死者36人!日本最悪の水難事故「白い手に引きずり込まれた」橋下北中学水難事故が起きた原因とは!?


8月6日の奇跡体験!アンビリーバボーで、

今からちょうど60年前に起き、死者36人を出した日本最悪の水難事故について放送されます。

 

死者36人を出し日本最悪と言われる水難事故は橋北中学水難事故。

中学校の水泳演習中に起きたこの水難事故は、

岸からわずか10m程度の足が充分につく浅瀬で起きています。

 

それにもかかわらず36人もの死者が出てしまった

橋北中学水難事故の原因とはなんだったのでしょうか?

 

日本最悪の水難事故、

死者36人を出した橋北中学水難事故の原因にスポットを当て、ご紹介します。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

日本最悪の水難事故「橋北中学水難事故」の概要 死者36人を出すに至った当日の穏やかな海…

n-KYOHOKU-large570

画像:1955年7月28日朝日新聞夕刊

日本最悪の水難事故・橋北中学水難事故の悲劇の舞台となったのは、

三重県津市の中河原海岸です。

 

1955年7月28日。

天気は快晴、無風状態の穏やかな海で、

これから死者36名を出す水難事故が起こることになろうとは、

生徒たちはもちろん、引率の教師たちも思いもよらないことだったでしょう。

 

当時の学校に備え付けのプールがあるところはほとんどなく、

水泳の授業が夏に海で行われることはごく一般的な光景でした。

 

橋北中学校も7月18日から、中河原海岸で水泳実習を行っており、

水難事故が起こった28日は水泳能力テストが実施される日となっていたのです。

 

午前10時頃、引率の教師たち数人と中河原海岸に到着した生徒たちは、

準備運動の後、テスト開始の前に10分程度のならしとして入水しました。

 

その後、一旦海から上がり、水泳能力テストが始まります。

沖から砂浜にかけて10m単位で旗付きの竿がたてられ、

それを目印に何m泳げたのかを確認する方法がとられました。

 

水泳能力テストに臨む女子生徒200人のうちほとんどは、

泳ぎが苦手な生徒たちだったそうです。

 

生徒たちが海に入って、わずか数分後教師が異変に気づきます。

女子生徒たちが溺れているのです。

しかも、100人前後が一斉に、です。

 

慌てて助けに入った教師たちや3年生の水泳部員も次々に溺れ、流されます。

 

「後向きに陸の方へ行こうとしたけれどもなかなか進めなかった」(女性教諭)
「急いでそこへ行くと…後から押されるように前に浮き上るのを感じた」(教諭)

「戻ろうとしても流れがきつく、なかなか戻れなかった」(女生徒の救助に当たった男子水泳部員)

教師の1人が500m離れた病院に助けを求め、

医師や看護婦らが到着し、溺れた生徒たちに人工呼吸やカンフル注射を行ったといいます。

 

その後、警察の依頼による応援の医師・看護婦も加わり必死の蘇生法を施しますが、

引き上げた49名の女子生徒のうち36人が再び息を吹き返すことはありませんでした。
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

死者36人日本最悪の水難事故はなぜ起こった?橋北中学生徒らの証言 「急に水かさが増し、潮の流れに押し流された」

ここで注目したいのが、

生徒たちが入水してから、実際に溺れるまでの時間です。

 

慣らしのための10分程度の入水から一旦上がり、

その後、再び入水。

 

その入水からわずか2〜5分後には100人前後の生徒が溺れています。

つまり、水泳能力テストはまだ始まっておらず、テストの開始地点である沖へ向かって、

砂浜からおよそ10m程度のところを「歩いて」あるいは

「軽く泳ぎながら」移動中だったわけです。

 

水難事故が発生したそのとき、海に入っていた生徒や教師たちに

ある共通した証言がありました。

 

急に水かさが増したということと、早い流れを感じたということです。

「足の裏の砂がすうと動くように感じ」

「流で足をさらわれ倒れかかったこともあった」

「自分は少しは泳げるのにこの日はほとんど泳ぐ間もなしにブクブク流されていって溺れた」

 

「(表示竿)へ歩いたり、泳いだりしながらいくと、まだそこにいきつかないうちに立とうとしたら背がたたず、頭が水にはいってしまっても足がつかないので…」

「へそ位の深さだったのが高いうねりのためあごの辺まで水がきて」

「乳の辺までの深さが急に深くなって鼻の辺まできた」

 

以上の証言をもとに、複数の仮説が立てられました。

以下、その仮説を簡単にまとめたものです。

沿岸流説

直前に通過した台風の影響で異常な潮の流れが発生した

副振動説

河口付近の淡水が上へ、海水が下へと層をつくる現象が異常流の原因となった

噴流説

現場沖を流れる潮の流れどおしがぶつかり、異常流が発生した

蹴波説

現場沖を小型船で通行した証人の「2m以上ある波があり転覆しそうになった」という証言。

 

なお、この橋北中学水難事故では、

生徒の遺族が学校側を相手取って裁判へと発展しました。

 

しかし、以上の仮説を裏付けるデータが出てこなかったこと、

また仮に以上の説のいずれかが原因となったとしても、

それを事前に予測し水泳実習を中止するなどの予見は非常に困難なものであり、

よって学校側に責任はないとされました。

蹴波は距離的、地形的な理由で否定できるが、ではなぜ異常潮流が起こったかという科学的根拠は、

裁判所同様検察にも断定できる材料がなく、最高検とも打ち合わせて上告しないことに決めた

 

また急な水位の上昇については、

海岸のある特定の部分だけに水位の上昇が起こるとは考えにくい点から、

パニック心理が引き起こした錯覚と結論付けています。

 

結局、なぜ36人もの生徒の命が失われるに至ったのか?という点に関しては、

はっきりとした原因が未だ不明ということになります。

 

その後。学校へのプール設置が急がれろことになり、

水難事故があった中河原海岸周辺は遊泳禁止区間となっているようです。
 
次ページに続きます!

【スポンサーリンク】
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る