野球選手権大会が始まりました!

連日、甲子園では高校球児たちによる白熱した戦いが繰り広げられていますね。

 

そんな高校球児たちのなかから、

今回は東海大相模の小笠原慎之介投手にスポットを当ててみました!

 

東海大相模の小笠原慎之介投手の出身小学校・出身中学校や球歴、

球種についてまとめてみました!

 

また、よく東海大相模の小笠原慎之介投手と一緒に話題に上る

早稲田実業の清宮幸太郎内野手に対する小笠原慎之介投手の評価とその対策についてご紹介します。

追記:2回戦 対聖光学院戦(1-6)成績追加しました

追記:3回戦 対遊学館戦(11-2)成績追加しました

 

【スポンサーリンク】

 

東海大相模 小笠原慎之介投手の出身小学校と球歴 中学時代からの活躍に向けた下積み時代!?

まずは東海大相模の小笠原慎之介投手のプロフィールからどうぞ。

 

小笠原慎之介(おがさわら しんのすけ)

1997年10月8日

神奈川県藤沢市出身

180㎝ 80㎏

左投げ 左打ち

 

東海大相模の小笠原慎之介投手は3人兄弟の1番上の子供として生まれました。

父親と母親、弟と妹の5人家族です。

 

小笠原慎之介投手の小学生の時の情報は少ないのですが、

出身中学が藤沢市立善行中学校であることから、

小笠原慎之介投手の出身小学校はその校区内唯一の小学校である藤沢市立大越小学校だと思われます。

 

小学校入学と同時に、地元の善行スポーツ少年団に入団し、

野球を本格的に始めた小笠原慎之介投手。

 

小笠原慎之介投手のその素質は小学生時代から目立っていたとの情報も一部ありましたが、

善行スポーツ少年団の戦績として目立ったものはがないことから、

チーム自体があまり強いチームでなかったのかもしれません。

 

ただ、ここでの小笠原慎之介投手の球歴が、

中学時代からの凄まじい活躍劇の原点になっていることは間違いないわけで、

小学生のときの善行スポーツ少年団時代は、

言わば小笠原慎之介投手にとって、下積み時代だったのかもしれませんね。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

東海大相模 小笠原慎之介投手の出身中学と球歴 一気に開花!日本代表入りも

小学校を卒業した小笠原慎之介投手は、藤沢市立善行中学校へ進学します。

 

しかし善行中学に硬式野球部がなかったことから、

地元の中学硬式野球チーム、湘南クラブボーイスに入ることになります。

 

湘南クラブボーイスは全国大会出場常連チームとなっている強豪チームで、

OBには2012年ドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団した高橋周平内野手がいます。

 

野球だけではなく、文武両道を目指し、

チーム生が宿題などを持ち寄り、集まって勉強したりなどもあるようです。

 

今年の東海大相模のメンバーには、

小笠原慎之介投手と同じ湘南クラブボーイズ出身者が2名います。

2番で主将の長倉連捕手と6番の杉崎成輝内野手です。

 

小笠原慎之介投手と永倉連捕手との名バッテリーは

中学時代からのチームメイトとしての積み重ねの賜物だったんですね。

 

小笠原慎之介投手は中学3年生でジャイアンツカップに出場し、

準決勝で7回2安打9K完封勝利、決勝で3回1安打6K無失点救援をマークしました。  

 

また同年、U-15アジアチャレンジマッチ2012の日本代表選手に選ばれるなど

輝かしい成績を残しています。   

東海大相模 小笠原慎之介投手の成績と球種 吉田との二枚看板で地方大会防御率0.33!

善行中学校を卒業し、東海大相模・野球部に入った小笠原慎之介投手ですが、

そのピッチングは早くから買われ、

1年の春には控え投手としてベンチ入りを果たしました。  

 

春の県大会予選、準々決勝にて2番手として起用され、

1回ノーヒット無失点救援が小笠原慎之介投手の高校野球デビューとなりました。  

 

その後の小笠原慎之介投手の大会出場歴と成績です。  

1年夏 県予選 救援で1試合当番

1年秋 県予選 先発3試合・2完封、17回21K1失点

2年春 左肘痛で欠場

2年夏 救援で地方大会V          

    甲子園初戦敗退も6回2死1、2塁から1.1回3K無失点    

    球速146キロを記録

2年秋 エースナンバーをつかむ     

    県予選 16回24K1失点  

3年夏 地方大会

試合数 4

回数 27

被安打 13

奪三振 30

与四死球 10

失点 1

防御率 0.33

 

追記:2回戦 対聖光学院戦(1-6)

回数  0(2/3)

打者 2

奪三振 1

 

追記:3回戦 対遊学館戦(11-2)

回数 8-

球数 114

被安打 3

奪三振 6

与四死球 1

失点 2

甲子園防御率 2.09

 

小笠原慎之介投手の現在その球速は150キロをマークし、

威力のある直球をメインに、スライダー・ツーシーム・カーブを織り交ぜて打者を翻弄します。

 

特に内角を突くようなストレートを得意としているようです。  

 

今まで直球で勝負することの多かった小笠原慎之介投手ですが、

今年の5月の関東大会準決勝、浦和学院戦での敗退から

直球一辺倒では限界があることを知り、緩急をつける投球法を身に付けてきたとのこと。  

 

5月から3ヶ月足らずでこの仕上がり具合ですから、本当に驚かされます。   


また東海大相模には小笠原慎之介投手の他に3人の控え投手を抱えており、

そのなかでも吉田凌投手の19回投げて1失点という成績にも注目です。

 

 

吉田凌投手を含めた優秀な控え投手の存在による安心感が、

小笠原慎之介投手の1回1回の全力投球につながっていることは間違いなさそうです。

東海大相模 小笠原慎之介投手、清宮を一蹴「体が大きいだけでしょ。全く怖くない」その清宮対策とは?

第97回高校野球において、

大きな注目を集めている東海大相模の小笠原慎之介投手ですが、

小笠原慎之介投手と合わせてよく話題に上るのが、早稲田実業1年生の清宮幸太郎内野手です。

 

6日に大阪市内で行われた組み合わせ抽選会で、顔を合わせた両者ですが、

混乱を避けるため、別室での待機後登場するという清宮のVIP待遇が

各校のライバル心により一層火をつけたようです。

 

これだけ話題になると、本人通しも嫌でも意識するでしょう。

東海大相模の小笠原慎之介投手投手から、こんなコメントが…

「全く怖くない。体が大きいだけでしょ。

インコースのさばき方はうまいけど、インハイを投げて外角で勝負できる。

それに守備で乱れる選手は打撃にも影響する。

だから守備に難があるのってどうかと思いますよ」

早稲田実業1年の清宮幸太郎内野手と言えば、

その素晴らしい打撃のみが取り上げられますが、

地方大会では失策3というあまり嬉しくない成績も残しています。

 

それを指してのコメントです。

やはり、その辺りはチェックしているようですね。

 

また、小笠原慎之介投手同様、

ドラフト候補注目投手の仙台育英の佐藤世那投手もバッサリ。

「内側に速いのを投げて外角を投げれば打ち取れる。

内側のさばきがうまいと言われているけど、そうは思わない。

(西東京大会決勝戦の東海大菅生の)勝俣との対戦を見て、そう思った。

当たれば飛ぶんだろうけど、特別な意識はしていないし、僕もセンバツから成長している。

まだ1年生でしょ。甲子園の厳しさを教えてやりたいですよ。甘いもんじゃない」

 

清宮対策としては、小笠原慎之介投手・佐藤世那投手、

一致した見解のようですね。

 

しかし、喋っちゃって大丈夫なんでしょうか…

 

今年の甲子園は特別面白いと感じてらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

注目校が勝ち進むなか、

注目選手同士の対戦が見られる日ももうすぐそこに迫っていますね。

 

甲子園での小笠原慎之介投手のピッチングが楽しみですね!

昨年夏は初戦敗退で涙を飲んだ東海大相模ですが、

今年はその雪辱を晴らすことができるでしょうか?

 

注目です!
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 佐藤彰記
    • 2015年 12月 06日

    記事を読ませて頂き誤字をまつけました。
    永倉(❌)長倉(○)です。

      • aoi-sea
      • 2015年 12月 06日

      佐藤彰記さん

      ご指摘いただきありがとうございます。
      早速、訂正させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る