ターミネーター5ジェニシス ネタバレあらすじ・評価感想・吹き替え声優まとめ キャメロン監督絶賛のできは?

poster2.jpg1

超人気SFアクション超大作ターミネーターシリーズの第5作目となる最新作、

「ターミネーター:新起動ジェニシス」の劇場公開が始まりましたね!

 

ターミネーターシリーズ第1作目となる「ターミネーター」の日本公開から30年経った今、

主役のターミネーターT-800型を演じるのは、

シュワちゃんことアーノルド・シュワルツネッガーさんです。

 

「ターミネーター」公開当時37歳だったシュワルツネッガーさんも、67歳。

30年前の同じキャラクターを演じて違和感のない俳優はそうそういないでしょう。

 

「ターミネーター:新起動ジェニシス」はターミネーターシリーズ第5作目となる作品ですが、

「ターミネーター4」の続編ではありません。

 

ターミネーターシリーズにおいての、

「ターミネーター:新起動ジェネシス」の位置づけはちょっと複雑で、

リブート作品とも言われていますがどうやら「リイマジネーション」作品に近い仕上がりとなっているようです。

 

リイマジネーション作品とは字のごとく、一旦もとの時代設定などをばらして再度組み上げた、

いわゆるもうひとつのターミネーターシリーズ、外伝的な要素を持った作品と言うところでしょうか?

 

要するに、過去のターミネーターシリーズを観ていない方でも楽しめる内容なわけですね。

もちろん、ターミネーターシリーズファンの方も楽しめるよう、

ターミネーターの1・2のオマージュも盛り込まれ、ニヤッとするようなシーンも多々登場するようです。

 

ターミネーターシリーズ最新作「ターミネーター:新起動ジェニシス」の

ラストまでのネタバレを含むあらすじをご紹介するとともに、

「ターミネーター:新起動ジェニシス」の登場人物・キャスト・日本語吹き替え声優や

評価・感想などをまとめてみました!

TOP画像:(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【スポンサーリンク】

 

映画「ターミネータ:新起動ジェニシス」のラストまでのネタバレあらすじのまえに登場人物・キャスト・吹き替え声優をチェック!

T-800

アーノルド・シュワルツェネッガー 声:玄田哲章

2026年より量産が開始されたアンドロイド。

以前の型の、ゴム製の外皮や大きすぎる体格から一新され、

チタン合金の骨格を、培養した人間のものと同様の組織細胞で覆うことで人間との識別が困難になった。

 

ジョン・コナー/T-3000

ジェイソン・クラーク 声:小山力也

サラ・コナーと カイル・リースの間の1人息子で、

機械が引き起こす核戦争において、人類反乱軍のリーダーとしてスカイネットと闘う。

劇中後半、ナノ粒子細胞から形成されている、

機械でも人間でもない新しいタイプのアンドロイドT-3000に吸収されたかたちで登場する。

サラ・コナー

エミリア・クラーク 声:藤村歩

「ターミネーター1」ではごく普通の女子大生。

のちに人類の救世主となるジョン・コナーを産む人物としてスカイネットの抹殺対象となり、

ターミネーターに襲われる設定であった。

カイル・リース

ジェイ・コートニー 声:細谷佳正

「ターミネーター1」では自身の息子であるジョン・コナーの部下。

サラを守るために未来から送られた。

 

T-1000

イ・ビョンホン 声:阪口周平

2029年に開発された液体金属上のボディを持つシリーズ。

完全な液状から金属のような硬度まで自由にボディを変化させることができる。

オブライエン刑事

J・K・シモンズ 声:立川三貴

「ターミネーター2」中のT-1000との闘いで生き残った刑事。

サラとカイルに2017年で出会うことになる。

マイルズ・ダイソン

コートニー・B・ヴァンス 声:手塚秀彰

ダニー・ダイソンの父親。

ダニー・ダイソン

ダヨ・オケニー 声:伊丸岡篤

ジェニシスを創ったサイバーダイン社の社長。

【スポンサーリンク】

 

映画「ターミネーター:新起動ジェニシス」ラストまでのネタバレあらすじ前編

1997年8月29日。
スカイネットによる人類排除のための核戦争が始まった。

 

サンフランシスコにおいてのその巨大な爆発による被害者は数百万人以上にも及ぶと言われ、
「審判の日」と呼ばれることとなる。

 

ターミネーターたちに追われていた幼いカイル・リースを救ったのは、
人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーだった。

 

ジョン・コナーによって育てられたカイルは
コナーとともに人類反乱軍の一員としてスカイネットと闘うまでに成長。

 

2029年、ジョンとコナーたちは最後のスカイネットの基地に潜入した。
秘密兵器であるタイムマシンを手に入れるためだ。

 

スカイネットは人類の救世主となるジョンのこの世への誕生を阻止するべく、
ジョンの母親であるサラの抹殺を計画。

1984年のロサンゼルスにT-800を送り込んだという。

 

サラを救いにタイムマシンに乗り、過去に乗り込むという任務に、
母親であるサラの話をジョンよりよく聞いていたカイルは自ら名乗りを挙げた。

 

タイムスリップする最中、カイルはいくつかの不思議な場面を
フラッシュバックのようなかたちで目にした。
幼少期の自分が、新起動のタブレットを受けとる場面…
それは2017年に起動するよう設定されていた。
1984年のロサンゼルス。
スカイネットより先に送り込まれたT-800が到着し、サラを襲っていた。

 

しかし、サラはたくましく成長しており、サラのそばには年をとったT-800が…
サラによってプログラムしなおされたT-800はサラのボディーガードとなっていたのだ。

 

新旧のT-800どおしが激しくぶつかりあい、最後はサラが新T-800にとどめを刺したのだった。
時を同じくして、カイルもロサンゼルスに到着する。
通りがかったT-1000の警官に追われていたカイルを救ったのは、サラとT-800だった。

 

すでに自分が把握している過去とは違った時間軸で物事が進んでいることを
カイルは初めて知ることになる。

 

現在サラと一緒に行動しているT-800は
サラの幼少期1973年にサラのもとへ送られてきたというのだ。

 

T-800はこれから未来に起こるであろうことを幼いサラに話して聞かせ、
来るそれらの未来に備えてサラを訓練したと言う。

サラたちはすでにタイムマシンも作り上げており、
審判の日以前の1997年に戻る計画でいると言うのだ。

 

しかし、カイルはタイムスリップ中に見たフラッシュバックの記憶をもとに、
2人を説得、サラとカイル2人で2017年に行くことに決まった。

 

T-1000との闘いで受けたダメージを修復する必要があるため、
T-800は1984年に残り、33年の時を経て2017年に2人と落ち合うことになった。
2017年。
サラとカイルが裸の状態で現れる。

警察官によって連れて行かれた病院で、
サラが医師の携帯電話画面上のカウントダウン表示について尋ねると、
医師はこう教えてくれるのだった。

 

これは新しいOSの新起動・ジェニシスへのカウントダウンで、
起動すると地球上のすべての電子機器とつながるのだと言う。

 

サラはそれが発達中のスカイネットであることを悟った。

 

一方、サラとカイルの様子がひっかかったオブライエン刑事の通報により、
2人の身柄は連邦保安官の手に引き渡されようとしていた。

 

そこへジョンが現れ2人を助け出したところへT-800が合流。
突然、ジョンを銃撃し、サラとカイルに衝撃の事実を伝える。

 

2029年にスカイネットによる攻撃を受けた際に、
ジョンはT-3000により取り込まれ、アンドロイド化していたのだ…

 
次ページの

映画「ターミネーター:新起動ジェニシス」ラストまでのネタバレあらすじ後編に続きます!

【スポンサーリンク】
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • GENE
    • 2015年 7月 13日

    ターミネータージェネシス見た方々の感想を見る限り皆一様に世界観が壊れていると口々に言っておりますが、しっかり観たのかな?と思いたくなります。が、それも仕方ないことだと思います。まずターミネータジェネシスを理解したいなら1.2.3.4.ドラマ版をまずよく見て自分なりに考察をたててなければ、ジェネシスを観てもよく理解できないと思います。これを知らない人はいるかもしれませんが、それぞれの映画にはエンド分岐があり1.2はTRUE END 3とドラマ版はすいません忘れました。4は外伝作品です。このように様々な終わり方がある。ターミネーターシリーズですが、ジェネシスをよく理解するには、自分は全作品を見ることをおすすめします。説明しますと1.2は王道ストーリーですね、未来から送られてきた殺人ロボット T.800 T1000から守りスカイネットを倒すというストーリーを2作品でよくまとめた素晴らしいものだと思います。余談ですがターミネーター2にのあのラストには続きかあり、スカイネットが滅んだことによってすべてが終わったと流れ、2をこれに終わりを告げます。そして3ですが、あれは2の続きだと思い違える方々が多いですが3はまた2と違う世界、平行世界の一つであるので2とは何の関係もありません。そして3のエンドですが……あれはバットエンドだということが、誰の目に見ても明らかですねスカイネットが起動しちゃったんで、3はなにをつたえたかっ

      • クマ
      • 2015年 7月 14日

      元々機械との戦争は起きる予定だから、3のエンドは予定通りでしょう。
      その後人類が勝利するのも予定なので、バッドではないでしょう。
      大体の世界でスカイネットは起動しちゃうので。
      今回の映画でもスカイネットが残っちゃったので、やはり戦争突入でしょう。

        • GENE
        • 2015年 7月 15日

        別に人類が勝つことは決まっていませんよ。4やドラマ版を観ればジョンが抵抗軍のリーダーになっても勝つかどうかは別に決まってないことが明らかになっていますよ。

    • GENE
    • 2015年 7月 13日

    すいません途切れてしまいました。
    3はスカイネットに負けてしまった終わり方をしていますが、3は何とも判断しにくい終わり方をしてるんですよね……まぁなかったことにしたい作品だそうなので
    次は4ですがその前に皆さんジェネシスを観て、スカイネットって結局どういうことなの?と思ったはずです。
    スカイネットをよく理解するにはネタバレをしたくないので是非4とドラマ版の視聴をおすすめします。4を観れば、序盤ででたコルランド軍?でしたっけ?とジョン・コナーの軍の陽動の意味、全兵力を集めずに攻撃した意味がよくわかります。そしてドラマ版ですが、これもネタバレはしなくないので少ししか言いませんが、ジェネシスででた謎である平行世界、パラレルワールドについてよく説明されています。スカイネットの意図や機械軍の行動も目的は同じだが、その過程までもが一緒ではないこともよく見て取れます。まぁこんだけ長々と説明して私が言いたいことは、さらにジェネシスをよく理解し楽しみたいなら、是非上記で説明した作品を視聴をすることをおすすめします。長文失礼しました。

      • aoi-sea
      • 2015年 7月 14日

      GENEさん、コメントありがとうございます!

      ターミネーターシリーズは時間軸が複雑ですよね。
      そして、全て一本のつながった話だという認識の方が多い様です。

      別売りで、これらをまとめたパンフレットがあれば、
      喜ばれるんじゃないかなぁなんて思います。

      詳しい解説ありがとうございました!

      • クマ
      • 2015年 7月 14日

      3はスカイネットが人類に反抗した日の話であって、
      スカイネットに負けてしまった話ではないでしょう。

    • クマ
    • 2015年 7月 14日

    機械軍に勝利したのって、ジョンじゃなくてその息子なんだよな。
    ジョンが死ぬのは3で明らかになってるし。

      • aoi-sea
      • 2015年 7月 14日

      クマさん、コメントありがとうございます!

      もう一度シリーズ作品を見返すいいきっかけになりそうです。

    • ケロパ
    • 2015年 7月 16日

    3が酷評されているが、オマージュ、コメディ要素強いが、バッドエンドというけっこうきつい結末なんだよね。テーマもやはり未来は変えられないっていう重さ。それでもこのバッドエンドがあるからここから1、2につながるのか!とかここから4か!とかいろいろ妄想や考察がはかどって楽しい。自分は3好きです。T-Xの女優さんすごく綺麗ですし笑今回のジェネシスはジョンコナーをラスボスにしないほうがよかったのかなと思いました。T-3000として病室ででたとき、あきらかに主人公たちを殺せたのに殺さなかったのもすごく違和感ありましたし、ジョンをけっこう軽く攻撃してた主人公たちにももう少し葛藤とかほしかった。ジョンがただの悪いやつてきな感じで、でも強かったなあ。最後シュワちゃんがT-1000化したのもなんだかなあてきな。あのあとすぐにEDだしいる?って感じになりました。
    それでもやっぱりお金のかけ方がはんぱなくて、面白くて、一年で完成させたなんてびっくりしちゃう映画でした。

      • aoi-sea
      • 2015年 7月 20日

      クロバさん、コメントありがとうございます!

      何かと話題の3は、今週金曜ロードSHOW!で放映されるようですね。
      改めて見てみたい作品です。

    • boy
    • 2015年 8月 24日

    本日、ジェニシスを見てきました。コメント失礼します。

    自分はドラマ版と全シリーズを見たのですが、
    今回のシリーズはちょっと手抜感があったなぁと思います。結局お金掛けたのは序盤ととクライマックス付近のCGが主で、その他中盤などはシュワちゃんがボケかまして、ちやいちょいジョンとの戦いが挟まってる印象。

    あと、ジョンが敵によってシステム?みたいなのを組み込まれて敵になってしまったという新設定も微妙。
    あとシュワちゃんに人間味が増してしまったのも、また微妙。
    サラとシュワちゃんとの長きに渡る触れ合いみたいなのも、ヒューマンドラマみたいでなんかなぁと思いました。
    逆にいい所と言うと、ジョンを殺しジェニシスを壊すことで、ジョンを産むか産まないかを自分らで決めれる、みたいなエンドですね。あとはシュワちゃんの戦闘がカッコよかったことと、サラ役のエミリアクラークさんが可愛かったことかな笑笑

    国語力のない文章ですみません。。。

      • aoi-sea
      • 2015年 8月 24日

      boyさん、コメントありがとうございます!

      そういうふうに観られたんですね、興味深いです。

      わたしもエミリア・クラークさんのキャスティングは
      良かったと思います。

      サラの少女期として、スッと入ってくる、
      なんというか違和感なかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る